06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2018/06/04//Mon * 22:22
●○ウミナシジダカラ

ウミナシジダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

前回UPしたタカラガイナシジダカラだったので、今回は名前繋がりっていう
ことでウミナシジダカラにしてみます。この貝、私の中では圧倒的に拾えない
物体であり、今までに拾えたのはこの一つ切りです。もう二つ三つも拾えたら
UPしようと思っても圧倒的にいつまでも拾えないので、痺れを切らしました。
一つでは寂しいかなと思って、賑やかしに似たモノ同士であるハツユキダカラ
ナシジダカラを一緒にしてみました。この中でどれがウミナシジダカラかと
いうのは、敢えて云わない作戦を絶賛実施中(><) 賑やかしの方が目立ってる
じゃないか!とかそういった哀しい感想は、例え想っていても心の中にそっと
仕舞っておくのが正しい大人というモノではないのでせうか(泣)

続き…


2018/04/14//Sat * 00:34
●○ナシジダカラ

ナシジダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

ちょっと久々目にタカラガイでも一つ。これでこのブログにUPしたタカラガイ
は19種類目になります。まだUPをしていない種類が幾つかあるので、今までに
自分で見つけて来たタカラガイは一体何種類あるものなのか、地味に楽しみに
しています。実はこれまで見つけたモノの種類数を、何となく数えてなかった
ので、こうなったらこのブログでUPするのをもってカウントとしようかと思い
ました。一体何種類拾っているのか、自分でドキドキする趣向です。ブログの
左側にあるカテゴリの、「宝貝」「海兎」「芋貝」は、地味に一種類一記事を
課しているので、それぞれの右の数字がそのまま今まで拾った種類数となって
おりますのです。まあ自分に優しくてよろしい。

・・・まあ冒頭からブっ飛ばしましたが、予定調和です(泣)
そんな訳で、宝貝19種類目はナシジダカラ。漢字では梨地宝と書きます。梨地
という、ガラスとか金属とかの表面をザラザラさせる処理がありますが、この
貝の場合の梨地は単純に梨の模様に似てるから・・ってのをネット上で見かけ
ます。これは云い得て妙で、似ているんですよ色も模様も梨に。だったら梨地
なんていう微妙な言葉ではなく、ナシダカラでいいじゃないか!って大変凄く
思うのだけど、いかがなものか。

続き…


2018/01/18//Thu * 22:41
●○ホシキヌタ

ホシキヌタ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

やっぱり今年の拾いモノの第一弾は、この嬉しかったコイツで行きたいと思い
ますよ。何せ今年で一番嬉しかった拾いモノですからね。まだ今年が始まって
18日しか経っていませんけど。

ホシキヌタです。漢字で星砧。見た通り、星のような模様がとっても美しい貝。
キヌタって名前の由来はよく知りません。他にもチャイロキヌタって名前の貝
もいますね。このホシキヌタ、全然珍しい貝じゃなく、ブログとか見ていると
ボコボコ拾われているようですが、私にとっては相当鬼門なタカラガイであり、
とにかく見つけられないのです。この写真の右上が初めて拾った個体で、もう
五年以上前のモノ。コレも、拾いモノにしてはまあまあ状態はいいのですけど、
天辺が禿げたような感じと、口側のタコ穴らしきピンホールが一つあったりと、
完体と呼ぶにはちょっと微妙。でもこれを拾ってから、今年まで全くこの貝を
見つけることが出来ませんでした。ボロボロのヤツとかは見かけることが何度
かあったのですが、連れ帰りたいと思えるようなレベルじゃなくて、きちんと 
模様が残っているような状態のいい個体は、私の前には断固として現れまい!
と頑なに拒否されてるようなイメージ(泣) おかしいな、通常種じゃなかった
のか?何をどう間違って見つけられないんだろうか?とお嘆きの数年。その後
同じ日に、きちんと模様のあるヤツを三つも拾えるとは! 何をどう間違って
見つけられたんだろうか? しかも、五年以上前に拾ったヤツと奇しくも同じ
海岸で見つけるとは。

続き…


2017/07/13//Thu * 21:47
●○ハナビラダカラ

ハナビラダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

シンプルな判り易い模様で、しかもとても美しくて、大好きなハナビラダカラ。
かなりの普通種であって、いる所には幾らでもいるらしいのですが、私的には
五年前に初めて三浦の海で見つけてから、きれい目なヤツに限って言えば五個
程度しか拾えていない(つまりこの写真ので全部)という、未だに中々縁が薄い
ヤツらなのです。2011年の冬にはコレとキイロダカラが三浦でやたらに拾えた
らしいのですが、その時はまだ私は浜拾いをしてなくて海よりも山の人でした。
ちょうどこの翌年、2012年から海に目覚め始めまして、それ以降は当然のこと
ながら、そんな大当たりな祭りにブチ当たっていません・・・ 嗚呼夢よもう
一度的なことが起きないものか。

続き…


2017/05/18//Thu * 23:27
●○サバダカラ

サバダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

もう一ヶ月以上前ですが、ちょこちょこお邪魔させていただいているAyaさん
ブログのコメントで、サバダカラのことについてホンの少しだけ触れたこと
がありました。せっかくなので次のタカラガイUPは手持ちのサバにしようって
思ったのですが、イメージとしては数日以内と思っていたらバタバタが始まり
今に至る。そんな訳で大変今更ですが、数少ないサバをUPしてみました。今更
過ぎて大変時代の波に乗り遅れていますけど、まあ今更なので。

この写真で手持ちのサバは全部。その内の半分が沖縄で拾ったヤツ。もう半分
は館山産。ホントは三浦でも一つだけ見つけた筈なんですが、肝心の時にどこ
行ったのか見当たらない。写真に出ているのもそんなに状態がいい訳ではない
けど、三浦のヤツはボロボロだったから数に入れなくてもいいかな。

続き…


2017/04/03//Mon * 15:02
●○クロダカラ

クロダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

とてもカッコいいと思っているタカラガイの一つ、クロダカラ。
まず名前がカッコいいのは当然ですが、シュッとした姿とか模様とかが非常に
カッコいいと思うのです。しかもカッコいいだけあって、超レアとまではいい
ませんがあまり数を見つけられないので、コレを見つけた時には思わず、何て
カッコいいんだ!などと叫んでしまう羽目に陥ったりすることになるのですね?
・・・いや、叫ばないし。そもそもあまり見つからないってこととカッコいい
ってこととには何の因果関係もないのではないのか。

続き…


2017/03/01//Wed * 23:11
●○ヤクシマダカラ

ヤクシマダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

地元神奈川ではほぼお目にかかれない、ヤクシマダカラの成貝。当然私のこと
だから成貝は地元では見つけられてませんが、私が拾った中では現在のところ
一番大きなタカラガイです。しかも、完璧なツルピカとまでは行かないまでも、
打ち上げにしては相当に状態がいい方です。

続き…


2017/01/12//Thu * 23:21
●○コモンダカラ

コモンダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

タカラガイの前回のUPだったカモンダカラと一文字しか違わないのに、えらい
違うコモンダカラ。成貝になるとドッシリした感じになって、何か落ち着いた
高級感とか重厚感とかを漂わせているような気がしないでもない貝です。何と
いうかですね、造形や模様がいちいちいい感じなのです。大人っぽい貝とでも
云えばいいのか。

続き…


2016/12/01//Thu * 22:06
●○カモンダカラ

カモンダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

中々個性が強いタカラガイ、カモンダカラ。漢字では花紋宝と書くようです。
花紋が示す通り、濃いオレンジっぽい茶色に独特な模様が散っていて、とても
美しげ。殻の前後の端は上品な紫色に染まり、いいアクセントになっています。
長期間保管していると、その紫は段々薄くなってしまうのが非常に残念ですが。
右端の三つは未成貝。見つけた時はツヤツヤピカピカで両端の紫も濃くきれい
に出ていましたけど、大分薄くなってしまいました。もっと早く写真を撮って
おけばよかったなあ。

続き…


2016/10/23//Sun * 23:01
●○アジロダカラ

アジロダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

去年沖縄でスソヨツメというタカラガイを拾ってから、強く意識をするように
なったタカラガイたち。タカラガイに興味を持ち始めると、当然珍しかったり、
中々見つけることが出来ないような種類にも目が行くようになります。ですが
原則的に拾いモノだけで集めモノをやっている私にとっては、海岸で見つける
(除く・潜る)以外の方法でしか手に入れられないモノ(購入とか)は、どんなに
珍しいものでも興味の対象からは外れます。正確に云うと、興味がない訳では
ないけど購入してまで欲しいと思わない。なので、憧れの対象は何とか海岸で
拾えそうなモノの限定になるのだけれど、その中でもトップクラスに見つけて
みたかったのが、このアジロダカラです。う~ん、なんて長い前置きなんだ。

続き…

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ