02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2017/03/07//Tue * 00:17
●○リシケイモ

リシケイモ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

なおきさんのブログで「謎のイモガイ」というキャッチフレーズでUPされてた
イモガイ、リシケイモです。オカモトイモという別名もあるようなのですけど、
「オカモトイモ」でGoogle検索をかけてみると、何故か勝手に「オカモト」で
検索されてしまい、検索元の「オカモトイモ」をクリックしてやっと貝の方で
ヒットします。しかも「もしかして:オカモト」と、まだオカモトを検索させ
ようとするしつこさよ。何でそんなにオカモトばかり検索させようとするんだ。
なぜだろうなぜかしら。まあ不思議系です。

続き…


2017/03/04//Sat * 22:24
●○ムラクモコダマウサギ

ムラクモコダマウサギ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

以前にUPしたコダマケボリと同様、全くもってホントにムラクモコダマウサギ
でいいのか自信がないアレです。っていうか、コダマケボリよりも更に自信が
ありません。ネットで調べて、色々なムラクモコダマウサギの画像を見た結果、
多分そうなのかなと判断したのですが・・・ 漢字だと「叢雲小玉兎」と書く
ようです。拾ったヤツは相当模様が薄くなって殆ど白くなっていますが、叢雲
模様な感じの模様が特徴です。

続き…


2017/03/01//Wed * 23:11
●○ヤクシマダカラ

ヤクシマダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

地元神奈川ではほぼお目にかかれない、ヤクシマダカラの成貝。当然私のこと
だから成貝は地元では見つけられてませんが、私が拾った中では現在のところ
一番大きなタカラガイです。しかも、完璧なツルピカとまでは行かないまでも、
打ち上げにしては相当に状態がいい方です。

続き…


2017/01/22//Sun * 21:48
●○カコボラ

カコボラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

フジツガイの仲間ってのは、何でこんなに魅力的なのでしょうか? 完全なる
王道のザ・巻貝!っていうよりは、ちょっと捻くれ気味方向の仲間たちが多数。
この仲間を見つけると地味に嬉しい。嬉しさ微量UP!って気分になります。
っていう訳で、そのフジツガイの仲間のカコボラをUPです。少し前に銀の足跡
の真紅さんと、この貝の殻を覆う毛のような藻のような変な物質について話を
していたばかりで妙に記憶に残っていた上に、ちょうど洗浄が終わったことも
あり、勢いでこいつ等をUPしてみることにしました。
その時の話の対象になったのが、初拾いのページで載せていた、鎌倉で拾った
毛に覆われたカコボラで、いざ洗浄が終わって一皮剥けてみれば小振りながら
今まで見つけたカコボラの中では群を抜いて状態がよく、軽く感動してしまい
ました。この写真で云うと、左下のヤツがそうです。

続き…


2017/01/17//Tue * 22:27
●○コダマケボリ

コダマケボリ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

恐らく。多分。色々と調べていて、何となくこれが一番近いかなあって思った
のですが、正直云ってホントにコダマケボリなのか、全く自信がありません。
漢字では小玉毛彫と書くようです。特徴的な模様でもあればまだしも、真っ白
だし、でもこれはただ色が落ちているだけかもしれないし、小さいし。
しかし、このプックリ具合はどうですか。個人的にはコダマケボリって名より
コダマウサギって名前にすればかわいかったのに・・とか思うんですが、その
名前で調べるとまた違う形のウサギが現れます。何ていうか紛らわしいですね。

続き…


2017/01/12//Thu * 23:21
●○コモンダカラ

コモンダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

タカラガイの前回のUPだったカモンダカラと一文字しか違わないのに、えらい
違うコモンダカラ。成貝になるとドッシリした感じになって、何か落ち着いた
高級感とか重厚感とかを漂わせているような気がしないでもない貝です。何と
いうかですね、造形や模様がいちいちいい感じなのです。大人っぽい貝とでも
云えばいいのか。

続き…


2016/12/11//Sun * 23:45
●○マガキガイ

マガキガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

イモガイに似ていたり食すと旨いようだったりミギーに似ていたりする貝です。
こう書くと、偉い豪華な感じがしなくもないですね。
食したことはないし、生きているのを見たことがないけど、イモガイと勘違い
することだけはしっかりとしました。よって、ヤツとのファーストコンタクト
では美事なへっぴり腰を披露しました。こんなにもイモガイに似ているという
のに、イモガイの仲間ではないという。非道くないですか?

続き…


2016/12/06//Tue * 22:37
●○シロオビコダマウサギ

シロオビコダマウサギ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

写真の出来がいかにもイマイチで、大変撮り直したい限りなのですが、これを
撮った時よりは貝殻の色が鮮やかではなくなって来てしまっているため、涙を
呑んでこのヘホー写真で行くことにします・・・ ウサギ類は特に時間経過で
色が落ちるというのは散々ネットで見てはいるとはいえ、やはりこうして現実
を目の当たりにすると遣る瀬無さ半端ないですね。

続き…


2016/12/01//Thu * 22:06
●○カモンダカラ

カモンダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

中々個性が強いタカラガイ、カモンダカラ。漢字では花紋宝と書くようです。
花紋が示す通り、濃いオレンジっぽい茶色に独特な模様が散っていて、とても
美しげ。殻の前後の端は上品な紫色に染まり、いいアクセントになっています。
長期間保管していると、その紫は段々薄くなってしまうのが非常に残念ですが。
右端の三つは未成貝。見つけた時はツヤツヤピカピカで両端の紫も濃くきれい
に出ていましたけど、大分薄くなってしまいました。もっと早く写真を撮って
おけばよかったなあ。

続き…


2016/11/04//Fri * 22:47
●○クチベニデ

クチベニデ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

何というか、へんてこな名前です。漢字では「口紅手」と書くようです。
以前にUPしたクチベニガイと同じクチベニガイ科の貝ですが、クチベニガイの
方はお見事に名は体を表す的な貝なのに、こちらは何故ゆえこのような名前に
なったのか、名付けた人の真意をぜひとも確認させていただきたく。
今回載せているモノは全て合弁で、しかもピツタリ閉じているので裏は見られ
ないけど、別に縁は紅色じゃないし、何より口紅・・手・・・うん、全くよく
分からない。確かにクチベニガイに形は似てるところもありますが、それなら
実際にあるマメクチベニとかチビクチベニとかいう名前の方が、余程しっくり
来ますよ。殻も白っぽい色の方が多く、色がつくのもあるけどだから何故口紅?
とか云われてもなあ。まあ百歩譲ってクチベニガイ科の貝だからクチベニって
名が付くのは仕方ないとして、じゃあ何で「手」なの?とか、純真な子どもに
聞かれてしまったら、大人もうお手上げではないのですか?

・・・と散々な書きようですが、実はこのクチベニデというへんてこな響きが
大変に好きでして。いいよね、クチベニデ。何かいい。名前もそうだけど貝殻
自体もかわいいし小さいし、結構なお手前ではないのですか?

続き…

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ