03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2018/04/16//Mon * 23:23
●○ミミズガイ

ミミズガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

ミミズガイ。コイツを一言でいうと、最初は頑張って巻こうとしたが、後半に
なるに従ってどんどんやる気がなくなって行ったよ!的な。です。一言にすら
なってないじゃないか! まあ、とにかくこんな印象を受ける貝だね・・って
思っていたのですが、今まで拾ったヤツをいっぺんに眺めていると、最初だけ
頑張って巻こうとしているヤツより、最初から頑張っていないヤツの方が多い
のではないか? 総体的に、やる気がない巻貝ってことでいいのではないか?
ってことで、「頑張らない巻貝」って称号を私の脳内で与えました。やる気が
ない巻貝って称号よりはちょっと悪くない印象で、いいのではないのですか。
あ、「頑張り過ぎない巻貝」でもいいかも。 ・・・相変わらず全くどうでも
いい駄文スタートで酷いな。しかし、こうして寄り集めてみると、んわーい!
と踊ってるというよりウゾウゾと地べたを這い回っている感じが、中々ホラー
感を醸していていい仕事をしました。この貝は、一つだけだと奇妙な形をして
いて面白いね!とか思う余裕があるけど、複数集まるともうダメです。きっと
この頑張り過ぎない巻き具合がいけないんだ。

続き…


2018/04/14//Sat * 00:34
●○ナシジダカラ

ナシジダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

ちょっと久々目にタカラガイでも一つ。これでこのブログにUPしたタカラガイ
は19種類目になります。まだUPをしていない種類が幾つかあるので、今までに
自分で見つけて来たタカラガイは一体何種類あるものなのか、地味に楽しみに
しています。実はこれまで見つけたモノの種類数を、何となく数えてなかった
ので、こうなったらこのブログでUPするのをもってカウントとしようかと思い
ました。一体何種類拾っているのか、自分でドキドキする趣向です。ブログの
左側にあるカテゴリの、「宝貝」「海兎」「芋貝」は、地味に一種類一記事を
課しているので、それぞれの右の数字がそのまま今まで拾った種類数となって
おりますのです。まあ自分に優しくてよろしい。

・・・まあ冒頭からブっ飛ばしましたが、予定調和です(泣)
そんな訳で、宝貝19種類目はナシジダカラ。漢字では梨地宝と書きます。梨地
という、ガラスとか金属とかの表面をザラザラさせる処理がありますが、この
貝の場合の梨地は単純に梨の模様に似てるから・・ってのをネット上で見かけ
ます。これは云い得て妙で、似ているんですよ色も模様も梨に。だったら梨地
なんていう微妙な言葉ではなく、ナシダカラでいいじゃないか!って大変凄く
思うのだけど、いかがなものか。

続き…


2018/04/10//Tue * 17:11
●○interlude #03

interlude #0301
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

「櫻」

んでは、ここら辺で小休止でも。このブログを始めて初めてなんですが、拾い
モノでも掘りモノでもアンティークちっくなモノでも海系でも何でもないモノ
でも一つ。一丁前に「春のお花」というテーマがあったりします。まあ、たま
にはこんなのもよろしかろう。

今年の三月終り頃の或る日。恐ろしく久しぶりに「写真を撮ろう」とデジ一眼
を持って外に出てみました。その日はとてもよい天気で、桜が満開を少し過ぎ、
散り始めていました。このカメラは、ここのところすっかり拾って来たモノを
室内で撮る専用になっており、三脚にずうっと乗せっぱなし。どれ位わざわざ
写真を撮りに、カメラを外に持って行っていないのかというと、2015年10月に
和歌山に持って行ったのが最後でした。しかもその前も2014年3月に一度だけ。
2013年以前はやっと普通に写真を撮りによく外に出たという。以前はそれこそ
休みの度にカメラ持って、植物とか滝とか撮り行っていたのに、今では完全に
引き篭もりカメラなことこの上なし。も少し細かいことを云うと、今常用して
いるマクロレンズを今回のように外に花を撮りに連れ出したのは今回が初めて。
それまでずっと貝とか壜とかが被写体となってただけという訳です。我ながら
何だか恐ろしい。

・・・気が付くと「櫻」ってタイトルをつけているのに、一向に桜の花に話が
行きやしない。いい加減にし給えよ?
ではやっとそんな話を始めてみましょう。桜の花は、撮るのが苦手最上位!に
位置する花です。見るだけなら好きな花上位に位置するのに、写真にしようと
しただけで「ムキー」状態になります。だって全然上手く撮れないしー 今回
もなんかブランクが大き過ぎて「ムキー」の嵐であつたという。だから、この
トップ写真の副題は「ムキーの果て」でいいのではないか。

続き…


2018/04/04//Wed * 23:32
●○五勺 全乳

五勺 全乳01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

そして二つ目に行きます。正直、嬉しいを通り越して驚きの一品。こんなのを
果して私なんかが拾ってしまってもいいのであらうか。何か悪いことが起きる
のではあるまいか。駅を歩いていて向こうから来た人を避けようとお互い同じ
方向に動いてしまうことを二回も繰り返しお互いに苦い笑い。とか。
・・・という位、私がエンボスの入った古い壜を拾うことって珍しいのですよ。
これまで拾った歴代の壜の中では、間違いなく五指に余裕で入るオオモノです。
コレをきっかけに、何か間違ってこんなオオモノばっかり連発して遭遇すれば
いいのにな・・・

そんな訳で、機械栓の牛乳瓶です。瓶の反対側にも文字がエンボスされており、
手前と重なってしまって見難いので、絞りを開いて反対側の文字をぼやかして
みたけど、これでも少し見難いですね・・・ 「五勺 全乳」って文字です。

続き…

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ