12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2019/01/29//Tue * 20:47
●○ヨツカドヒラフジツボ

ヨツカドヒラフジツボ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

コレも、前回と同様もっと拾ってると思ったのに、何度数えても四つしかない
という不思議仕様であるため、大変遺憾ながら仕方なく四つで勝負に出る羽目
になりました。一体何の勝負なのかは知りません。
という訳で、甲殻類です。フジツボです。今まで出遭ったフジツボたちの中で
一番の自分ヒット作、ヨツカドヒラフジツボです。ツボです。

続き…


2019/01/24//Thu * 22:14
●○オトメガサ

オトメガサ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

それぞれの採取地:左から
         千葉県館山市 2019/01/07
       神奈川県横須賀市 2018/11/22
         千葉県館山市 2018/05/23
        神奈川県鎌倉市 2014/03/11

何というか、全く名前にそぐわない一昔前の研究写真的な写真になってしまい
ましたが、オトメガサという巻貝です。自分の写真を棚に上げますが、全くと
いってこの貝の本体は乙女らしくない(ツツミガイよりは相当マシだけど)上に
傘(貝殻)の方も精巧な自然のアートと云うのとは違う手作り感満載などちらか
というと武骨っぽくて、やはり乙女らしくない。何でこんな名前になったのか?
いずれにしてもこのネーミングは、絶対に本体とからが一緒の時に付けられて
ないな。しかし全く巻貝らしくないし、ついでに云うとどっちが前なんだろう?
・・・と、いきなり超否定的な出だしスタートですが、この何か手捻り感的な
温もりを感じさせるフォルムと、名前にとても惹かれる大好きな貝なのです。

続き…


2019/01/18//Fri * 20:46
●○イササボラ

イササボラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

今まで拾ったフジツガイ科の貝の中では、一指に入る大好きさ加減の貝です。
一指、つまり一番ってことですが、なら最初から一番好きと書けばいいと思う。
そもそもフジツガイの仲間の貝なんて、そんなに拾ってないし。
・・・いきなり無駄文章から始まりましたが、初拾いの記事でも少し触れてる
通り、初めてオゴクダ浜へ行った時に初めて拾って大好きになり、その後館山
でも拾えることを知ったのだけど、ボロや破損品ばかりしか拾えず、もうこの
一個だけでもいいからUPしてしまおう!と思い始めた頃、今年の初拾いで念願
のきれいな個体を拾えたため、もう絶対にUPする!状態になりました。

続き…


2019/01/14//Mon * 23:45
●○イボダカラ

イボダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

正直状態がいいのは無いけど、もういいや!的にUPします。
何故ならこのイボダカラ、相模の国に棲み適当に貝拾いに行く程度の私如きが
気軽に拾えるモノではないからです。恐らく遠征にでも行かなければこれ以上
増えないだろうから、これ以上待っても無駄。 ・・・とか書いておけば、UP
した途端に間違ってすごい状態がいいのを拾ったりする、何とかあるある的な
ヤツを発動するんじゃないかということを密かに目論んだ記事だねこれは。

続き…


2019/01/10//Thu * 23:14
●○初拾い初泊

初拾い初泊01
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

少々出遅れた感がピシピシ来ますが、本年の初記事です。
今年は昨年と瓜二つでありまして、元旦から仕事を頑張(った積)り、俗世間と
しては連休が明けた翌日から浜拾いを開始。そして肝心の初詣はその最終日の
一番最後になるという、相変わらずあまり有難くなさそうなご様子。
しかし今年の初拾いは中々豪華でした。まず最初の二日間は館山に泊まりがけ
だったのですが、何と!いつもの車中泊ではなくて、贅沢にも宿に泊まったの
でした。私が加入している健康保険組合の保養所が館山にあったので、大変に
具合がよく利用してみることにしたのです。あ、豪華というのはそういうこと
であって、決して成果のことではないので、お間違えなきよう(泣)

そんな感じで初拾い開始。朝四時前には館山の海岸に立っていました。最初の
海岸は結局真っ暗なまま終了。その後三つの海岸を練り歩き、午後三時に宿着。
チェックイン。そうして優雅に温泉なぞ浸かりながら過ごし、翌日のやはり朝
四時半頃には海岸に立っていました。そしてやはり暗い内に終了し、宿に戻り
温泉&朝飯。そしてチェックアウト。えっ?成果?成果ってなんですか?それ
って食べられるんですか?(泣)
家に帰って翌日。本来のメイン、初詣に江ノ島へ。朝の四時半、江ノ島の海岸
で拾いにかかりました。強風注意報が出ていたにも拘らず、まだ風がなかった
ため浜拾いを優先した方がよいだろうと判断しました。そうしてまだ暗い内に
浜拾いが終わり、暗い内にいつも通り辺津宮、中津宮、奥津宮、龍宮をお参り
し、明るくなって風が強くなる頃に、江ノ島を退散したのでした。えっ?成果?
成果ってなんですか?それって食べられるんですか?(泣) 退散後、午後一杯
使って貝洗いを敢行。只でさえ腰に来ていたというのに、更に追い打ちをかけ
色々身体にガタが来たご様子(泣) こうして怒涛の三日間が終わったのだった。

因みにトップ写真は館山のどこかではなく、江ノ島からみた夜明けの景色です。
昨年と似ているから、昨年を真似して江ノ島関連の日の出前にしてみました。

続き…

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ