11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2016/12/30//Fri * 18:11
●○無銘 026

無銘 02601
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

口欠け、全体的に擦れ擦れで、それでも壜の体裁を保っているという、まさに
海モノの風格を持った小壜で、今年最後の更新としたいと思います。

・・・なんて、去年の最後の記事と全く同じ文を使用。特に狙った訳ではない
けど上記の文の通りの壜だし、何と色まで同じグリーン。自分でUPしておいて
なんだけど、ちょっと驚きました。

続き…


2016/12/22//Thu * 22:22
●○プラトンインキ

プラトンインキ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

もうちょっと光の中の美しく・・というイメージが欲しかったのですが、こう
いう風なガラス自体が凸凹したデザインだと光がうるさ過ぎて、ちょっと落ち
着いた写真に出来ず(完璧力不足)、仕方なく大変大人し目に光を当てる作戦に
出てみました。結果、中々ガラス感が出た写真になったようなのかどうなのか。

コレを見つけたのは今月。つい先日です。壜は基本的に時系列順に載せている
のにも拘わらず、なんでコレを今UPしたのか。実は前回記事のひょうちゃん
引き続き、その日に見つけた陸モノ第弐号なのです! なので、今回の記事は
前回の続きみたいな位置付けになっています。

続き…


2016/12/17//Sat * 22:11
●○ひょうちゃん 肆

ひょうちゃん 肆01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

二代目ひょうちゃんです。ホントは前回のUPからたった二つしか増えていない
ので載せる予定ではなかったのですが、最後に拾ったヤツが記念すべきブツで
あり、これは載せんとならんと載せずにはいられなかったのです。

何の記念なのかといいますと、「壜陶磁器類を拾う」ということに興味を持つ
ようになってから三年弱、今まで見つけた壜陶磁器類は全て海辺か海縁の場所
でしたが、今年の12月(つまりホンの少し前!)、遂に海とは縁も縁もない地で
初めて壜陶磁器類を拾いました記念で茣蓙居ます。
下の列右端のボールとグローブ絵のヤツが祝!初ノ陸モノ! 最後に見つけた
左隣の涙のDearfriend(これも本ブログ初掲載)から実に一年半以上ぶり。初代
ひょうちゃん以上にお目にかかれない二代目を、まさか陸地で見つけることが
あろうとは。とても感慨深いです。

続き…


2016/12/11//Sun * 23:45
●○マガキガイ

マガキガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

イモガイに似ていたり食すと旨いようだったりミギーに似ていたりする貝です。
こう書くと、偉い豪華な感じがしなくもないですね。
食したことはないし、生きているのを見たことがないけど、イモガイと勘違い
することだけはしっかりとしました。よって、ヤツとのファーストコンタクト
では美事なへっぴり腰を披露しました。こんなにもイモガイに似ているという
のに、イモガイの仲間ではないという。非道くないですか?

続き…


2016/12/06//Tue * 22:37
●○シロオビコダマウサギ

シロオビコダマウサギ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

写真の出来がいかにもイマイチで、大変撮り直したい限りなのですが、これを
撮った時よりは貝殻の色が鮮やかではなくなって来てしまっているため、涙を
呑んでこのヘホー写真で行くことにします・・・ ウサギ類は特に時間経過で
色が落ちるというのは散々ネットで見てはいるとはいえ、やはりこうして現実
を目の当たりにすると遣る瀬無さ半端ないですね。

続き…


2016/12/01//Thu * 22:06
●○カモンダカラ

カモンダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

中々個性が強いタカラガイ、カモンダカラ。漢字では花紋宝と書くようです。
花紋が示す通り、濃いオレンジっぽい茶色に独特な模様が散っていて、とても
美しげ。殻の前後の端は上品な紫色に染まり、いいアクセントになっています。
長期間保管していると、その紫は段々薄くなってしまうのが非常に残念ですが。
右端の三つは未成貝。見つけた時はツヤツヤピカピカで両端の紫も濃くきれい
に出ていましたけど、大分薄くなってしまいました。もっと早く写真を撮って
おけばよかったなあ。

続き…

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ