08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2017/04/11//Tue * 00:01
●○キンチャクガイ

キンチャクガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

浜拾い初期の頃は、判り易いきれいな貝殻とか、カシパンとか変なモノとかが
メインだったため、微小貝とかいうような高尚なモノには、あまり目が行って
いなかった気がします。そんな目で館山とかに行ってたとか、ホントもったい
ないことしきりなんですが、その初期の頃に館山で拾う対象だった貝の一つが
キンチャクガイです。地元湘南三浦では全然拾えない貝(拾えなくもないけど)
だったので、館山でコレを見つけると嬉しかったものです。以前拾ったヤツを
引っ張り出して来たら、比較的状態のいいヤツが幾つも出て来ました。最近は
状態のいい個体に全く巡り合えてなかったので、前はこんなきれいなのを結構
拾っていたんだなと、ちょっと驚いたりしました。

続き…
スポンサーサイト


2016/11/04//Fri * 22:47
●○クチベニデ

クチベニデ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

何というか、へんてこな名前です。漢字では「口紅手」と書くようです。
以前にUPしたクチベニガイと同じクチベニガイ科の貝ですが、クチベニガイの
方はお見事に名は体を表す的な貝なのに、こちらは何故ゆえこのような名前に
なったのか、名付けた人の真意をぜひとも確認させていただきたく。
今回載せているモノは全て合弁で、しかもピツタリ閉じているので裏は見られ
ないけど、別に縁は紅色じゃないし、何より口紅・・手・・・うん、全くよく
分からない。確かにクチベニガイに形は似てるところもありますが、それなら
実際にあるマメクチベニとかチビクチベニとかいう名前の方が、余程しっくり
来ますよ。殻も白っぽい色の方が多く、色がつくのもあるけどだから何故口紅?
とか云われてもなあ。まあ百歩譲ってクチベニガイ科の貝だからクチベニって
名が付くのは仕方ないとして、じゃあ何で「手」なの?とか、純真な子どもに
聞かれてしまったら、大人もうお手上げではないのですか?

・・・と散々な書きようですが、実はこのクチベニデというへんてこな響きが
大変に好きでして。いいよね、クチベニデ。何かいい。名前もそうだけど貝殻
自体もかわいいし小さいし、結構なお手前ではないのですか?

続き…


2016/06/17//Fri * 21:17
●○クチベニガイ

クチベニガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

さり気なく前記事の最後写真に伏線(さり気なくも何も堂々過ぎる!)を張って
いたから、次はコレだろう?とバレバレだとは思いますが、クチベニガイです。
貝殻の外側が特徴的でないこともないのですが、やはりこの内側が目を惹くし、
全部内側写真をトップにしてみます。内側の縁がグルッと紅色という、かなり
目を引く特徴が、この貝の名前の語源なんだなと容易に想像出来ていいですね。
とっても雅なネーミングかと思われます。

続き…


2016/03/17//Thu * 12:27
●○シオサザナミ

シオサザナミ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

名前も形も色もとってもツボであり大好きな、シオサザナミという貝です。
写真ではたくさんあるように見えますが、実際は見えている貝殻でほぼ全部で
あり、あまり数は拾えていません。この貝を初めて拾ったのは、2012年7月2日
の鎌倉の海。そこから何回も海岸に行き一組をやっと拾い、年に数組といった
ようなペースで、本当に少しずつ増えて行った感じです。この貝を拾った直後
はとってもきれいな紫色をしているのですが、すぐに色が変わってしまいます。
日数が経つと、紫とピンクが混ざったような色合いになって来るけど、それも
また悪くないです。面白いのが、合弁でばかり見つかること。半片で見つかる
ことの方が圧倒的に少なかったです。

続き…


2016/01/11//Mon * 21:12
●○ハナガイ

ハナガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

今年の初貝UPは、二枚貝の中ではトップクラスに好きなハナガイで行こうかと
思いますよ。どうです?見ていると目がグルグルして、凸なんだか凹なんだか
よく判らなくなって来ませんか?

続き…


2015/08/01//Sat * 23:00
●○オオモモノハナガイ

オオモモノハナガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

あまり滅多にUPしない貝殻のUPをします。最近自分内で貝殻が再び熱くなって
来たので、貝殻のUP頻度を少し上げようかな・・・などと思ってますが如何に。

そんな訳で今回で貝殻第二弾。第一弾はサクラガイでしたが、今回はその関連
ともいうべき、オオモモノハナガイです。前回UPしているサクラガイの記事に
モモノハナガイというのも載せているのですけど、その貝をそのまんま大きく
したような貝で、そのまんま大きい名前がついてます。見かけると拾わずには
いられない貝殻の一つ。サクラガイより大きくて透明感がありませんが、綺麗
な桃色をしています。浜拾い中に声をかけられた時、拾ったこの貝を見せると
「何だこんなの拾ってんの?誰も拾わないでしょこれ?」とか云われたりして、
なんとなく不遇な扱いを受けているような気がする・・・ サクラガイよりも
確かに拾われていないような気がする・・・ だがしかし、だからこそ余計に
好きなのかも知れません。コレを見つけると何故か喜んで拾ってしまいます。
因みにこの貝殻は、全て湘南の海岸でのみ拾っているものです。

続き…


2015/02/22//Sun * 01:23
●○櫻貝

櫻貝01
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

以前、私が浜拾いに嵌ったきっかけがハスノハカシパンだった、という記事
書きました。が、活動拠点である海岸ではカシパン類が殆ど拾えず、このまま
ではモチベーションが落ちて自分的浜拾いブームは立ち消え・・になるところ
を見事引き留めたのが、桜貝でした。という訳で、今回はそんな桜貝を載せて
みようかと思いました。

続き…

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。