07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2015/11/17//Tue * 23:16
●○メダカラ

メダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

人工の美もいいけど、人知の及ばないところの美ってのも素晴らしい。

最近、貝に対する情熱が沸沸と沸いています。今年の六月に沖縄で拾った宝貝
の一つが琴線に触れたらしく、今まで拾ったタカラガイを引っ張り出して来て
眺めてみたり、意識して拾うようになったり。あと、ウミウサギというかわい
らしい名前の貝の仲間にも興味が出て来ました。名前の通り、ホントにかわい
らしいのですよ。まあよくありがちな、初めて貝に興味を持った人がよく陥り
そうなベタな展開。それに伴い、貝殻全般も色々見ながら浜拾いをするように
なって来ました。今までも拾ってはいたんですが、もっと濃いというか。
まあそんな訳で、これから貝殻のUPの頻度がちょっと増えるかもしれません。
正直云って大したものが全然ないのでお恥ずかしいのですけど。あ、壜もよく
考えてみたら大したものをUPしてないので、別に今までと全く変わんないや。
恥ずかしがる必要なし(泣笑) そんな訳で、宝貝第一弾は日本で最もそこら中
で拾えそうな、メダカラをどうぞ。

三浦半島でタカラガイを拾おうとした時、生まれて初めて手に取る確率が高め
なのではないか?と思われる、メダカラ。まあそれ位ジャラジャラと拾えます。
しかし、なんだ、メダカラか!ふん!とか思うなかれ。これでもツヤツヤした
ものが拾えると、かなり嬉しいのですよ。タカラガイをこれまで拾ったことが
ある方なら分かると思いますけど、アレって濡れてるとツヤピカに見えるのに、
乾くと哀しい位ガサガサでガッカリしますよね。なので最初からツルツルだあ!
って判断が難しくて、結局それらしいものをたくさん拾って来てしまう羽目に
なります。そうしてそれら全てがガサガサだった時の哀終感は半端ありません。
でも時たまいるのです。乾いてもツヤツヤしているヤツが! そういうモノに
当たった時は、思わずニヤニヤします。ニヤニヤです。この写真では、右下の
二つ以外はなるべくツヤ気味なヤツを選んでみました。強力にツヤピカなのが
いないのがちょっと残念(><)


メダカラ02
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

ちょっと立体的に見せる魂胆の写真。この中に少し変わったモノが二つ程あり
ます。トップ写真で云うと右下の二つ。この写真では右端下から二つ目、一番
下真中のヤツがそう。前者のはもう一目でアレ?ってなると思います。上半分
が白いのです。擦れてそうなっている訳ではなさそうで、丁度この部分は裏側
も見事に真っ白で、腹側の斑点もありません。なんでしょうか、これ。何らか
の自己修復の一種なのか、よく分かりません。後者は背中の真中ら辺から左右
で殻の性格が変わってる感じを受けます。右側は茶系で、左側は青味がかって
いる感じです。ちょっと面白いので、この二つはツヤがあまりないけど載せて
みました。


メダカラ03
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

裏表写真。腹側はそのまま置くと背中が丸いので転がってしまうため、押さえ
をかましていてそれがはみ出しカッコ悪いですが気にしてはいけません。あと、
「虫みたいで気持ち悪~い!」などとは間違っても思ってはいけません。実際
に実物を見ると複雑な模様とか結構きれいなんですよ。メダカラは背中の目が
特徴ですけど、みんながみんなそうではないし、色も黒っぽいものからかなり
茶色っぽいものまで存在するので、一瞬コレが同じ種類なのか?と思いもしか
して違うタカラガイ?とか何度も騙されました。まあ、迷った時にこそ珍しい
種類ではない方!というのは私の性質ですので(泣)、十中八九全てメダカラに
間違いないでしょうよ。真中から右に三つ程は、成長し切っていない未成貝の
ようです。まだ歯が完全に刻まれ切る手前って云う感じです。そして、左端の
ヤツですが、少々大き目。メダカラは、1cm~2cm位の間の大きさが殆どなので
2cmを超えると結構大きく感じ、見つけると「お!」ってなります。こういう
のもちょっと嬉しい。あ、そうそう、写真の人たちはほぼ全て三浦半島の海岸
で拾ったと思います。もしかしたら湘南のも混ざっているかも。

まあこんな有り触れた貝殻ですけど、これからも打ち上げでツルピカなヤツを
求め、そして「お? これってもしかしてメダカラじゃないんじゃ?」と一瞬
喜び萎む手順を繰り返すために拾い続けていくのでせう。










ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/105-da8759f2

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ