12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2019/01/18//Fri * 20:46
●○イササボラ

イササボラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

今まで拾ったフジツガイ科の貝の中では、一指に入る大好きさ加減の貝です。
一指、つまり一番ってことですが、なら最初から一番好きと書けばいいと思う。
そもそもフジツガイの仲間の貝なんて、そんなに拾ってないし。
・・・いきなり無駄文章から始まりましたが、初拾いの記事でも少し触れてる
通り、初めてオゴクダ浜へ行った時に初めて拾って大好きになり、その後館山
でも拾えることを知ったのだけど、ボロや破損品ばかりしか拾えず、もうこの
一個だけでもいいからUPしてしまおう!と思い始めた頃、今年の初拾いで念願
のきれいな個体を拾えたため、もう絶対にUPする!状態になりました。

続き…


2019/01/14//Mon * 23:45
●○イボダカラ

イボダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

正直状態がいいのは無いけど、もういいや!的にUPします。
何故ならこのイボダカラ、相模の国に棲み適当に貝拾いに行く程度の私如きが
気軽に拾えるモノではないからです。恐らく遠征にでも行かなければこれ以上
増えないだろうから、これ以上待っても無駄。 ・・・とか書いておけば、UP
した途端に間違ってすごい状態がいいのを拾ったりする、何とかあるある的な
ヤツを発動するんじゃないかということを密かに目論んだ記事だねこれは。

続き…


2018/11/30//Fri * 21:43
●○ユウシオガイ

ユウシオガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

もう一発位、南紀行の時の採取ブツをUPしておきましょう。これで一旦終了と
して第二陣以降はまた適当にやって行こうかと。次回からはまた溜め込んでる
何かをじわじわと行こうかと思います。

この第一陣のトリを飾るのがこちら、ユウシオガイです。今回実施した南紀行
の主目的の一つでして。見た目通りニッコウガイ科、つまりサクラガイの仲間
なんですが、地元神奈川で全く見たことがありません。どうも棲息してる場所
はあるようですが、私自身は全く見たことがありません。何となく形が似てる
モノは見つけることがあるのですが、何かが違う。といったことで、この貝を
拾うのはプチ憧れでした。何より名前がいい! 夕潮貝なんて、なんて浪漫か!
桜貝の仲間で名前がカッコよく、地元で拾えないなんて、もうこれは行き掛け
の駄賃をやらなくてどうするのか?

続き…


2018/11/22//Thu * 21:12
●○イワカワウネボラ

イワカワウネボラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

などとUPしてみましたが、ホントにこれらがイワカワウネボラかどうか相当に
自信がなくなっています。最初の勢いはよかったのです。図鑑で見つけた時は
「これだっ!」と電流が走りました。ところがホントにそうなのかどうか確認
するためネット上をその名前で検索して行くと、どうも唇の部分が違うように
感じてしまい、現在は疑心暗鬼の嵐・・・ でももう判らないからこの名前で
通すことにしました(棒読)

この貝、三年前にオゴクダ浜に行った時は一つも見つけていないのに、今回は
幾つも目にしました。前回は見る目が違ったのかも知れません・・・

続き…


2018/11/14//Wed * 22:39
●○マダライモ

マダライモ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

なんか牛を見ているような気がしてきた・・・
ってことで、南紀での収穫ブツ第二弾、マダライモです。三年前にオゴクダ浜
に行った時は一つも見つけていないけど、今回は結構見かけました。まだ暗い
浜でヘッドランプが照らした姿は結構きれいだと思ったのに、現実に戻ったら
思ったよりしょぼい状態でガツクリときました。ツヤツヤに見えたアレは一体
何だったんだ? でもまあ、その後拾ったもう一つのヤツと共にUPに堪えられ
そうな状態ではあったので、記事にしてみることにしました。本州中部以南に
分布するとなっているので、関東じゃ拾えなさそう。実際地元とかで見たこと
がありません。うん、牛っぽい。

続き…


2018/11/11//Sun * 22:11
●○アヤメダカラ

アヤメダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

前回の記事でお伝えした通り、今回から何回か南紀行で拾って来た貝殻とその
関連(同じ貝だけど前に別の海岸で拾ったヤツとか)のモノをUPして行こうかと
思います。その第一弾は、オゴクダ浜に行く度結構見つかるアヤメダカラです。
とはいっても擦れたモノばかりしか拾えませんでしたが・・・

上手い具合に擦れてると、カモンダカラと一瞬勘違いする気がしないでもない
アヤメダカラ。背中側は写真をご覧の通り、何で「アヤメ」って名がついてる
のか判らない地味目な模様の貝です。とはいっても、ツヤピカなヤツの背中側
の模様は地味でもとても美しいのですが。

続き…


2018/11/07//Wed * 23:59
●○南紀ノ残滓

IMG_6228A.jpg
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

せっかくの南紀行だったので、これから数回はそこで拾った貝や関連の記事を
UPして行こうかと思いますが、それやる前にちょこっと小さ目のお気に入りや
なんて貝か不明なヤツを記念写真しておこうかと思います。今回巡った海岸の
中から、オゴクダ浜メインになっています。一番右上のリシケイモっぽいヤツ、
右下ツグチガイ三つとその左のトガリアヤメケボリ??みたいなヤツと、腹を
見せている謎のタカラガイは御前崎、マルフトコロ左の謎のフデっぽいヤツは
串本町の別海岸で拾ったモノ。それ以外のブツは全てオゴクダ浜です。

お気に入りはマルフトコロ。何ですこの超愛らしいお姿は? 何というか名前
もマルフトコロ以外の何モノでもなく、コロコロです。
判らないので気になっているのは、先程書いたマルフトコロ左隣のフデガイの
仲間っぽいヤツ。そしてイモガイたち。イモガイたちの中にソナレイモらしき
モノが二つありますが、その上の赤いヤツが気になって仕方ありません。コレ
は波打ち際で見つけたのですが、中身が入っていました。そして中身も真っ赤
でした。そして、他のイモガイたちも全滅です。全然判らない・・・ 下の方
にあるクチベニホラダマシっぽい貝が結構いい感じなのですが、もうちょっと
ツヤツヤだったらなあ。そして、腹を見せている謎のタカラガイ。背中は特に
模様らしきものがなく薄い茶色。結構ツルツル。ツヤピカではない。コイツが
何か判らなくてとてもモヤモヤしています。

続き…


2018/09/17//Mon * 23:33
●○トカシオリイレ

トカシオリイレ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

トカシオリイレ。覚え難い名前だな。由来が全然想像出来ないから余計ですね。
コロモガイ科。ザクッとネットで見ても、この名前の由来とか全然判りません。
以前コロモガイを載せた時に、Ayaさんからコロモガイとこの貝は殻頂を正面
から撮るとカッコいいとコメントをいただいてたな・・ってことで、トップは
殻頂真正面で行ってみました。いつも自然光でばかり撮っているのに、今回は
珍しくストロボを使いました。そうでないと一部に濃い影が出来てしまう条件
だったからですが、結局角度がイマイチで少し影の部分が残ってしまいました。
そんなヘホ~な出来はともかく、確かに真正面はカッコいいかも。

続き…


2018/09/13//Thu * 22:07
●○サツマビナ

サツマビナ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

さて、次に何の貝をUPしようかなと、採取品をガサガサしていて目に留まった
コイツ。もう三年位前にベタ観光で行った沖縄のビーチで見つけたサツマビナ
なのですが、どうも拾った時より模様がなんだか薄くなっている気がして仕方
なく、居ても立っても居られず慌てて写真を撮りだしたのでした。しかし記事
に写真をUPしてから当時の写真を見てみたら、意外と同じような薄さだったと
いふ。ていうか、何故写真を慌てて撮りだす前にその時の写真を見ないのかな?
この慌てんぼさんめ。と、そんな経緯で今、この貝がこの記事になっていると、
こういう訳です。

続き…


2018/09/06//Thu * 00:14
●○キイロダカラ

キイロダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

何となくハナビラダカラとセットというイメージが、自分内にやたらに根強く
根付いてしまっているキイロダカラ。何でハナビラダカラとセットなのか?と
思うのですが、恐らく似たような場所で拾えるからということなのでしょうか。
でもそのハナビラダカラは幾らか拾えているというのに、このキイロダカラは
まるで拾えない。ボロボロのヤツはある程度目に入るんですが、きれいな個体
になるとまるで見つからない。セットじゃないのか? 周りを見渡してみると
(ネット上で調べるとの意)普通に拾われているようだし、何でこう私の前には
現れないのか。っていうか、そういう話ばっかりしているような気がしている
けど・・・ 結局写真の未成貝一つを含む下に固まっている三つしか、写真に
耐えられそうなのがなかったという。ホントは未成貝がもう一つあるのだけど、
思い切り集合させるの忘れてました。もう撮り直すは面倒過ぎるし未成貝だし
もういいや(泣) あと、いやに黄色い一つポツンと離れた変なのがありますが、
コレについては後程。

続き…

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ