07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2016/01/28//Thu * 22:01
●○オミナエシダカラ

オミナエシダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

11月にUPしているメダカラチャイロキヌタと並び、三大拾えるタカラガイと
して(当社比)、オミナエシダカラをUPしない訳には参りませんな。自分で云う
のもアレですが、この貝と背景がマッチして落ち着いた中々な雰囲気を醸した
写真になったような気がします。ただ、今回撮影した貝たちは、持っている中
ではなるべくツルツルなヤツを選んでいるのに、写真ではイマイチツルピカな
感じでなくなっているのが残念残念残念至極。


オミナエシダカラ02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

トップ写真の中でも一番ツルピカなヤツを抜き出して撮影。これだと大分ツル
な感じがすると思います。ツルピカ度では上の貝が素晴らしく、角度によって
虹色に光を反射します。写真では上手く撮れなかったものですから、無かった
ことにしました。三年ほど前に三浦で拾ったブツです。下の貝は、オミナエシ
ダカラとしては斑点が薄くツルピカな感じも上品で、拾った中では一番美しい
と思えるヤツです。ですが、非常に悔しいことに、いつ拾ったヤツであるかが
どうしても分からないのです。今までの浜拾いで拾ったブツは、全て集合写真
を撮っている筈なので、それらを拡大して全部見較べた筈なのに・・・ 気に
なって仕方ありません・・・


オミナエシダカラ03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

三大拾えるタカラガイの内、メダカラ、チャイロキヌタは小さ目で2cm行くと
お?ちょっと大きいなって感じる位です。オミナエシダカラはもう少し大き目
で3cm平均になります。初めて拾う大き目な宝貝は、この貝で決まりだね(><)
大きいけど何となく地味な印象を受ける貝ですが、ツルツルのヤツがとっても
きれいで、どうして拾わずにいられるのか。いや拾う。

何となくどうでもいい話ですが、私が初めてタカラガイを拾ったのは2012年の
6月27日、鎌倉の材木座海岸で、ボロボロスレスレのメダカラ四つです。次に
同年7月2日、同じく材木座でやはりボロボロスレスレのメダカラ四つにプラス
チャイロキヌタ一つでした。その次が凄い。同年7月10日これは三浦の三戸浜
でいきなり数だけなら226個! ここで、初めてオミナエシダカラが登場して
来ました。更に全くどうでもいい話ですが、初代ひょうちゃんを初めて拾った
のがこの日でした。


>> 2016/01/28 23:14
タカラガイもこうして しみじみ見ると 個性がありますね^ ^
口の開き具合や 背中の柄の濃淡など…

私は小さな貝は みんなひとつのビンにまとめてしまっているけど
よ〜かんさんは1種類ごとに分類しているんですね♪
ブログの記録に残す目的もあるのかと思いますが…
それぞれの扱いが とても丁寧なのが感心します(=゚ω゚)ノ

実はとても繊細な性格で… きっちり綺麗に片付いたお部屋で
丁寧に暮らされているのはないかと 想像しちゃいま〜す(´▽`)ノ

>> 2016/01/29 06:08
よ~かんさん、こんにちは。
オミナエシダカラ、懐かしいです。私の貝殻拾いは館山で擦れたオミナエシを夢中になって拾ったのがきっかけなので、この貝には思い入れがあります。ブログの最初の記事もオミナエシを採り上げました。
館山ではたくさん拾えた貝でしたが、沖縄には居ないようで、ここ二年ほどはまったく拾えてません。今となっては貴重なコレクションです。

>> 2016/01/30 22:12
>shizuさん

タカラガイは同じ種類のものでも結構模様とか形が違っていることが多くて、これがまた飽きないんですよね。
そんなだからつい見かけると拾ってしまってどうにもならなくなって来ていて、最近はある程度取捨選択をした上で、それでも結構いらないのを持ち帰ってしまうので、ある程度貯めて元の海にお還しに行く羽目になります。

ええっと、私は全く繊細な性格ではありません(笑)
前に書いた気もするけど、あまりにもモノが多過ぎて片付けもどこから手をつけていいのか判らない状態・・・
分類もブログを始めてからやり始めたもので、以前のヤツは全部まとめて箱に入っていたりしますよ(笑)
最近はやっと、拾って来た日と場所ごとに、特にお気に入りの貝は個別にジップ付きの袋で仮分けして整理しています。いつかはちゃんと標本箱に・・なんて夢もなくはないですが、それは一体いつのことになるのやら(泣)

>> 2016/01/30 22:18
★01/28 23:40にコメントいただいた鍵拍手様

226個の時は、初めて遭遇した大量の宝貝にビックリして何でも持ち帰ってきてしまった結果です(笑)
きれいな状態のモノは殆どありませんでした。そして私は繊細な性格ではありません(笑) 拾って来たヤツも全然飾れず、袋や箱に入れたままになっているものが多いのです。いつか整理してやる!と思ってはいるのですが・・・

>> 2016/01/30 22:25
>なおきさん

こんばんは~
そういえばオミナシダカラの多くは館山で拾っている気がします。三浦でもよく拾えますが、メダカラやチャイロキヌタに較べるとやはり少な目でしょうか。
なおきさんの最初の記事、読ませていただきました。素晴らしい光沢のオミナエシですね。チチカケのタイプが一番好きかも。
そういえば一度だけ沖縄で貝拾いをした時は、オミナエシは一つもなく、メダカラもチャイロキヌタも全然見ませんでした。っていうか、沖縄行きたいです~!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/119-6a3e4e6a

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ