09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2016/02/17//Wed * 17:46
●○スソヨツメ

スソヨツメ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

スソヨツメダカラ。今までこの一つしか拾っていませんが、それまでそうでも
なかった貝類、タカラガイにかなり興味を持つようになる転機になった貝です。
今まで浜拾い取得物が壜メインだったのに、今では熱中度が壜と貝、ほぼ半々
位まで競り合う位になった程。それだけこの美しい模様は衝撃的でした。
何でこんな模様になったり、種類によって色んな模様になったりするんだろう
って、改めて自然の造形のすごさを再認識してしまうのです。


スソヨツメ02
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

もう一枚、もうちょっと真上からのものを。真上からだと、裾に四つの模様が
延びていることが分かり易いと思います。

昨年の六月半ば、祝!初!沖縄!を果たしました。いい年を扱きまして、沖縄
が初めてだったり旅客機が初めてだったりとか、色々と新境地だったりした訳
ですが、その中でも印象的だったことが幾つかありました。
オリオン生ビールをやたらに気に入ってしまって、滞在中やたらに呑んだこと。
そして、浜拾いで拾った貝殻のこと。沖縄は観光目的だったし、一緒に行った
人が浜拾いに全く興味がなかったので、ホテルについているビーチに朝そっと
行く位しか出来ませんでしたが、何しろ神奈川では見たことないヤツらばかり
拾えるので短い時間なりに夢中で拾いました。その中にこのスソヨツメダカラ
があったのですが、拾っている時は何か変なメダカラだな?とか軽く思ってた
だけだったのです(タカラガイ初心者が陥る何でもメダカラに見えるヤツ?)。
ところがホテルに帰って来て、拾いモノを洗っていたら、改めてこの貝が目に
飛び込んで来ました。他の拾って来たタカラガイとは、明らかに違う雰囲気を
纏っています。この時はタカラガイの種類とか、何にも知らない人だったので、
この貝が何というのか気になって仕方なく、家に帰って速攻で調べたものです。
そしてその時から、今まで何とはなしに拾っていた貝殻が、更に私の中で重要
な位置を占めるようになったのです。その少し前からウミウサギの仲間たちに
興味が出始めていましたが、これがダメ押しになりました。


スソヨツメ03
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

採取地:沖縄県名護市 2015/06/16

こうして見てみると、中々特長的な形をしています。背中に四角っぽい斑紋が
あり、それぞれサイドの四隅に繋がって延びてます。この模様と青味がかった
白い地肌がとてもきれい。裏返すと目の粗いシボリダカラみたいな歯が並んで
います。形は大分違いますが。残念ながらツヤはサイドに少々残っている状態
ですが、それでもツヤがないだけで状態はかなりいい感じです。


スソヨツメ04
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

横から。これまた特徴的で、背中が丸く盛り上がるのではなく、上から押さえ
つけられたように平らになってます。色々ネットで見ていると、斑紋は色々な
パターンがあるようなので、その中でも結構正当?な模様の出方をしているの
ではないかと。しかしこれ、たった一粒で三百米こんなにも貝殻方向へ向いて
しまうとは・・・ 最近は一回の浜拾いで壜と貝を欲張ろうとするため、益々
忙しくなってしまいました。一日に複数の海岸(大抵三つ)を巡るのが当たり前
になってしまって時間が全然無くて、酷い時は出先で何も食べず仕舞いなんて
こともザラです(泣) 何か話しがずれて来たのでこの辺で・・・


スソヨツメ05
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

最後に。せっかくなので、その日沖縄で拾った貝殻たちの一部を載せてみます。
何か擦れ擦れのヤツばっかりだな・・・ 何しろ初心者なモノだから、何でも
拾ってしまうのです(泣) 今こうして見てみると、メダカラ、チャイロキヌタ
が全然見当たりませんね。もしかして擦れ擦れだから気づかないだけのような
気もしないでもないですけど、パッと見それらしい個体が見当たらないので、
きっと沖縄では通常種じゃないと思ってしまうとしまして、神奈川では当り前
のように拾えるヤツらが、沖縄では全く無いというのはとっても面白いです。
逆に云うと、その分こちらでは見かけない貝が結構拾えているので、それでは
面白くて仕方ない訳です。南の国万歳です。嗚呼、また沖縄に行きたいなあ。


>> 2016/02/19 01:55
いいですね〜。これだけ模様が残っていれば上出来。
僕はもっと擦れたの1個しか拾ってません。
沖縄、初めて行ったら片っ端から拾っちゃいますよね(笑)

>> 2016/02/19 22:06
>尚 nao.さん

ツヤがないだけで、状態はとてもいいのです。惜しむらくは拾った瞬間の記憶が薄いことでしょうか(笑) 後からジワジワと喜びが湧いて来た感じです。
沖縄の貝殻はホントやヴぁかったですね。明らかにこれいらないだろう?ってのも多数拾って来てしまって・・・

>> 2016/02/19 22:51
私も海に行くとそうですね。時間がもったいなくて、行きの道中で買ったおにぎりを頬張りながら下を向いて海岸を歩いてます。館山の時は毎回そうでした。でも沖縄だと滞在中一度は昼に沖縄そばを食べちゃいます。
関東の海も大好きですけど、沖縄は貝拾いにはパラダイスですね。
たまにしか行けないから余計燃えます。

>> 2016/02/20 21:01
>なおきさん

結構行くまでは、せっかくだから地元の何か旨いもんでもっていう企みはあったりするんですが、結局現地で少しでも海岸に長くいることになって、気が付くと時間が押して何も喰えん!ってことになります(笑)
なおきさんもやっぱりそうなんですね。やっぱり時間が惜しいですよね。まあそれでもそれなりの成果があればみんな報われるんですが・・・

沖縄では一度だけ沖縄そばを食べましたが、ツボでした。また行ったら必ず食べに行きたいです。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/123-cc1ac506

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ