06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2018/07/16//Mon * 23:21
●○15・20

15・2001
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

タイトルの通り、左が15で右が20です。
何だソレ?何云ってんだか意味不!とか思われる方が大多数かと思われますが、
意味はすぐ判りますので、焦ってはいけません。一見茶色のバイアルっぽい壜
に見えても、何となく古そうな感じは写真からも判るのではないかと。写真的
には、上の板の継ぎ目と壜の口の縁が重なってしまって、やたらへぼい状態に
なってしまってますが、もう撮り直す気力などないし!ってことで、このまま
えいや!しました。

続き…


2018/05/03//Thu * 22:22
●○ブラウニーズ

ブラウニーズ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

さて、最近はすっかり緩い時系列シリーズを粛々と進めてみましょう。
二年前のあの日、ラストから約二週間後、同じ海岸で拾ったヤツがこの写真の
左端のヤツ。この日はこの壜の他に三つ拾っていて、その内の一つはこの次の
記事で紹介予定。他の二つは既にコレコレの記事で紹介済み。似たモノ同士
でまとめて記事を書くことが結構あるため、時系列が色々とブっ飛ぶ寸法です。
今回はアンバーなヤツらでまとめようとしたため、この写真の他の二つはまた
別の次元からやって来ました。そして、タイトルなんて付けようかと悩み捲り、
ようし、じゃあブラウンズだ!と思いついたら既に使っていたため、ちょっと
捻ってブラウニーズにしてみました。って、何となくブラウンと似ているだけ
じゃないですか! これでは、ブラウニーで検索した方々が引っ掛かりますな。
辿り着いてみると、凡そブラウニーとは関係ない茶色い壜が三つばかり並んで
いるだけという。地獄絵図ですよ。
という訳で、ブラウニーで検索した方々、大変申し訳なく。お菓子系とは全く
関係もない、ただの空きビンペエジで茣蓙居ます。あと、ついでにドラクエで
ブラウニー検索して辿り着いた方々も、大変申し訳なく。結局名前直さないし。

続き…


2018/03/19//Mon * 23:58
●○ROHTO

ROHTO01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

さて、モノのついでに目薬の残り二つをUPしてしまいましょう。
あれ?二つと云ってるのに三つあるし、しかもちっとも目新しくもないロート
じゃないか。と思われる方も多数いらっしゃることでしょう。まあ私の手持ち
目薬なんてこんなもんですし、私にとっては数少ない貴重な目薬壜の内の一つ
なので、お許しアレ。因みにこの三つの内、右端は以前にUPしているヤツです。
新顔は残り二つがそうで、しかも真ん中のヤツは以前にUPしたヤツの大きさが
違うだけで同じヤツっぽいですが、左端は少々違います。そう、今回の主役は
この左端のヤツなのです。何が他の二つと違うかお判りになりますでしょうか。

続き…


2018/03/16//Fri * 00:01
●○無銘 030

無銘 03001
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

そういえば、昨年の二月に唯一経験したBDの成果がまだちょっと残っているの
だけど、UP忘れてたな。じゃあUPしようかな。何をUPしようかな。とか悩んだ
挙句、じゃあ唯一発掘した目薬を載せるか。そうしよう。あ、それならついで
に、まだUPしていない目薬が少し残っているからついでに一緒にUPしてしまう
かなあ。ということで、あと少し残っている内の何もエンボスが入っていない
ヤツらを一緒にUPしてみませうか。エンボスが全くないので、どこの何という
目薬なのか、一切不明。尤も有名どころのロートとか大学とかそういったモノ
以外のヤツらなんて、エンボスが入ってたって何モノなのか一切不明ですけど。

続き…


2017/04/21//Fri * 21:27
●○加藤翠松堂

加藤翠松堂01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

加藤翠松堂。むーん。読めん。普通読めないですよね。正解の読みを知るまで
は、「かとうひさまつどう」って堂々と読んでました。堂々と(泣) だいたい
「翠」ってそもそも「ひさ」とは絶対に読まなさそうだけど、何故「ひさ」と
読もうとするのか自分。自分の謎百不思議の一つです。こんなこと書いてたら、
世界百億万の人たちに「かとうひさまつどう」が刷り込まれるに違いないな。
こんな迷惑な文章、見たことがありません。
そんなかとうひさまt加藤翠松堂、カトウコロダインとかハウト液とかで壜人
たちには有名なようですが、そこは私。同じ加藤翠松堂でも、そんな有名なの
拾える訳がありません。コレ見た通り、ロゴから加藤翠松堂ってのは判ります。
が、それ以上の何モノでもなく、つまり一体何の壜なんだ?

続き…


2017/03/25//Sat * 22:27
●○Jintan11

Jintan1101
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

BDモノ第三弾。これで小ハケと呼ばれてたハケからの成果が一段落です。
この壜は、あのお二方のどちらかから「はいっ」って感じで手渡され、いつの
間にか私の手中に納まったブツです。まあ、こんなパターンが幾らでもあって、
結局私が独力で掘り出したモノなんてもんはホンの少しなんですけどね。
ちょうど掌(たなごころ)にピツタリ収まる収まり感が、何とも云えずいい感じ
の壜で、今では中々のお気に入りになっています。蓋があればなあ・・・

続き…


2017/03/19//Sun * 17:41
●○星製薬

星製薬01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

初BDの成果二番手行きます。この壜は口にヒビがあるし洗浄したら肩に小さな
ヒビが入るし内側の白い汚れが取れないしという、単体で撮るとどうにも写真
がショボかったので、今までUPして来た一部の薬壜たちを背景に従えて、豪華
っぽい感じを狙ってみました。何となくそれぞれがショボ目でも、寄り集めて
多数で勢いでやってみたら、お?何だか分かんないけど皆よく見えるんじゃね?
的ななし崩し的な。こういうのを相乗効果といいますね。このど真ん中の一番
小さなヤツが今回の主役で、他のはただの賑やかしです。

続き…


2017/02/24//Fri * 23:34
●○わかもと

わかもと01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

壜を愛好する人たちの間では、恐らく知名度が半端ないであろう、「わかもと」
の壜です。しかも現在でも「強力わかもと」の名で強力に販売されてる超有名
な胃腸薬。名前を聞いたことがないなんて人はこの世にいないのだろう。私と
しては、強力わかもとの錠剤壜しか知らない世代なので、昔はこんな壜だった
のだなあ・・などと、ちょっぴりメランコリック(全く意味が分からないが)。

続き…


2016/10/17//Mon * 00:01
●○無銘 025

無銘 02501
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

何の変哲もない、というにはちょっと惜しい感じの多分薬壜です。少しは変哲
がある、といってもいい気もしなくもありません。広めの口は液体じゃなくて
多分錠剤が入っていたのかな。形はあまり見ない四角柱。円筒形の薬壜は山程
見るけど、こういう四角いのは殆ど目にしたことがありません。以前にUPした
第一製薬の壜がコレと同じタイプですが、こちらの方が無骨な感じを受けます。
何の会社のどんな用途のモノなのかは、何一つ文字がないので不明。何となく
昭和中期の頃のものかな?と想いを馳せるのみ。面白い形の、大き目な気泡が
ポツンとあるのがかわいらしいです。

続き…


2016/09/28//Wed * 22:57
●○強力リバ液

強力リバ液01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

ちょっとした番外編を一つ。
浜拾いモノでもなく、かといって購入したモノでもありません。家の隅に追い
遣られ今は使用していない救急箱から出て来た、一見何の変哲もない薬壜です。
何となく昭和ちっくな匂いを感じませんか? だがしかし、もしこれが骨董市
とかで200円とかで売っていたとしても、私ならきっと手を出さないでしょう。
ちょっとだけそそられる部分がないでもないですが、別に欲しいとも思わない
感じですし。でもこんな状況で発見してしまうと、愛着度が半端ありません。

続き…

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ