03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2019/02/02//Sat * 23:12
●○interlude #04

interlude #0401
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

これまでに何度か書いていると思いますが、私の興味の対象はあくまで自分で
見つけたモノであるため、購入したモノはとても少ないです。特に壜は余程の
ことがない限りは(資料用に購入とか)手を出しません。が、極稀に何かしらの
琴線に触れるモノがあったりすることがあります。写真は、そんな手を出して
しまったヤツらの中から、既にブログに載せてるコレコレコレコレ以外
で、まだ一度も紹介していないブツの内、ガラスモノだけ記念写真です。こう
でもしないと恐らく一生日の目を見ないかもしれないので。実はもう一つ購入
モノのジュース瓶があるのですが、高さが合わなくて写真にどうしてもうまく
収まらず、面倒になって除けてやりました。いつか機会があれば日の目を見て
戴きませう。この中での琴線モノは四つだけであり、後は全て資料用と思って
購入したものです。非常に少なくてしかも高いモノは皆無。ちなみにこの中で
一番の高額品は、左端のコップです。

資料用の壜については特に書きませんが、琴線モノをちょこっとだけ。
右端から二番目の「ボンカール」ってエンボスが入ったヤツ。大和の骨董市で
見つけました。コレはもうただ名前がその場で超絶ツボってしまって、思わず
店番に幾らか聞いたら思っていた値の三分の一だったのでそのまま連れ帰ると
いう暴挙に出ました。こんなラベルがなくて、購入でしか絶対に手に入らない
って訳じゃない壜には基本手を出すことがないので、自分で自分に呆れた次第。
中央辺りにあるSANKYOの見本壜。これは通販です。コレの箱説明付が恐ろしく
安くて速攻買おうとした訳です。そうしたら無情にももう在庫切れのメールが
来ました。でもネット画面上ではまだ在庫有り状態だったので、未練がましく
再度購入をしてみたら、お店の人が憐れんでくれたのか、この時他にも何点か
購入した品に、「箱有りのヤツの在庫はなくなってしまいましたが、壜単体の
モノが二つありましたので、サービスでお付けします」と、この箱なしの壜を
二つともサービスしてくれたのです。これは嬉しかったし、到着したこの壜の
かわいさ破壊力はハンパありませんでした。改めて箱説明書付きのヤツが益々
欲しくなってしまって弱りました。
SANKYOのすぐ左隣、ラベル付きのコルク壜ですが、これは左斜め後ろにある紙
ケース入りの壜でした。秦野市の骨董市でこのケースを見つけ、開けてみたら
この壜が出て来て何故か非常にツボ入りました。でもちょっと思ったより高く、
手に持ったまま悩んでいたら、店の親父さんがこちらは特に何も云っていない
のに勝手に値段を下げてくれて、連れ帰るオチになりました。
そして一番左端。これは結構最近、先月の後半に上野の不忍池で何軒か骨董の
露店が出ていたところを通りがかった時に見つけました。見つけた瞬間、品の
いい感じの色合い、薄くて気泡が細かく散り儚げな佇まいに一瞬で参りました。
ただ思ったより値が高く、非常に悩みました。しかしこれをまた元に戻したら
すぐに他の人に持って行かれそうな気がしてずっと手を離せない状態に・・・
案の定すぐ他の客のおじさんから「何それウランか?」とか声をかけられたり
して油断なりません。ウランだったら安いので多分違うと思うけど、ウランで
なかったらちょっと微妙に悩ましい金額設定。で、結局はこの写真に納まって
いるのでした。ブラックライトを当てるまでは相当ドキドキしましたが、結果
は儚くぼんやり緑に光っただけで残念でした。まあウランがどうよりも見た目
でいきなりツボ入ったので、全然ガッカリしませんでしたが。いやあ、ホント
いい感じだし、ワクワクしました。

以上、私にしては珍しい購入モノのお話でした。おしまい。




2018/10/29//Mon * 20:40
●○元禄

元禄01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

でももう一つ位は連続でUP」の予告通り、もう一つ位UPさせていただきます。
前回に引き続いて、昨年の二月に体験したBDモノの中の一つです。コレコレ
と同じヘアカラー系(身も蓋もない云い方だと白髪染め)の内の一つ、元禄です。
1921~1993年までの長い間販売されていたので、結構壜の種類は多いのですが、
私が見つけたのは比較的新しいタイプのヤツでしょう。というか、相当新しい
壜なのではないか?

続き…


2018/08/17//Fri * 23:03
●○捩じりっこ大集合

捩じりっこ大集合01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

大集合とか壮大なタイトルを謳っている割には三つですけど。
そんな訳で、今回のは捻じれているのがテーマってことで一つ。こういう風に
捻じれているヤツってもうちょっと持っていたかな?と探したのだけど、結局
この三つしかありませんでした。そういえば、捻じれた目薬の壜があったけど
アレは三月にUPしてましたし。
という訳で、捻じれ三種です。左と右は恐らく化粧品関連の壜と思うのですが、
真ん中がよく判らない。口がスクリューじゃなく、蓋をパチリと嵌めるような
感じ。何となく調味料系なのかな?と思わせます。三つとも文字のエンボスは
一切なしです。

続き…


2018/07/11//Wed * 23:45
●○シーグラス

シーグラス01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

手持ちのシーグラス、これで全部です。
浜拾いを始めて遂に六年が経過しましたが、それでこの量って一体どれだけの
少なさなのか。ちょっと笑える位の少なさ。まあ、原因はハツキリしています。
ただ単にシーグラスに対する興味度が薄いからです。ただ、何となく漂着物を
見つけると結構何でも拾う性質があるため、見つければ拾わないこともないの
ですが、元々私が行く海岸にシーグラスが殆ど打ち上がらないので、相乗効果
が最大限に発揮され、この体たらくな訳ですね。当然の如く、レアな色も特に
見当たりません。至って普通のヤツで茣蓙居ます。形も悪い。

続き…


2017/06/18//Sun * 23:04
●○ブタさん

ブタさん01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

一体、拾いモノはどうなってしまったんだ!何時からインテリア雑貨ブログに
なってしまったんだ?とお嘆きの貴兄に。ご安心ください、トドメのもう一発
です。しかも今度のはレトロ物体ですらなく、現行品の購入品という踏み外し
加減が清々しくさえあります。でもこれなら、無味乾燥な現代においては存在
そのものがレトロな感じ!と胸を張って云えるのではあるまいか?

そんな訳で、これぞザ・ニッポン的なアイテム、豚さん蚊遣りをどうぞ。
日本人、それもある程度歳行ってる方々ならコレを知らぬ!なんて人は一人も
いないのではないか?という位、夏の定番中の定番なんじゃないでしょうか。
しかし、そんな定番中の定番な物体を、今まで使用したことは一度もなかった
のでした。それが、やはり何かレトロ物質を検索していて偶然ぶたさんと目が
合ってしまい、無性に使ってみたくなり、ようし!この夏は蚊取り線香を焚き
まくりだ!というレヴェルにまで達してしまったのでした。そういえば蚊取り
線香自体も長らく焚いてなかったから、あの懐かしい夏の匂いを久々に嗜むと
いうのもいいのではないのですか?

続き…


2017/06/09//Fri * 23:31
●○金魚玉

金魚玉01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

私にとっては非常に珍しい、骨董市での購入モノでも一つ。約二ヶ月前に大和
古民具骨董市で手に入れました。
と云っても、私が骨董市で何かを購入すること自体はそこまで珍しいことでは
ありません。資料用に箱ラベル付き壜とか、何か面白い変なモノとかはたまに
手を出します。今回珍しかったのは、この物体自体に妙に惹かれたこと、また、
この物体が1000円以上もしたのに手を出したことでした。非常にみみっちくて
遣る瀬無い話になりますが、こういった場で1000円以上するモノは急に食指が
動かなくなるという、エコな性質を私は持っています。欲しい本とかには意外
といい金額を出したりするので、全くエコではないな。そんな意味不明な性質
を持っている私も、この物体には負けました。つい手を出してしまったのです。
いやあ、全くもってエコじゃないですね。私は一体エコじゃない話を書こうと
思ったのだったかな? いや、違うと思う。

続き…


2017/03/10//Fri * 19:43
●○無銘 027

無銘 02701
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

先日のボトルディギング(以下BD)の成果ですが、一部を除いてほぼ洗浄を終え
ました。このブログでは、拾った壜を拾った順にUPするのをルールとしている
んですが(厳密ではないです)、そんな悠長なことをしてるとこの人たちの登場
まで二年以上かかる可能性が大変高く、それではあまりに切ないので、今まで
拾った壜たち(海モノ)と並行して今回のBDモノの一部を少しずつUPして行こう
かと思います。その他のヤツは追々と・・・ こんなことをしていたら、順番
待ちになっている海モノ壜たちの登場が益々遅くなってしまいますけど、まあ
致し方なし。テツは熱いうちに踏んだら熱いよ!です(違)

そして記念すべきBD初モノは、「糊壜らしきもの!」です。せっかくの初モノ
なのに、ハッキリした○○です!と紹介出来ないのが如何にも歯痒いですけど、
何の用途のモノなのか判らないので致し方なし。糊、化粧品、軟膏、染料等々
何にでも取れそうです。一体結局これは何だったのか!
初モノは右側のヤツ。左側のはその時掘られたモノではなく、惑星さんからの
プレゼント品です。大きさも同じ位で、比較としてもよかったので、記念撮影。

続き…


2016/12/30//Fri * 18:11
●○無銘 026

無銘 02601
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

口欠け、全体的に擦れ擦れで、それでも壜の体裁を保っているという、まさに
海モノの風格を持った小壜で、今年最後の更新としたいと思います。

・・・なんて、去年の最後の記事と全く同じ文を使用。特に狙った訳ではない
けど上記の文の通りの壜だし、何と色まで同じグリーン。自分でUPしておいて
なんだけど、ちょっと驚きました。

続き…


2016/11/23//Wed * 23:11
●○ガラス栓

ガラス栓01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

2015年の3月から5月にかけて同じ海岸でポツポツと拾え、その後はパツタリと
見かけなくなったガラス物。不思議なことに3月以前、5月以降では一切見つけ
られていないので、丁度この期間中まとまって海中とかの一箇所にあったコレ
が、何かのきっかけで打ち上がるようになり、その後その資源が尽きたのかも。
これらを拾えてた頃は、この浜に行くとポチポチと拾えてたので、お?ここの
名物か何かなのか? よし、壜に貯めてヂャラヂャラ謂わせよう! と、五つ
拾った時点で壜を用意してこの五つを入れたのはいいのですが、それ以降一つ
も増えやしない。ヂャラヂャラ謂わせるの件は、開始時に終息していたという
何とも絶妙な結果に。こんな様を俗世間では「虚しひ」というのですか?

続き…


2016/10/11//Tue * 23:37
●○月星印 食用色素

月星印 食用色素01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

そんなに状態はよくないんですが、かなりお気に入りの壜です。
「月星印 食用色素」という、心をくすぐるエンボスが大変よろしい。月星印
で真っ先に思い浮かべるのは、私的には靴ですが、多分今回のコレは全く関係
ないでしょうね・・・

この壜、惑星さんのブログでUPされていて、くもりのない数段きれいなブツを
拝めます。うをー、いいなあ!って指を咥えたりしました。この時、この記事
に「私も拾っています」というようなコメントをさせて頂いているのですけど、
それが去年の10月! もう一年も経ってようやくのUPです。しかも拾ってから
一年半位経っているので、UPまで随分かかったな…と感慨深かったりします。

続き…

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ