10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:素早いデヴ希望
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:何処でも顕れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2019/11/14//Thu * 23:59
●○朝顔 - 再

朝顔16
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

館山から帰って来た日(11/13)の話。なんと、9月半ばに終焉した筈の朝顔の花
がポツンと咲いているので大層驚きました。しかも、花の形が全盛期と較べて
大分違います。元々小さい花が更に小さいし。これは一体どうしたことでせう。

続き…
スポンサーサイト





2019/11/13//Wed * 23:59
●○晩秋南房ノ喜ビ物語

晩秋南房ノ喜ビ物語01
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

超絶久しぶりに貝殻を拾いに行って来ました。
壜とかは、まだ二ヶ月に一度レヴェルで拾いに行ったりしてましたが、貝殻に
至ってはなんと半年ぶり! こんなにも海離れしていたのか!って、自分でも
相当なショックぶり。ここ最近は「都会の海での古本探し」っていうジャンル
が幅を利かせて来ていたので、益々「自然の海」から遠退いていたのだった。
だがしかし、海に行きたい熱はずっと燻っており、今年既にも実行してる
「館山の保養所泊り」をまた11月半ばに実行したのでした。余程気に入ったの
ですね。前回のお泊りは5月だったのですが、なんと驚いたことに貝殻拾いも
この時が最後だったのでした。浜拾い人の風上にも置けませんね(泣)

続き…


2019/11/01//Fri * 23:59
●○高尾山へ

高尾山へ01
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

11月に入っていきなり高尾山に行って来ました。お天気は快晴完璧天気。
高尾山をケーブルカー使わず下から登るのって、一体何年ぶりでしょうか?
今まで一番多く登っている稲荷山コースを歩きました。山自体登るという行為
が恐ろしく久しぶりなため、きっと高尾山でも相当辛いのではないか?という
不安がピシピシありましたが、登り方は体が覚えていたらしくて、意外と全く
大丈夫でした。山頂直下最後の最後、二百数十段の急階段がラスボスよろしく
目の前に立ちはだかった時は少々怯みましたが、これも撃破。山頂に立った時、
嬉しさというよりはホッとした気分。たった300m程度の標高差ですが、超絶無
運動不足の身には辛いモノなのです(泣) だがしかし、山頂に立った時、山頂
を殆ど埋め尽くす小学生の群れには閉口しました。平日は、休日よりも混雑が
緩いですが、こういうのにブチ当たることがあり、正直手が付けられません。
この時も少し写真撮って速攻退散しました。

写真は、下山時の四号路で見つけた木の洞の中のミニお稲荷さん。洞の最奥部
にちょこなんと居りました。これはメチャクチャかわいかった。そしてこんな
のがあると必ずと云っていい程お金が置かれていく不思議。変な文化だね。

続き…

[TOP]
copyright (C) 2006 文化的行動部○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//