05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2017/05/28//Sun * 23:34
●○謎貝

謎貝01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

貝殻を拾うようになってから、拾うようになる前に何か海から拾って来たモノ
はないのか?と色々と部屋とかを漁ってみました。どうやら子供時代は、海で
何かを拾って来て取ってあるってことはなかったらしく、何も見つかりません。
大人になってからは、海に遊びに行くということが全然なかったので、2012年
から浜拾いにハマるまでは、やはりそういったモノは見つかりませんでした。
ただ、一つだけ例外があり、たった三つ、どこかで恐らく同じ日に同じ場所で
拾って来た貝殻がありました。記録では熊本県宇土市?とクエスチョンマーク
付きで記されています。その三つとは、オオヘビガイ、チャイロキヌタっぽい
ヤツ、そして写真の不明貝の三つです。拾った日付は2008年8月28日になって
おり、確かにその日は熊本県大牟田市辺りから天草市までドライブをしていて、
有明海の干潟や、幾つかの海岸に少しだけ寄ってはいます。ここで拾った時に
写真とか撮ってあればよかったのだけど、そういった拾いモノ習慣はなかった
頃だったので景色の写真しか残ってない。なので本当にここでこの時に拾った
モノかどうかの自信は全くありません。ただ、まだ私が浜拾いに興味が出る前
に拾ったモノであることに間違いはないです。

そしてこの写真の貝、拾った場所や時が謎であるに加え、何という貝かも判ら
ないという、私にとって謎に満ちた存在であって、せめて名前だけでも判れば
少しはスッキリするんじゃないかなんて思っているのですが・・・

続き…


2017/05/23//Tue * 21:21
●○チョウジガイ

チョウジガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

微小貝集めモノ対象の中でも、白玉口紅手と共に大変お気に入りな貝であり、
でもやはりこれらと同じく、私が拾いに行ってる場所ではたまにしか拾えない
という、大変歯痒い存在です。その名をチョウジガイ。丁字貝って字が当たる
ようだけど、何でそんな字が当たるのか意味は不明。全然「T」みたいな形を
してないし。そいえばサンゴの仲間でもチョウジガイっていう名がありますが、
それまた何でそんな名前がついているのか、もっと意味不明ですね。素人から
言わせれば、サンゴなのに何で貝みたいな名前がつくのか?と思う訳です。

続き…


2017/05/18//Thu * 23:27
●○サバダカラ

サバダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

もう一ヶ月以上前ですが、ちょこちょこお邪魔させていただいているAyaさん
ブログのコメントで、サバダカラのことについてホンの少しだけ触れたこと
がありました。せっかくなので次のタカラガイUPは手持ちのサバにしようって
思ったのですが、イメージとしては数日以内と思っていたらバタバタが始まり
今に至る。そんな訳で大変今更ですが、数少ないサバをUPしてみました。今更
過ぎて大変時代の波に乗り遅れていますけど、まあ今更なので。

この写真で手持ちのサバは全部。その内の半分が沖縄で拾ったヤツ。もう半分
は館山産。ホントは三浦でも一つだけ見つけた筈なんですが、肝心の時にどこ
行ったのか見当たらない。写真に出ているのもそんなに状態がいい訳ではない
けど、三浦のヤツはボロボロだったから数に入れなくてもいいかな。

続き…


2017/04/11//Tue * 00:01
●○キンチャクガイ

キンチャクガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

浜拾い初期の頃は、判り易いきれいな貝殻とか、カシパンとか変なモノとかが
メインだったため、微小貝とかいうような高尚なモノには、あまり目が行って
いなかった気がします。そんな目で館山とかに行ってたとか、ホントもったい
ないことしきりなんですが、その初期の頃に館山で拾う対象だった貝の一つが
キンチャクガイです。地元湘南三浦では全然拾えない貝(拾えなくもないけど)
だったので、館山でコレを見つけると嬉しかったものです。以前拾ったヤツを
引っ張り出して来たら、比較的状態のいいヤツが幾つも出て来ました。最近は
状態のいい個体に全く巡り合えてなかったので、前はこんなきれいなのを結構
拾っていたんだなと、ちょっと驚いたりしました。

続き…


2017/04/07//Fri * 22:51
●○謎ウサギ

謎ウサギ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

現時点で、私が拾って来たウミウサギ類の最後のUPになります。厳密に云うと
もう一種類UPしていないのがあるのですが、ソイツはちょっとガサガサであり、
写真にすると哀しいので止めときます。こうして見てみるとたった10種類しか
拾えていないのですよね、ウミウサギ類。怖ろしく少ないけど、微小貝溜りを
這いつくばってなお、稀にしか見つけられないので、ここまでよくやった!と
云うべきか。まあ、私が行く場所と業ではこんなもんなのでしょう。

さて、その最後の一つ。これが何ウサギなのか判りません・・・
形はトガリアヤメケボリっぽい感じがするのですが、トガリアヤメケボリ自体
まだ拾ったことがないので、コレはそうと言い切れない。何より色が最初から
こうなのか抜けているのか知らんけど真っ白。なので色から判断も出来ないし。
一体コイツは何モノなのでしょうか?

続き…


2017/04/03//Mon * 15:02
●○クロダカラ

クロダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

とてもカッコいいと思っているタカラガイの一つ、クロダカラ。
まず名前がカッコいいのは当然ですが、シュッとした姿とか模様とかが非常に
カッコいいと思うのです。しかもカッコいいだけあって、超レアとまではいい
ませんがあまり数を見つけられないので、コレを見つけた時には思わず、何て
カッコいいんだ!などと叫んでしまう羽目に陥ったりすることになるのですね?
・・・いや、叫ばないし。そもそもあまり見つからないってこととカッコいい
ってこととには何の因果関係もないのではないのか。

続き…


2017/03/07//Tue * 00:17
●○リシケイモ

リシケイモ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

なおきさんのブログで「謎のイモガイ」というキャッチフレーズでUPされてた
イモガイ、リシケイモです。オカモトイモという別名もあるようなのですけど、
「オカモトイモ」でGoogle検索をかけてみると、何故か勝手に「オカモト」で
検索されてしまい、検索元の「オカモトイモ」をクリックしてやっと貝の方で
ヒットします。しかも「もしかして:オカモト」と、まだオカモトを検索させ
ようとするしつこさよ。何でそんなにオカモトばかり検索させようとするんだ。
なぜだろうなぜかしら。まあ不思議系です。

続き…


2017/03/04//Sat * 22:24
●○ムラクモコダマウサギ

ムラクモコダマウサギ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

以前にUPしたコダマケボリと同様、全くもってホントにムラクモコダマウサギ
でいいのか自信がないアレです。っていうか、コダマケボリよりも更に自信が
ありません。ネットで調べて、色々なムラクモコダマウサギの画像を見た結果、
多分そうなのかなと判断したのですが・・・ 漢字だと「叢雲小玉兎」と書く
ようです。拾ったヤツは相当模様が薄くなって殆ど白くなっていますが、叢雲
模様な感じの模様が特徴です。

続き…


2017/03/01//Wed * 23:11
●○ヤクシマダカラ

ヤクシマダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

地元神奈川ではほぼお目にかかれない、ヤクシマダカラの成貝。当然私のこと
だから成貝は地元では見つけられてませんが、私が拾った中では現在のところ
一番大きなタカラガイです。しかも、完璧なツルピカとまでは行かないまでも、
打ち上げにしては相当に状態がいい方です。

続き…


2017/01/22//Sun * 21:48
●○カコボラ

カコボラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

フジツガイの仲間ってのは、何でこんなに魅力的なのでしょうか? 完全なる
王道のザ・巻貝!っていうよりは、ちょっと捻くれ気味方向の仲間たちが多数。
この仲間を見つけると地味に嬉しい。嬉しさ微量UP!って気分になります。
っていう訳で、そのフジツガイの仲間のカコボラをUPです。少し前に銀の足跡
の真紅さんと、この貝の殻を覆う毛のような藻のような変な物質について話を
していたばかりで妙に記憶に残っていた上に、ちょうど洗浄が終わったことも
あり、勢いでこいつ等をUPしてみることにしました。
その時の話の対象になったのが、初拾いのページで載せていた、鎌倉で拾った
毛に覆われたカコボラで、いざ洗浄が終わって一皮剥けてみれば小振りながら
今まで見つけたカコボラの中では群を抜いて状態がよく、軽く感動してしまい
ました。この写真で云うと、左下のヤツがそうです。

続き…

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ