09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2014/06/25//Wed * 23:32
●○無銘 001

無銘 00101
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

浜拾いとかで壜を探していると、ジュースや酒類の壜が割れ、底の部分だけが
地面に貼り付いているような場面に時たま出逢うことがあります。
前回のレートクレーム壜と同じ日同じ場所でコイツと遭遇しました。アレです、
どう見ても壜の底でした。大変ご丁寧なことに綺麗に裏返しに地面に貼り付き、
「オレ壜底の欠片だから!」と全身で主張していた訳です。そんな壜底なんぞ
に出くわしても大抵素通りをしますが、この時はなんとなく手を伸ばしました。
結構喰い込んでるかな?と少し地面から引き剥がす時に力を込めたら抵抗なく
スカッと取れ、一瞬ヨロめきました。そして手にした時点ではまだ壜の底だと
ばかり思いつつ裏返して見ると、なんだこれは?どこも欠けてないじゃないか。
薄っ! とこう全てにおいてスカされた気持ちになったものです。


無銘 00102
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

薄いもんだから、なんとなく立ててみる。スクリュー式の蓋っぽいけど、口が
結構歪んでいて、蓋出来るのコレ? っていう感じです。まあ写真だと非常に
判り難いのですけど。


無銘 00103
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

横から見てみます。横幅に較べて高さがないこと。一体何の壜なんだろうか。


無銘 00104
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

取得地:神奈川県鎌倉市 2014/03/06

上は上から下は裏っ返して撮ってみた図。下のなんか、どうみても飲みモノ壜
の底にしか見えません。これがきちんと裏っ返しで地面に貼り付いていたのが
ミソであり、これはきっと私をスカそうとする壮大な計画だったのに違いない。
なので勿論この壜は壜底に見せかけるためだけに作製さr色はややブルー寄り
のグリーンで結構気泡が入っています。用途は、こういう形状からなんらかの
クリームが入っていたのかなって思わせます。ただの数字一つすら文字はどこ
にも入ってません。時代も見当付きません。前回の壜と較べると、片や時代や
用途、名前がハッキリしている、片や何一つとして判らない。同じ日に同じ所
で見付かった二つの壜が、裏表のようにまるで性格が違うってのも面白いです。

今回の壜のようにまるでエンボスなし、何の用途なのか不明というような場合、
タイトルに「無銘」と付けてUPして行きます。今回のは、これまで拾って来た
中で初めての無銘壜だったので、「001」というナンバリングをしてみました。
三桁なのは流石に999個を超えないだろうよ。という思いでなんとなくです。
精神衛生的にも、あまり無銘壜ばっかりにならないようになっていただけると
ちょっぴり嬉しい。


>> 2014/06/26 19:13
こんばんは。

薄っ!素晴らしい薄さですね。底だけの見かけから、よくぞ拾われました(パチパチ)!
何らかのクリームの試供品??ですかね。
泡泡な感じから、結構古そうな気がしますが。
かたちはシンプルですが、いいですね~。

4桁を超えることを期待しております。。

>> 2014/06/26 19:47
私も持ってます!!この瓶^ ^♪

確かに… 瓶底だと思いつつ拾ってみたら・・・
違った!!という感じでしたぁ〜(・ω・)ノ

このブルーグリーン色 綺麗ですよねっ(((o(*゚▽゚*)o)))

私の想像だと昔の靴ズミ瓶かなぁ〜と思っていますが・・・
真相は 分かりません^^;

>> 2014/06/27 12:51
こんにちは。

素性の知れないところが、ミステリアスでいいですね~。
先の有名人・・・。あ。有名壜ですね。あの壜と離れるのがつらくて、
よ~かんさんに『拾ってーっ』光線を出してたのかも知れません(笑)

泡と薄い緑の色がとてもよくマッチしています。
これが透明だったら、魅力激減なんでしょうね。

何に使われてたんだろうとか。
何処から来たんだろうとか。
そんなことをあれこれ考えてると、ドキドキします。

私も、何か拾いたくなりました。(^^

次のお宝も、楽しみにしてます♪

>> 2014/06/28 23:03
>こまちさん

こんばんは~
正直言って見つけた瞬間は全くスルーする積りだったのに、でも何故か手に取ったのが不思議です。
結構抵抗あると思ってスカされるわ、なんかイチイチこう逆手に取られたような感じがしてすっきりしないです(笑)
やっぱりクリーム系なんでしょうかねえ。謎だけど色合いや風合いがとってもお気に入りです。

うう~ん・・無銘だけで四桁なんか言ってしまったら、モヤモヤばっかり募ってしまいます(笑) まあそこに行くまでも気が遠くなるような年月が必要そうな気がしますが。

>> 2014/06/28 23:07
>shizuさん

shizuさんも持っていらっしゃいましたか。
おお、やはり壜底だと思ったんですね(笑)
でも壜底だと思って手にしたら完品だったってのは、ちょっと得した気分ですよね。

この色合いは、ブルーに近いグリーンというか、とてもいい感じの色で、私もとてもお気に入りです。
まあ何もエンボス一つないので全ては想像に過ぎないけど、やっぱりなんらかのクリーム系の何かが入ってたんでしょうね・・・

>> 2014/06/28 23:23
>chachaさん

こんばんは~
確かにミステリアスですよね。でもこんなミステリアスみたいなものばっかり拾ってしまうと、結構モヤモヤするんですけど(笑)
アノ有名壜と離れたくなくて・・ってのは新しい発想です。結構近い位置にあったのですよ、この二つ。ちょっと「有名人」で「湯名人」を思い出してその上曲まで頭の中をグルグルして弱りました(笑)

この緑の色と、気泡はとても魅力的です。chachaさんの仰るとおり、透明だったらこんな風合いは出ないでしょうね。
このような無銘のモノは色んなことを想像出来るのが最大の魅力なのかも。

浜拾いや、壜探しって、拾った時のドキドキ感、拾ったモノそのもの、拾った場所から色んなことを想像する楽しさ。特別な道具もいらず、好きな時に好きなだけ歩いて見るだけという手軽さなのに想像以上に奥が深いんです。chachaさんも是非何かのついでにちょこっと寄り道をしてこんなお宝を見つけてみてください。それがきっかけでお仲間お一人様誕生!ってなことをひそかに願ってます(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/12-4c00e7a8

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ