07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2014/06/16//Mon * 00:07
●○レートクレーム

レートクレーム01
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

今までは全く何モノか判らなかったり、判りそうで判らない歯痒さが際立って
みたりした壜たちばっかり拾いましたが、今回のは有名人です。何せネットで
検索したら山のように出て来る素敵感。
そんな訳で平尾賛平商店のレートクレーム壜です。通常であれば壜はガラス製
のようですが、今回出逢えたのは磁器でした。戦時中の統制品と思われます。
手前にボケて写ってるのは、ガラス製のレートクレーム壜の欠片。この人たち
は欠片たちなので、賑やかしにでもどうか?と思いまして。

鎌倉の海を大体一週間~10日に一回位のペースでこの頃は通っていたのですが、
その時覚えていた地形や状況とか、ネットで調べた鎌倉の生活史みたいなモノ
とかから一つ気になっていた場所があり寄ってみたところ、この壜が泥団子の
ような感じで殆ど泥に包まれた状態で転がっており、最初は欠片かと思い拾い
上げて泥を落したら殆ど無傷状態のコイツが現れたのでした。この時はこの壜
がそんな有名人とは知らず、なんかネットで見たことがあるよなあ、位の認識
だったのですが、まあ少し調べたら色々情報が出るわ出るわ(笑) こんなにも
壜の素性探しが楽だったのは初めでした。でも一番嬉しかったのは、この壜が
有名人だったということではなく、自分で気になった場所を見つけこの宝物を
探し当てたことでした。当然その後、その場所をすごく期待して舐めるように
調べてみましたが壜は出なくもなかったけど、ホンの僅かだったのです。
かくして華々しくデヴューするかと思われたこの場所は、只の盛大な尻すぼみ
の場所と散りました(泣)


レートクレーム02
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

取得地:神奈川県鎌倉市 2014/03/06

トップ写真のところで、「今回出逢えたのは磁器でした。」と妙にバッサリと
磁器と断定していますけど、間違っていたら恥ずかし過ぎるので、少々言い訳
とか。まずガラスか陶磁器かって話ですが、この壜は上の蓋をする部分と底面、
ザラザラしている箇所がある。ガラスであれば均一的にツルツルとしている筈。
この壜は釉薬がかかっていない部分がザラザラしている判断とできる。その他
全体的な質感からガラスではないと判断しました。そして問題は、これが陶器
なのか磁器なのか?ということですが、よく磁器だと指で弾いて「キン」って
硬い音がするが、陶器は「ポコッ」とした音とか云われます。でも弾く箇所で
音が違いよく判らなくなったので、結構困りました。結局最終的には光に透か
して透けたので磁器と判断しました。

レートクレームは、平尾賛平商店(1878~1954年)という化粧品メーカーが販売
した肌用クリームですが、詳しいことは検索で嫌でも判ると思うので、やけに
バッサリと割愛いたします。そして上の方で少々触れてますけど、今回拾った
モノは1940~46年の間の代用品、統制磁器かと思われます。写真の通り、統制
番号が入っていないのが少々残念ですが。レートクレーム自身は1909年からの
販売となっていますので、ロングセラーですよね。

壜側面の丸い模様は反対側と対になっていて、二箇所にあります。写真の通り、
残りの二箇所は丸い模様がありません。
壜自体に付いている汚れは、かなり頑張って洗いましたがこれ以上取れません
でした。細胞レベルで融合しているのか(意味不) 全体的にほぼ無傷。ホンの
少しの傷はありますけど、最初からそうなんじゃないの?的な感じもします。


レートクレーム03
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

取得地:神奈川県藤沢市 2014/04/25

トップ写真の賑やかしたち。賑やかしだけで終わる賑やかし人生も悪くはない
ような気がしましたが、少々かわいそうな気もしないでもないので、若干紹介。
同じ日に連続で大小と欠片を拾いました。両方ともガラス製。小の方はかなり
小さく、これが完品だったらかなりかわいいかも。完品を是非見てみたいです。
写真で気が付かれたかもしれませんが、大小とも丸い模様が隣同士で入ってる
ようです。ということは、丸い模様は全部で四箇所入っていると推定されます。
調べてみると、昭和の頭までは丸い模様は四箇所に入っていて、その後二箇所
にデザインが変わったようです。


レートクレーム04
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

おまけ。ポツリと独り。
トップ写真よりは少々背景に暖かみを出し、磁器らしさは保っている。ように
撮れればいいですね。と、そんな願望だけはありましたよ。


>> 2014/06/17 17:51
レートクレーム拾っちゃいましたかっ( ̄O ̄;)/
うっ… 羨ましいですぅーーーーー(>_<)

私はレート系の物は 首が掛けたレートフード瓶がありますが
このレートクレームは 欲しいけど拾えず・・・
以前 骨董市で買っちゃいましたぁ〜ヽ(´o`;
(めちゃくちゃ掛けた蓋なら持ってますが… )
あと拾いもので 直径500円玉ほど類似品はあります^^;
楕円のレリーフの形状が四角いので 多分パチモンww

陶器製は味わいがあっていいですねっ^ ^

江の島じゃなく… 藤沢になっているのも気になりま〜す!!
泥団子・・・川ですか??? 内緒だったら仕方ないですが…
秘密で教えて頂けたら嬉しいなぁ〜♬

>> 2014/06/19 11:06
>shizuさん
ええ、拾ってしまいました♪ っていうか、もう三ヶ月前の話ですけど(笑) 何せまだこの時は壜に興味を持ち始めてまだ一ヶ月も経っていない状況であり、あまり拾って「やったあ!」感は強くなく、寧ろ欠片と思って拾うの止めようとさえしたので、今思うと危なかったです(笑) 確かにガラス製とは違ってまた味わい深いですね~

これまた意外でしたが、shizuさん、レートクレームの壜を拾ってはいらっしゃらなかったのですね。私の方は逆にレートフードの壜の実物を見てみたいです。

拾っている場所については、今までからも察せられているかもしれませんが、場所の市町村レベルまでの記載にしています。文中で特定の海岸等までの記載をすることもあるかもしれないけど、基本的はこんな感じでやって行こうと思ってます。勿論shizuさんには、場所は喜んでお伝えしますよ~

>> 2014/06/19 13:35
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>> 2014/06/20 00:12
>-さん
とんでもないです! こちらこそ情報ありがとうございます!
しかし、蛭で血だらけって・・・ もう完全に冒険家ですよね(笑)

>> 2014/06/21 00:46
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>> 2014/06/21 23:31
>-さん
貴重な情報をありがとうございます。確かに-さんの鋭い目は全て捉えてしまうでしょうから、何も残ってないと思いますが(笑)、そういった場所を訪れるはいい経験になると思いますので、ホントに嬉しいです!

ふっふっふっ、変わり者具合なら結構負けないかも(笑)
ただ、野生の感はあまりないかもしれません(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/11-b32e6aa0

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ