07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2016/02/01//Mon * 23:11
●○ブラウンズ

ブラウンズ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

何だか渋いおっさんたちって感じなタイトルですか。何というか、またしても
変哲もないシリーズをUPしてしまった・・・ 今回は茶色いヤツらで統一して
みましたが、変哲もないことには変わりありませんので、どうぞご安心を。
しかし、こうして見ると、それぞれの形状がどんなだか判り難いですね。あと、
一応カテゴリは「薬品」にしたけど、本当にみんな薬品が入っていた瓶なのか
どうかはちょっと不明。何となくこんな茶色い瓶だし、きっと薬だろう。って
ことで一つ。


ブラウンズ02
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

それぞれの取得地:上段左から
        千葉県木更津市 2016/01/05 底面の文字:NT 7-11
        神奈川県鎌倉市 2015/04/21 底面の文字:SS C2
        千葉県木更津市 2015/05/14 底面の文字:無し

         下段左から
        千葉県木更津市 2015/11/06 底面の文字:無し
        神奈川県藤沢市 2014/12/09 底面の文字:5-イ

トップ写真と順番が位置が入れ替わっているものもありますが、どれがどれか
判ると思いますし、まあ判らなくてもそんなに問題ないかと思われます。

上段左:今年の初拾い群の時に見つけたヤツの内の一つ。初拾い群の記事でUP
されてるから、覚えていらっしゃる方も多数でしょう(違) この壜の側面には
目盛がついてますので、水薬系のヤツなのかな。底面の偏りはないけど、側面
の片方のガラスが厚く、片方は薄いという変な偏りをしています。底面に7-11
とエンボスがあるので、これはセ●ンイレ●ンの壜です(違)
上段中:見事なまでに全体に細かいヒビが多数入っていて、最初何かの模様か?
と勘違いした程です。ヒビのせいで気泡が入っているかどうかすら判りません。
で、普通なら拾って来ないんだけど、こんなにヒビが入っているのによく割れ
なかったなあ!と感動してしまい連れ帰って来てしまいました。余計なことを
したものです。
上段右:よく湘南で拾える、例の壜の細い版の茶色版って感じ。状態は比較的
よく、気泡がちょっと入ってます。斜めに傷のようなものが走っているように
見える部分が一箇所あるんですが、よく見ると小さい気泡が幾つも入って線の
ようになっていました。
下段左:この中では一番古そうなヤツ。でもヒビは入っているわ、中の汚れが
全く取れないわで全く有り難味がない壜です。気泡は結構入っています。
下段右:ブラ製の中蓋が付きの円筒形の小壜。小さな気泡が少し入り、底面に
それぞれ○の中に「5」と「イ」という文字が。これが少々古さを感じさせる
アクセントになっています。


ブラウンズ03
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

上から見てみると、やっとどの瓶がどんな形状なのか判るかな。
単体では間違いなくUPしていないブツばかりなんですが、こうやって集まると
何故かUPしてもいいかなって思えてしまって、つい。しかし、幾ら集まっても
変哲がないことには変わらないんですけどね。


>> 2016/02/03 06:18
たしかに、一つだけだとただの空き瓶でも、いくつか集めてみるとぐっとコレクション感がアップしますね。「ただの」空き瓶が「わざわざ集めた」価値あるものに変わってしまうから不思議です。
丸いやつは何のビンでしょうね?どこかで見たことがあるようなないような・・・。

>> 2016/02/03 23:35
>なおきさん

そういってもらえると嬉しいです。変哲もないヤツらも少し輝いたような気がします(笑)
確かにこれら一つ一つだけだったらUPはしていないのだけど、集まって来たら何となくUPしたら結構いいんじゃないか?と思ってついUPしてしまう・・・

丸いヤツは、液体の薬が入っていた何かって感じなんですが、全く何か判りません。でもこの辺りの瓶は、昭和中期から後期にかけて活躍していたのでしょうから、もしかしてどこかで目にしているのかもしれませんね。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/120-447204b0

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ