07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2016/01/18//Mon * 22:22
●○無銘 018

無銘 01801
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

プチなヤツらをご紹介しましょう。多分香水壜たち。ちょっと特徴的な形とか
だったり小さかったり模様とか入っている以外、何も文字とか無いし、きっと
香水が入っていたんじゃないですか?(適当) 何にしても小さい壜というモノ
は、かわいくていいですね。


無銘 01802
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

それぞれの取得地:左から
        神奈川県藤沢市 2014/12/09
        神奈川県藤沢市 2015/05/03
        神奈川県藤沢市 2015/01/04

三つとも状態はそんなによくありません。この写真で云うと真ん中なんて口が
一巻分欠けてるし・・・ でも擦れは真ん中のヤツが一番少ないです。みんな
何かしらのアクセントの模様が入っていて、装飾的な心意気だけは感じること
が出来ます。残念ながら時代とかサツパリ判りません。面白いのは、全て同じ
海岸で拾ったこと。様々な漂着物や小石貝殻等に紛れてポツっと落ちているの
を見つけるとホワっと嬉しくなります。


無銘 01803
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

底の図。口が小さくひっくり返して立たせられないので、重ねて横から撮って
みました。こうして見ると僅かに気泡とか確認出来ますが、肉眼だと判り難い
です。どれがどの壜だか判るとは思いますが、一応トップ写真の右端が一番上
の壜、左端が真ん中の壜、真ん中が一番下の壜です。


無銘 01804
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

多分今までの写真たちでは、この壜たちの特長とか形模様とか判り難いと思い
まして、こんな写真も載せておきます。まあご親切に! どうですか? これ
だともう少し特徴的な模様とか判ると思います。真ん中の壜は、黒猫チャック
さんとこで見た東京タマモ香水の壜に一瞬似ていて、「これだ!」と一瞬喜び
ましたが、よく見ると色々違っていて少々しょんぼり気味・・・ でも三つの
中ではこの壜が一番好きで、コレの口が欠けているのか非常に残念。まあ大体
いつも人生そんなもんです。


無銘 01805
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

三つともある程度銀化していました。特に一つは結構濃く煌いています。砂浜
に打ち上がっている口が小さい小壜は、程度の差はあれども結構銀化している
ことが多いかも。これがうまく上品に銀化されているモノを見つけた時は本当
に嬉しい。自然界と人工物の融合芸術ですね。

そう云えば、香水壜で調べていたら「湘南江の島香水瓶美術館」っていうもの
を見つけ、ええ?江ノ島?じゃあ今度是非見に行ってみたい!と、思ってたら、
既に閉館していました・・・ 図録はまだ販売しているとネットにはあるけど、
ちょっと興味ありますね。私がこういったものに興味を持つのが遅過ぎるのか、
こういった興味ある場所や本とかが閉館、絶版とかになっているのが大変多く、
非常に悔しいです。特に本とかは結構数年で絶版になり、古本だとプレミアが
付いてしまっていたりすることが多く、哀しいです・・・


>> 2016/01/22 13:58
お洒落な瓶ですね
香水が入っていたとしたら どんな香りの香水なんでしょうか?と
考えるとワクワクしてしまいます。
なかなか瓶の拾い物が出来ず・・・根気よく頑張りたいと思っています

>> 2016/01/22 23:41
★01/19 00:00にコメントいただいた鍵拍手様

ああ、嬉しいですね。何かこういうのが貝溜まりとか、汀線にポツンと落ちていたのを見つけると、ホント地味に嬉しいんです。
四枚目の写真ありがとうございます! こっちがトップ写真になっていてもおかしくなかったんですよ。

>> 2016/01/22 23:48
>mocaさん

コメントありがとうございます!
とっても小さくてアクセント的に模様が入っているのがとってもかわいいです。確かにどんな香りなのかって気になりますよね。またこういう小壜は砂浜に打ち上がっているとよく銀化しているんですよ。

壜と貝殻って中々同時に見つけようとすると、微妙にテリトリーが違うのかうまく行かないんですよね。でも鎌倉だったらたまに壜を見つけることが出来ることがあるので、がんばってくださいね。私は壜をメインに拾おうと気持ちを切り替えるまでは全然拾えませんでした。

>> 2016/01/30 20:26
ああ~東京タマモに似てるビンって、これだったのですね!
確かにすごく良く似ています!
もうコレ、東京タマモって事で良いんじゃないでしょうか(笑)
銀化写真は相変わらず綺麗ですね!

湘南江の島香水瓶美術館、私も気付いた時には手遅れで
残念な思いをした記憶があります。
昭和パッケージ博物館みたいなところも、気軽に行ける距離
だから行ってみようと思ったら何ヵ月か前に閉館とか……
そういう時はつくづくツイてないなぁと思います。
自分では常にアンテナ張ってるつもりなんですが!

>> 2016/01/30 22:31
>黒猫チャックさん

ね? 一瞬コレだ!って思ったのも無理ないですよね(笑)
この壜は他の二つに較べて壜の厚さも薄く、なんかいい感じなんです。銀化は相変わらず見た目よりきれいに写せません・・・

ああ、香水瓶美術館、黒猫さんも知ってたのですね。でも既にその時でも閉館していたとは・・・
昭和パッケージ博物館もすっごい気になりますね。私ももしやっているのであれば確実に行っていた気がします。勿体無いなあ。こういうマニアックな博物館とかは維持が難しいのかな。好きな人であれば堪らない場所になると思うんですけどね。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/117-8458258c

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ