05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2018/06/17//Sun * 00:17
●○ツツミガイ

ツツミガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

ツツミガイは漢字でどう書くのでしょうか。どうやら「包貝」と書くようなの
らしいのですが、どうしてこんな字が当たっているのでしょうか。
そんなこの貝。今までに幾らかは拾ってはいたのですけど、なんとなく存在を
忘れていました。ですが今年の五月、館山で思わず「でっか!」と声を上げて
しまうようなヤツを拾ったため、急に注目の的になりました。その日に拾った
ツツミガイは二つ。家探しして今までに拾ったヤツを見つけて記事にしようと
画策したのですが、こういう時に限って見つからないのは世の常。諦めてもう
二つで記事にしようということにして、準備を始めたのですが、或る時何気に
近くにあった小さな紙の箱を開けたら、なんと!そこに三つも入っていました。
といった訳で、合わせて五つの貝殻で記事にすることが出来たという、リアル
燈台下暗し話でした。しかしトップ写真は二つという。

このツツミガイ、是非検索してみて下さい。一体貝殻に何の意味があるのかな?
と一瞬思ってしまう程のインパクト生物であり、検索し甲斐がある筈です。

続き…


2018/06/13//Wed * 00:27
●○ベニガイ

ベニガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

ベニガイ。漢字では紅貝と書きます。サクラガイと同じニッコウガイ科の仲間。
サクラガイをひょろり~んと横に伸ばしたような変な形をしており、色は濃い。
サクラガイの仲間では相当に好きな貝なのですが、地元神奈川やよく行く館山
では殆ど拾えません。尤も狙って拾っていないので、狙って比較的拾える場所
に通えばもうちょっとマシなのかもしれませんが、現状は穴開きや欠けている
のばかりしか拾えていないのでした。今回の写真のモノは、ほぼ全て四年以上
前に福井の水晶浜で拾ったモノです。この浜へはベニガイ目的で行ったのでは
なかったのですが、地元で全然見かけたことがなかったベニガイを同じ海岸で
数枚も拾えて酷く驚いたものでした。

ホントは桜貝の記事をUPした次位にUPしようと思っていたのです。が、どうも
上手く写真が撮れなかったので、もう少し状態がいいヤツが増えたらにしよう
保留していました。が、やたら年月が経過する割に全く状態がいいヤツなんぞ
増えやしないので、痺れを切らしました。

続き…


2018/06/04//Mon * 22:22
●○ウミナシジダカラ

ウミナシジダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

前回UPしたタカラガイナシジダカラだったので、今回は名前繋がりっていう
ことでウミナシジダカラにしてみます。この貝、私の中では圧倒的に拾えない
物体であり、今までに拾えたのはこの一つ切りです。もう二つ三つも拾えたら
UPしようと思っても圧倒的にいつまでも拾えないので、痺れを切らしました。
一つでは寂しいかなと思って、賑やかしに似たモノ同士であるハツユキダカラ
ナシジダカラを一緒にしてみました。この中でどれがウミナシジダカラかと
いうのは、敢えて云わない作戦を絶賛実施中(><) 賑やかしの方が目立ってる
じゃないか!とかそういった哀しい感想は、例え想っていても心の中にそっと
仕舞っておくのが正しい大人というモノではないのでせうか(泣)

続き…

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ