09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2015/12/12//Sat * 23:14
●○カネボウ

カネボウ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

この上空から斜め下方に強烈な蹴りを放つかのような躍動感はどうですか?
或いは「ラッタッタ~♪」的なルンルン感にも着地先が肥溜めでありしまった
的な感じにも見えます。要するに、絵なのか文字なのか判らないシュッとした
判読不能なエンボスがいけないのです。


カネボウ02
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

取得地:神奈川県藤沢市 2014/11/09

いつもよく行く海岸の、今まで一つの壜も見なかった場所で見つけました。
打ち上げ帯の中にそっと落ちていたのです。それまではあまりの成果の無さに
その場所は殆ど注意を払っていなかったのに、それからは十二分に注意を払う
ようになってしまうのだから、現金なものですね。まあその後もその場所では
稀にしか壜が見つかったことはありませんが。

全体的に海モノらしくきれいに擦れ擦れになっています。エンボスはトップの
写真で書いた通りの意味不なモノが片側の側面にあり、それ以外は一切無し。
会社のマークなのか商品名なのか絵なのか文字なのか全く判りません。ただ蓋
が付いていて、そのトップにベルのマークがあります。そのままだとそれだけ
ではどこのものか判りませんでしたが、アップで見てみるととっても見覚えが
あるヤツ、まさに「カネボウ」のマークではありませんか。じゃあカネボウの
何か?と云われてももうこれ以上は何も判りませんけど。


カネボウ03
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

カネボウの創業は1887年ととても古いのですが、その時は繊維の事業をしてた
ようです。それがいつの間にか化粧品事業もするようになり、何となく今では
いつの間にかクラシエになっていた次第です。もの凄いいい加減な書き方では
ありますが、何せよく判らないカネボウっぽい壜一つで掘り下げてもなあって
感じなのでお察し下さい・・・
因みに、沿革はカネボウで調べるより、クラシエの方が細かいです。ついでに
云うと、あの鐘マークの原型は1894年に商標登録されてます。でも今回の壜の
蓋に付いてるようなあのベルマークにいつなったのかは、判りませんでした。
何故そこを載せない? そしてホントにどうでもいいことなのですが、結構前
に「ホームラン軒」というカップ麺をカネボウが出してましたが、カネボウが
どうしても化粧品のイメージだったため、どうにも「カネボウがカップ麺って
どうなのか?」という微妙さ感が拭えなかった記憶があったとかなかったとか。










ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/110-2d4d8886

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ