03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2019/02/25//Mon * 21:54
●○無銘 032

無銘 03201
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

薬壜薬壜と来て化粧品が登場したので、次もそうかと思いきやまた薬壜に戻る。
ですが醫院系と違い、今回の二つは文字ナシです。右側が前回の明色と同じ日
同じ海岸で拾ったモノ。左側は今年の初拾い群で見つけたモノです。この記事
では時系列順の右側の壜だけUPしようと思っていたのですが、左のヤツが似た
モノ同士な雰囲気を持っていたため、折角なので右側とご一緒してみました。

続き…


2019/02/14//Thu * 22:22
●○醫院系 貳

醫院系 貳01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

ん?なんか前回のと同じ写真?とか目を擦ってはいけません。よく見ると全然
違う壜です。という訳で、前回に引き続いて醫院モノを。残りモノは二つだし、
もう出し切ってしまいましょう。前回の壜の一つは2018年に見つけていますが、
なんとそのその三ヶ月後に今回の二つを見つけています。つまり現在の手持ち
が全部で四つの内、三つが2018年産ということ。何なんだこの年は?それまで
ウンともスンとも云わなかった癖に。ちょっと写真では読み難いかも知れない
けど、左が「浅井小児科内科醫院」、右が「佐野醫院」です。当然のことかも
しれませんが、ニヤニヤが止まりませんでした。

続き…


2019/02/09//Sat * 23:27
●○醫院系 壹

醫院系 壹01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

病院名の入った壜は、私の中で憧れの一つであり、よくネット上で見かけては
いつか拾えたら素晴らしいことである。と、しんみりしていたものです。私が
よく行っている木更津の干潟では、名無しばっかりだけど医療系の壜の拾える
割合が高いので、いつかこういうのにも遭遇するんじゃないか?と控え目には
期待していました。そして2016年の初拾いの時(えらい前だけど)、ついに憧れ
の第一号に遭遇したのです。左側のヤツがそれ。ついに醫院の時代がキタっ!
と色めき立ったものですが、次の醫院を拾うまでには二年以上の月日が必要で
あり、特に時代が来たという訳ではなかったようです(泣) ただ、最初に遭遇
した醫院は「白紙醫院」という中々珍しい名前だったので、ニヤニヤしました。
次に遭遇した醫院は「松永醫院」で(写真右)、ニヤニヤしませんでした。勿論
壜自体にはニヤニヤしています。名前にニヤニヤしてないだけです。くどいな。

続き…


2018/08/31//Fri * 00:31
●○オロナインH軟膏

オロナインH軟膏01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

様々な方々が結構ご存じかと思われる、オロナイン軟膏の壜です。勿論現行の
モノではありませんが。オロナイン?何それ?と謂われる方がいらっしゃった
場合は、静かに「残念てす…」と一言呟くのみ。

今回、せっかくアラバスターっぽい壜だし、それらしく美しく見えるよう現像
処理を四苦八苦してみましたが、どんなもんでしょうか。どうもアラバスター
ガラスを撮るのが超絶苦手で、今まで登場させたそれ系の壜たちはそれなりに
イマイチな出来だったのでした。今回はちょつとはマシだったらよいのですが。

続き…


2018/07/21//Sat * 22:37
●○無銘 031

無銘 03101
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

前回記事の茶色っぽいバイアルっぽいヤツ(20の方)を拾った同じ日同じ海岸で
もう一つ素敵ブツを拾ったので、コイツも載せるのを忘れてはいけません。
というより、コイツこそこの日のメインであり、今まで拾った壜の中でも相当
なお気に入りの一つです。一切エンボスもないのですが、正にコバルトブルー
な色と佇まいが、医療系ということをグイグイと主張して来ます。気泡も結構
ポチポチと入っており、きっと病院とか醫院とかの薬品棚に当たり前のように
置かれていたんだな。医療系の器具って、何か一種の冷たさを感じさせる感じ
が好きでして、今回のコイツもかなり堪りませんね全く。

一緒に置かれているビー玉らしき物体は、先日湘南の海で拾ったモノで、別に
大きさを較べるために置いた訳ではなく、壜と全く同じコバルトブルーな色で
あったので、絵になるんじゃないかと目論んだのですが、果たしてさて。

続き…


2018/07/16//Mon * 23:21
●○15・20

15・2001
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

タイトルの通り、左が15で右が20です。
何だソレ?何云ってんだか意味不!とか思われる方が大多数かと思われますが、
意味はすぐ判りますので、焦ってはいけません。一見茶色のバイアルっぽい壜
に見えても、何となく古そうな感じは写真からも判るのではないかと。写真的
には、上の板の継ぎ目と壜の口の縁が重なってしまって、やたらへぼい状態に
なってしまってますが、もう撮り直す気力などないし!ってことで、このまま
えいや!しました。

続き…


2018/05/03//Thu * 22:22
●○ブラウニーズ

ブラウニーズ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

さて、最近はすっかり緩い時系列シリーズを粛々と進めてみましょう。
二年前のあの日、ラストから約二週間後、同じ海岸で拾ったヤツがこの写真の
左端のヤツ。この日はこの壜の他に三つ拾っていて、その内の一つはこの次の
記事で紹介予定。他の二つは既にコレコレの記事で紹介済み。似たモノ同士
でまとめて記事を書くことが結構あるため、時系列が色々とブっ飛ぶ寸法です。
今回はアンバーなヤツらでまとめようとしたため、この写真の他の二つはまた
別の次元からやって来ました。そして、タイトルなんて付けようかと悩み捲り、
ようし、じゃあブラウンズだ!と思いついたら既に使っていたため、ちょっと
捻ってブラウニーズにしてみました。って、何となくブラウンと似ているだけ
じゃないですか! これでは、ブラウニーで検索した方々が引っ掛かりますな。
辿り着いてみると、凡そブラウニーとは関係ない茶色い壜が三つばかり並んで
いるだけという。地獄絵図ですよ。
という訳で、ブラウニーで検索した方々、大変申し訳なく。お菓子系とは全く
関係もない、ただの空きビンペエジで茣蓙居ます。あと、ついでにドラクエで
ブラウニー検索して辿り着いた方々も、大変申し訳なく。結局名前直さないし。

続き…


2018/03/19//Mon * 23:58
●○ROHTO

ROHTO01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

さて、モノのついでに目薬の残り二つをUPしてしまいましょう。
あれ?二つと云ってるのに三つあるし、しかもちっとも目新しくもないロート
じゃないか。と思われる方も多数いらっしゃることでしょう。まあ私の手持ち
目薬なんてこんなもんですし、私にとっては数少ない貴重な目薬壜の内の一つ
なので、お許しアレ。因みにこの三つの内、右端は以前にUPしているヤツです。
新顔は残り二つがそうで、しかも真ん中のヤツは以前にUPしたヤツの大きさが
違うだけで同じヤツっぽいですが、左端は少々違います。そう、今回の主役は
この左端のヤツなのです。何が他の二つと違うかお判りになりますでしょうか。

続き…


2018/03/16//Fri * 00:01
●○無銘 030

無銘 03001
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

そういえば、昨年の二月に唯一経験したBDの成果がまだちょっと残っているの
だけど、UP忘れてたな。じゃあUPしようかな。何をUPしようかな。とか悩んだ
挙句、じゃあ唯一発掘した目薬を載せるか。そうしよう。あ、それならついで
に、まだUPしていない目薬が少し残っているからついでに一緒にUPしてしまう
かなあ。ということで、あと少し残っている内の何もエンボスが入っていない
ヤツらを一緒にUPしてみませうか。エンボスが全くないので、どこの何という
目薬なのか、一切不明。尤も有名どころのロートとか大学とかそういったモノ
以外のヤツらなんて、エンボスが入ってたって何モノなのか一切不明ですけど。

続き…


2017/04/21//Fri * 21:27
●○加藤翠松堂

加藤翠松堂01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

加藤翠松堂。むーん。読めん。普通読めないですよね。正解の読みを知るまで
は、「かとうひさまつどう」って堂々と読んでました。堂々と(泣) だいたい
「翠」ってそもそも「ひさ」とは絶対に読まなさそうだけど、何故「ひさ」と
読もうとするのか自分。自分の謎百不思議の一つです。こんなこと書いてたら、
世界百億万の人たちに「かとうひさまつどう」が刷り込まれるに違いないな。
こんな迷惑な文章、見たことがありません。
そんなかとうひさまt加藤翠松堂、カトウコロダインとかハウト液とかで壜人
たちには有名なようですが、そこは私。同じ加藤翠松堂でも、そんな有名なの
拾える訳がありません。コレ見た通り、ロゴから加藤翠松堂ってのは判ります。
が、それ以上の何モノでもなく、つまり一体何の壜なんだ?

続き…

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ