06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2018/05/14//Mon * 00:14
●○小原

小原01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

アンニュイな午後シリーズ(いつの間にそんなシリーズが?)最終回。恐らくは
みかん水と思われる形状の壜二つです。いや、もう「みかん水」の壜です!と
断じてしまっていいのではないか。っていうか、コレみかん水ですよね。もし
違うというのなら一体何の水だというのか。

この二つの壜は同じ日に拾った訳ではないのですが、ほぼ同じ場所で数ヶ月の
時を経てそれぞれを拾ったという、中々の赤い糸的な関係なのです。

続き…


2018/04/04//Wed * 23:32
●○五勺 全乳

五勺 全乳01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

そして二つ目に行きます。正直、嬉しいを通り越して驚きの一品。こんなのを
果して私なんかが拾ってしまってもいいのであらうか。何か悪いことが起きる
のではあるまいか。駅を歩いていて向こうから来た人を避けようとお互い同じ
方向に動いてしまうことを二回も繰り返しお互いに苦い笑い。とか。
・・・という位、私がエンボスの入った古い壜を拾うことって珍しいのですよ。
これまで拾った歴代の壜の中では、間違いなく五指に余裕で入るオオモノです。
コレをきっかけに、何か間違ってこんなオオモノばっかり連発して遭遇すれば
いいのにな・・・

そんな訳で、機械栓の牛乳瓶です。瓶の反対側にも文字がエンボスされており、
手前と重なってしまって見難いので、絞りを開いて反対側の文字をぼやかして
みたけど、これでも少し見難いですね・・・ 「五勺 全乳」って文字です。

続き…


2018/02/09//Fri * 21:07
●○共三商店

共三商店01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

最近は、拾いモノ人工物のUPが遅々として進みませんが、去年八月にUPのHime
から始まった2015/08/27に木更津で拾ったシリーズの残りを、パシパシッとUP
してしまいましょう。コレを含めて後二回です。っていうか何でこんな時間が
かかっているのか。自分で云うのもなんですが、何というか酷い話です。

所謂、貧乏徳利とか通い徳利とか云われているヤツです。前回のブツには敵い
ませんが、コレも中々大きくて室内での撮影に持て余したため、仕方なく外に
撮りに行きました。達筆なため本当に「共三商店」なのか自信がありませんが、
恐らくそう書いてあるのでしょう。

続き…


2018/02/03//Sat * 23:23
●○果実酒とか漬けそうな瓶

果実酒とか漬けそうな瓶01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

うん、タイトルが全てを表しているのではないかと思われます。もう誰がどう
見ても見なくても果実酒を漬けそうですよね? そして、写真ですと比較物が
ないので大きさが全然判らないと思いますが、これがとっても大きいのです。
蓋無しの高さ約26cm、蓋の出っ張りを入れると約30cm、幅約18.5cmという私の
手持ちガラスにしては破格の大きさ。何だよ?果実酒でも漬けるんか?という
疑念が当然沸いて来るんだと思いますが、漬けません。因みにコイツは海モノ
でもディグモノでもありません。購入モノです。そして、カテゴリは一体どう
したもんかと困り果てた上で、飲料にしてみましたが、なんか違うような。

続き…


2017/04/30//Sun * 21:04
●○ニッキ水

ニッキ水01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

私が浜拾いを始めてから今までの間に、只一度きり遭遇したニッキ水の壜です。
ニッキ水はネットを覗けばそれこそ星の数程ヒットし続け、壜コレクターの間
でもさぞ熱いモノが駆け巡っているであろう筈の種類の壜です。ですがそんな
熱いモンは大抵私に関係して来ることはありません。壜マニヤたちが見向きも
しないような微妙壜にばかり遭遇し、それをそっと懐に仕舞ってゐるをとこの
宿命とでも云いましょうか。ですが稀に何を間違ったのか、出遭うことがあり
ます。今回のコレもその内の一つ。ニッキ水壜をコレクトしている方たちには
特に感慨も沸かないようなスタンダードなひょうたん型でしょうけど、これを
見つけた時の興奮度MAX具合といったら。何しろ人生初です。仕方ありません。

続き…


2017/02/04//Sat * 19:54
●○大日本麦酒

大日本麦酒01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

何度撮り直してみても色んな場所や条件で試してみても、全然うまく撮れない。
撮る度にこのセンスのなさは一体どうか?と、思ふばかりなり。結局、一度も
まともな写真なんぞ撮れやせず、かなりどうでもよくなったため、諦めました。
なんて云うか、何でこうでかい瓶ってこんなに写真撮るの難しいのか。いつか
もう少しマシな写真が撮れたら是非差し替える所存ですが、そんな日はきっと
やって来ないのでしょう。       - - お・し・ま・い - -

続き…


2016/03/06//Sun * 23:02
●○汽車茶瓶

汽車茶瓶01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

前回の薄ピンク変壜を拾った後のこと。
泥から茶色っぽい陶片らしきものが覗いていたので「なんだこれは?」と摘み
上げてみたら、まるっと破片ではない何かが現れてビックリ。コレを見た時は
何だ?湯呑み?と思ったのですが、カクッとしてるので何か違う。泥を払って
行くとおぼろげに正体が判って更にビックリ。汽車茶瓶じゃないですか!
まさかこんなものが壜探しで見つかるとは。当然この日の一番の大物であるし、
およそパッとしない私の拾いモノ人生の中でも結構な御手前で御座います。

続き…


2016/01/14//Thu * 00:01
●○紅緑

紅緑01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

光を透過しないヤツは、一体どうやって撮ればいいのか悩ましいですな。
って訳で今年初UP壜の部は、なんだかおめでたそうな色合いの湯呑み茶碗とか
行ってみようと思います。まあ壜の部といっても陶磁器だし、もうおめでたい
ような期間もとうに過ぎ去っていると思いますけど。

両方ともいたって普通の湯呑みであり、見つけた時は連れ帰るかどうか大変に
悩みました。ただ何となくほぼ欠け無しの茶碗とかを見つけるのが珍しかった
ので、何とはなしに連れ帰っていたという次第。どちらかというと「緑」の方
が繊細な感じを受けないでもないです。正直に云いますと、両方の内どちらか
一方しか拾ってなかったらUPはしていなかったのではあるまいか。

続き…


2015/04/22//Wed * 22:22
●○ジュースたち

ジュースたち01
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

ジュースの瓶たち。大きいし、殆どがプリントで消えてしまって見えないし、
海モノだから擦れ擦れだし、正直持ち帰ろうかいつも悩みますが、結局は持ち
帰って来てしまったのがこの五つ。でも置き所に困っています。この前海岸に
コカ・コーラのプラケースが打ち上がっていて、嗚呼こういうのに大きい瓶を
収納するってのがいいのではないか?と思い立ちました。でもこの時は車じゃ
なかったためプラケースを持ち帰る手段がなく、泣く泣く諦めました・・・
お願いですから、車で海に行った時にプラケースは打ち上がっていて下さい。
木のケースならもっと歓迎でございます(誰に云ってるんだ?)。

続き…


2015/01/11//Sun * 20:27
●○クロレラ生菌ヤクルト

クロレラヤクルト01
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

何か面白い写真にしようと試行錯誤してみましたが、なんだか微妙に瓶同士の
間隔が開いている微妙な写真に・・・ 力尽きたのでこれでいいやもう。

続き…

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ