06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2018/06/17//Sun * 00:17
●○ツツミガイ

ツツミガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

ツツミガイは漢字でどう書くのでしょうか。どうやら「包貝」と書くようなの
らしいのですが、どうしてこんな字が当たっているのでしょうか。
そんなこの貝。今までに幾らかは拾ってはいたのですけど、なんとなく存在を
忘れていました。ですが今年の五月、館山で思わず「でっか!」と声を上げて
しまうようなヤツを拾ったため、急に注目の的になりました。その日に拾った
ツツミガイは二つ。家探しして今までに拾ったヤツを見つけて記事にしようと
画策したのですが、こういう時に限って見つからないのは世の常。諦めてもう
二つで記事にしようということにして、準備を始めたのですが、或る時何気に
近くにあった小さな紙の箱を開けたら、なんと!そこに三つも入っていました。
といった訳で、合わせて五つの貝殻で記事にすることが出来たという、リアル
燈台下暗し話でした。しかしトップ写真は二つという。

このツツミガイ、是非検索してみて下さい。一体貝殻に何の意味があるのかな?
と一瞬思ってしまう程のインパクト生物であり、検索し甲斐がある筈です。

続き…


2018/04/16//Mon * 23:23
●○ミミズガイ

ミミズガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

ミミズガイ。コイツを一言でいうと、最初は頑張って巻こうとしたが、後半に
なるに従ってどんどんやる気がなくなって行ったよ!的な。です。一言にすら
なってないじゃないか! まあ、とにかくこんな印象を受ける貝だね・・って
思っていたのですが、今まで拾ったヤツをいっぺんに眺めていると、最初だけ
頑張って巻こうとしているヤツより、最初から頑張っていないヤツの方が多い
のではないか? 総体的に、やる気がない巻貝ってことでいいのではないか?
ってことで、「頑張らない巻貝」って称号を私の脳内で与えました。やる気が
ない巻貝って称号よりはちょっと悪くない印象で、いいのではないのですか。
あ、「頑張り過ぎない巻貝」でもいいかも。 ・・・相変わらず全くどうでも
いい駄文スタートで酷いな。しかし、こうして寄り集めてみると、んわーい!
と踊ってるというよりウゾウゾと地べたを這い回っている感じが、中々ホラー
感を醸していていい仕事をしました。この貝は、一つだけだと奇妙な形をして
いて面白いね!とか思う余裕があるけど、複数集まるともうダメです。きっと
この頑張り過ぎない巻き具合がいけないんだ。

続き…


2018/03/08//Thu * 21:57
●○コロモガイ

コロモガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

コロモガイ。コロモガイ科です。何というか、コロモガイという名前からだと
コロコロっぽいイメージなんですが、現実はちっともコロコロっぽくなく甲冑
っぽいような鎧っぽいような、とにかく何となく防御力が高そうです。縦肋の
肩が尖っていて握ると痛めなので、急に「ほうら!」と人にこの貝をトスして、
ビックリした人がキャッチする際に強めにこの貝を握ってしまい「痛って」と
云わせることを期待出来ます。っていうか、コロモガイをそんなしょうもない
ことに使ってはいけません。

続き…


2018/01/28//Sun * 21:57
●○イボボラの仲間

イボボラの仲間01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

一昨年の初拾い時に拾いました。ってことは、もう平気で二年も経過している
ってことなんですね。ホント、時の経つのは矢の如し。貝殻は時系列でUPして
ないので、まだアレですが、壜なんてもう、ドンドン周回遅れになって行って
しまうこの遣る瀬無さよ。っていうか、話が全く綺麗に逸れて行きましたね。

では話を戻し、貝です。一昨年の初拾い時に拾いました。ってことは、もうh
面白い形をしている巻貝で、館山ではきいこさんが結構多く拾っているらしい
のでそんなに珍しくないのかもしれないけど、私がコイツに遭遇したのはこの
時だけで、その後も一切見つけることが出来てません。

続き…


2017/07/26//Wed * 00:04
●○ツクシタケ

ツクシタケ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

恐らく、ツクシタケという物体と思われます。シュマダラギリという物体にも
似ているし、他にも何とかタケとかいう物体が多数あり、これぞ、ツクシタケ!
と言い切るのはどうも。自信度85%ってところでしょうか。ツクシタケ85%って
名前の種類があれば100%なのに。

タケノコガイの仲間ってのは大抵ボロボロで、ある程度の状態を保ってるもの
でも殻頂部が折れていたりして、ほぼまともなモノにはお目にかかれたことが
ないです(当社比)。ところが、もう二年前のことですが、鎌倉の海岸を歩いて
いたら何故かそのほぼまともなモノに立て続けに遭遇してビツクリです。

続き…


2017/07/18//Tue * 23:17
●○ムギガイ

ムギガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

あれ? どこかで見たようなシーンが・・・
と思った方は、よく覚えていらっしゃいますね(十中八九誰もいまい)。コイツ
同じようなシーンを以前にUPしていますが、今回のはその反対バージョンと
でもいうべきか。この貝と白玉は必ずや小壜に一杯まで貯めて倒したい!って
いう野望を内に秘めてました。白玉の倒したい欲は取り敢えず満たされました
けど、こちらの方は中々大変でした。この貝、白玉よりは遥かに拾えるのです。
でもこちらには、白玉よりも少々重い制約を自らに課してまして。その制約と
いうのが「光沢が残っているモノだけ拾う」でした。この制約のおかげでまあ
よく貯まらないこと。厭らしいことに濡れてると結構ツヤツヤに見えるモノが
多いのに、乾くとガサガサになる物体が99%以上。その度にガッカリすること
百億回(体感回数)。やっと小壜九分目位まで来たので、我慢出来ずに先走った
のでした。小壜一杯でないところに小者感をヴぁりヴぁりと感じますが、まあ
いいじゃありませんか(泣)

そんな今回の主役、ムギガイです。何かこの貝を調べるのにネットでゴソゴソ
やってると、結構ツヤツヤなのが大量写真とか出て来て萎えます。何でこんな
にたくさんツヤツヤなのが拾えるのか? まあ、この貝はモノのついでにしか
拾わないし、ムギガイが落ちてるところにもそんなに頻繁に行かないからなあ。
あ、しまった。負け惜しみ感をヴぁりヴぁりと感じるアレな感じだ(泣)

続き…


2017/05/28//Sun * 23:34
●○謎貝

謎貝01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

貝殻を拾うようになってから、拾うようになる前に何か海から拾って来たモノ
はないのか?と色々と部屋とかを漁ってみました。どうやら子供時代は、海で
何かを拾って来て取ってあるってことはなかったらしく、何も見つかりません。
大人になってからは、海に遊びに行くということが全然なかったので、2012年
から浜拾いにハマるまでは、やはりそういったモノは見つかりませんでした。
ただ、一つだけ例外があり、たった三つ、どこかで恐らく同じ日に同じ場所で
拾って来た貝殻がありました。記録では熊本県宇土市?とクエスチョンマーク
付きで記されています。その三つとは、オオヘビガイ、チャイロキヌタっぽい
ヤツ、そして写真の不明貝の三つです。拾った日付は2008年8月28日になって
おり、確かにその日は熊本県大牟田市辺りから天草市までドライブをしていて、
有明海の干潟や、幾つかの海岸に少しだけ寄ってはいます。ここで拾った時に
写真とか撮ってあればよかったのだけど、そういった拾いモノ習慣はなかった
頃だったので景色の写真しか残ってない。なので本当にここでこの時に拾った
モノかどうかの自信は全くありません。ただ、まだ私が浜拾いに興味が出る前
に拾ったモノであることに間違いはないです。

そしてこの写真の貝、拾った場所や時が謎であるに加え、何という貝かも判ら
ないという、私にとって謎に満ちた存在であって、せめて名前だけでも判れば
少しはスッキリするんじゃないかなんて思っているのですが・・・

続き…


2017/05/23//Tue * 21:21
●○チョウジガイ

チョウジガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

微小貝集めモノ対象の中でも、白玉口紅手と共に大変お気に入りな貝であり、
でもやはりこれらと同じく、私が拾いに行ってる場所ではたまにしか拾えない
という、大変歯痒い存在です。その名をチョウジガイ。丁字貝って字が当たる
ようだけど、何でそんな字が当たるのか意味は不明。全然「T」みたいな形を
してないし。そいえばサンゴの仲間でもチョウジガイっていう名がありますが、
それまた何でそんな名前がついているのか、もっと意味不明ですね。素人から
言わせれば、サンゴなのに何で貝みたいな名前がつくのか?と思う訳です。

続き…


2017/01/22//Sun * 21:48
●○カコボラ

カコボラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

フジツガイの仲間ってのは、何でこんなに魅力的なのでしょうか? 完全なる
王道のザ・巻貝!っていうよりは、ちょっと捻くれ気味方向の仲間たちが多数。
この仲間を見つけると地味に嬉しい。嬉しさ微量UP!って気分になります。
っていう訳で、そのフジツガイの仲間のカコボラをUPです。少し前に銀の足跡
の真紅さんと、この貝の殻を覆う毛のような藻のような変な物質について話を
していたばかりで妙に記憶に残っていた上に、ちょうど洗浄が終わったことも
あり、勢いでこいつ等をUPしてみることにしました。
その時の話の対象になったのが、初拾いのページで載せていた、鎌倉で拾った
毛に覆われたカコボラで、いざ洗浄が終わって一皮剥けてみれば小振りながら
今まで見つけたカコボラの中では群を抜いて状態がよく、軽く感動してしまい
ました。この写真で云うと、左下のヤツがそうです。

続き…


2016/12/11//Sun * 23:45
●○マガキガイ

マガキガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

イモガイに似ていたり食すと旨いようだったりミギーに似ていたりする貝です。
こう書くと、偉い豪華な感じがしなくもないですね。
食したことはないし、生きているのを見たことがないけど、イモガイと勘違い
することだけはしっかりとしました。よって、ヤツとのファーストコンタクト
では美事なへっぴり腰を披露しました。こんなにもイモガイに似ているという
のに、イモガイの仲間ではないという。非道くないですか?

続き…

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ