07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2017/08/21//Mon * 22:11
●○無銘 028

無銘 02801
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

壜の世間一般(どんな一般なのか)ではよく話題になる茶筋。この茶筋には壜を
拾い始めた当初から密かに憧れていました。ガラスの質が良くなくて、他の色
が混ざったり異物が混入したりとか、現在の製びんにはあり得ない状況が浪漫
ですよね。ところが、私にはこの茶筋というモノには全く縁がなくて、敢えて
茶筋が入っている壜を避けて拾って来たんじゃないか疑惑が立つ程、この手の
モノを拾えたことがなかったのでした。
そんな私にも春が来たのが(夏ですが)一昨年の八月。遂にヤリました! 正に
コッテコテのヤツ。今まで見つけられなかった分を取り戻すかのような趣きを
醸しています。ようし!それではこのまま茶筋捲るんだららら~♪と思いきや
一つも見つけることが出来ず、結局この壜以外に茶筋モノにお目にかかること
が未だに出来ていません。ニッキ水と同じく、一期一会系です。

そしてこの壜、濃い黄緑色をしていて光を少々通し難く、写真撮影にはかなり
困りました。普通に撮ると面白みが全くないのです。散々考えた末に、こんな
感じで撮ってみました。模様が結構よくて、写真では判り難いけど、四足の獣
的な模様を形成しています。

続き…


2017/08/07//Mon * 00:27
●○Hime

Hime01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

久々に海で拾った壜を、また幾つかUPしようかと思います。
どれ位久々というと、実に三ヶ月強振り! こんなスローペースじゃ、きっと
全部UPし終わるまでには飽きてしまって、ブログを辞めてしまっているような
気がしないでもないです・・・ この壜でさえもう二年前に拾ったヤツであり、
今後ももっと拾った日とUP日が開いて行くのでしょう。だがしかしこのペース
以上の速度は出すことが出来ないので致し方なし。

その久々の海モノ壜一発目は、何らかの化粧品っぽいアラバスターガラス系の
ヤツです。アラバスターガラスって、撮るのが難しくていつも困ります。とは
云っても、今までそれ系の壜をUPしたのはまだたっただけなんですけどね。
何が難しいって普通のガラスと違って光の透過が鈍いので、普通に撮ると全然
面白くない写真になるのですよ。今回は、思い切り露出をオーバー気味にして
みました。何となく半透明感が伝わるといいのですが。

続き…


2017/07/07//Fri * 22:44
●○ピカソ葉緑素アストリンゼント

ピカソ葉緑素アストリンゼント01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

今年二月のBDモノをもう一発やっておきましょう。
これはmaicaさんが掘り当てたブツです。いらないあげる!って感じでポイと
手渡され、「ひぃ~!」心で叫びました。私が浜拾いを始めて初めて拾った壜
が、モナ葉緑素アストリンゼントの見本壜。コイツの素性をWebで調べてると、
「葉緑素アストリンゼント」の部分が被るためか、よくヒットしてアピールを
してくるピカソ葉緑素アストリンゼントというのがありました。この名と壜の
形が焼き付いてしまい、比較的早い段階から見つけてみたいなあなどと思って
いたブツだったんですが、ずうっと縁がなかったのです。まさかこんな唐突な
展開があるとは。もう「ええ?いいんですか?いいんですか?」と二度程聞き
返してしまいました。何せ小さいモノ好きなmaicaさん、これが何故いらない
のか全く不明でしたが、いらないというなら受け取ってしまうしかありません。
この時、惑星さんが「ええ?私、欲しい!」とならず、何故か反応が薄かった
ので、晴れて私の元へ。恐らく見本壜をコレクトしている今のmaicaさんなら、
私に手渡されることはなかったと思うし、惑星さんも後でやっぱり悔しがって
いたので、この壜が手元に来るのにかなり細い綱渡りだったのでしょう。縁と
いふものは不思議なもので茣蓙居ます。

続き…


2017/04/15//Sat * 23:41
●○SANKYO

SANKYO01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

大分空いてしまいましたが、時を二年前に戻してまた、その時拾ったヤツらの
UPを少しします。いやあ、進まないですねえ。あはは。わはは。がはは。

チョッと個性的な壜。男性用トニックらしいです。服を着た人型のような形を
しています。満身創痍気味なので、ヨレヨレな服、といった風情でもあります。

続き…


2016/11/18//Fri * 23:11
●○資生堂 BeautyCall

資生堂 BeautyCall01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

何となくそこら辺に転がっていそうな古くなさそうな装いなのに、全然情報が
見つからない謎の小壜です。ちゃんと残っているプリント、蓋にはキッチリと
資生堂マーク、底にはSAMPLEのエンボス。コレだけの情報があれば一発ですよ
一発!とばかりにネットで探し捲くりましたが、結局この壜は何かというのは
判らず仕舞い。狐に抓まれたような気分です。BeautyCall・・「美を呼ぶ」と
いうような意味なんでしょうか。中々明快でよい名ではないのですか?

続き…


2016/11/07//Mon * 13:27
●○千代田ポマード

千代田ポマード01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

インターネット検索中に偶然画像を見つけ、その妖しい雰囲気に一発で惹かれ、
ずっと拾うことを願っていた壜です。千代田ポマードを画像検索しても、その
画像の記事の他には一つもこの壜が見つからない。違う形の壜が見つかるだけ
です。心情的には、憧れである神薬の壜よりも見つけてみたい壜でした。その
記事を見てから後、この壜の欠片を見つけた時には騒然となりました。そして
遂に! まるっと丸ごとこの壜を見つけることが出来たのです! ずっと拾い
たいと思っていて、未だに拾いたいと思う一品で茣蓙居ます。って、え?

続き…


2016/06/23//Thu * 20:04
●○資生堂 DELUXE

資生堂 DELUXE01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

資生堂ドルックスシリーズの、モイスニング、ナリシング、ナイトのいずれか
のクリーム容器かと思われます。ネットで調べて行くと、みなこの形の容器に
入っているように見えるので。多分、それぞれ同じ容器を使用していたのでは
ないのか。そして蓋だけそれぞれの名前になってるのでしょう。それと1960年
辺り位の年代でのCM動画でこの形の容器が映っていました。おっきいのは通常
の製品、ちっこいのは見本品でしょう。

続き…


2016/05/27//Fri * 17:59
●○お化けマーク

お化けマーク01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

前回のポッカレモンに続いて出土した、全くの謎の壜。一緒に写っている蓋が
被ったまま土から半身を現していたのだけど、この蓋が全くキツチリと閉まら
ない。それもその筈、蓋の内部にはネジ切りがないのだから。カパカパである。

続き…


2016/05/05//Thu * 00:38
●○YAETUBAKI

YAETUBAKI01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

漢字で書くと「八重椿」なんでしょうか。菱形のようなカットが入った、中々
凝った造形。二重に見えるのは、裏も同じカットが入っていて、少し斜めから
撮っているから。ガラスは厚くて重く、ちょっとした重厚感があります。さて、
これは椿油なのか。そんな感じの壜には見えませんが。

続き…


2016/04/30//Sat * 21:43
●○無銘 021

無銘 02101
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

名も無き化粧品の壜(推定)たちを四つ程並べてみました。
名も無きというのはそのまんまであり、どの壜たちもどこを見回しても数字の
一つすらエンボスがなく、清々しいことこの上ないご様子。ただ見た目だけで
これは化粧品の何かだろうと、化粧品カテゴリに入れてみました。
どの壜も気泡は殆どなく、多分昭和の中頃以降のあまり古くないモノだろうと
思うのだけど、こういうのを見かけると何となく連れ帰って来てしまいます。

続き…

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ