10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2017/08/21//Mon * 22:11
●○無銘 028

無銘 02801
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

壜の世間一般(どんな一般なのか)ではよく話題になる茶筋。この茶筋には壜を
拾い始めた当初から密かに憧れていました。ガラスの質が良くなくて、他の色
が混ざったり異物が混入したりとか、現在の製びんにはあり得ない状況が浪漫
ですよね。ところが、私にはこの茶筋というモノには全く縁がなくて、敢えて
茶筋が入っている壜を避けて拾って来たんじゃないか疑惑が立つ程、この手の
モノを拾えたことがなかったのでした。
そんな私にも春が来たのが(夏ですが)一昨年の八月。遂にヤリました! 正に
コッテコテのヤツ。今まで見つけられなかった分を取り戻すかのような趣きを
醸しています。ようし!それではこのまま茶筋捲るんだららら~♪と思いきや
それ以降現在に至るまで一つも見つけることが出来ず、結局この壜以外に茶筋
モノと呼べるモノにお目にかかることが全くもって出来ていません。ニッキ水
と同じく、一期一会系です。

そしてこの壜、濃い黄緑色をしていて光を少々通し難く、写真撮影にはかなり
困りました。普通に撮ると面白みが全くないのです。散々考えた末に、こんな
感じで撮ってみました。模様が結構よくて、写真では判り難いけど、四足の獣
的な模様を形成しています。

続き…


2017/08/07//Mon * 00:27
●○Hime

Hime01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

久々に海で拾った壜を、また幾つかUPしようかと思います。
どれ位久々というと、実に三ヶ月強振り! こんなスローペースじゃ、きっと
全部UPし終わるまでには飽きてしまって、ブログを辞めてしまっているような
気がしないでもないです・・・ この壜でさえもう二年前に拾ったヤツであり、
今後ももっと拾った日とUP日が開いて行くのでしょう。だがしかしこのペース
以上の速度は出すことが出来ないので致し方なし。

その久々の海モノ壜一発目は、何らかの化粧品っぽいアラバスターガラス系の
ヤツです。アラバスターガラスって、撮るのが難しくていつも困ります。とは
云っても、今までそれ系の壜をUPしたのはまだたっただけなんですけどね。
何が難しいって普通のガラスと違って光の透過が鈍いので、普通に撮ると全然
面白くない写真になるのですよ。今回は、思い切り露出をオーバー気味にして
みました。何となく半透明感が伝わるといいのですが。

続き…


2017/07/07//Fri * 22:44
●○ピカソ葉緑素アストリンゼント

ピカソ葉緑素アストリンゼント01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

今年二月のBDモノをもう一発やっておきましょう。
これはmaicaさんが掘り当てたブツです。いらないあげる!って感じでポイと
手渡され、「ひぃ~!」心で叫びました。私が浜拾いを始めて初めて拾った壜
が、モナ葉緑素アストリンゼントの見本壜。コイツの素性をWebで調べてると、
「葉緑素アストリンゼント」の部分が被るためか、よくヒットしてアピールを
してくるピカソ葉緑素アストリンゼントというのがありました。この名と壜の
形が焼き付いてしまい、比較的早い段階から見つけてみたいなあなどと思って
いたブツだったんですが、ずうっと縁がなかったのです。まさかこんな唐突な
展開があるとは。もう「ええ?いいんですか?いいんですか?」と二度程聞き
返してしまいました。何せ小さいモノ好きなmaicaさん、これが何故いらない
のか全く不明でしたが、いらないというなら受け取ってしまうしかありません。
この時、惑星さんが「ええ?私、欲しい!」とならず、何故か反応が薄かった
ので、晴れて私の元へ。恐らく見本壜をコレクトしている今のmaicaさんなら、
私に手渡されることはなかったと思うし、惑星さんも後でやっぱり悔しがって
いたので、この壜が手元に来るのにかなり細い綱渡りだったのでしょう。縁と
いふものは不思議なもので茣蓙居ます。

続き…


2017/07/03//Mon * 23:45
●○カゴメケチャップ

カゴメケチャップ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

前回に引き続き、掘り掘り品を。結構浅い位置にあって、熊手をワシャワシャ
とやってたら、すぐ引っかかってゴロりとまろび出て来ました。当然土だらけ。
エンボスも全然判らず口の形状から小さなジュースとかの壜?と思っていたの
ですが、土を払っていったら底にカゴメマークが。おお!カゴメだ! そして
それからもう少し後で側面に縦書きで「カゴメケチャップ」という文字がある
ことに気が付いてしまいました。この時の喜びようといったらもう。惑星さん
がやたらにコイツに対して「何コレ?かわいい~かわいい~!」と連呼してた
のが妙に記憶に残っています。

続き…


2017/06/28//Wed * 22:44
●○みどりーズ

みどりーズ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

最近は、ここが一体何のブログなんだか自分でもイマイチよく判らなくなって
来てましたが、突然我に返りまして、久しぶりに壜といふモノに戻りませう。
過去を振り返ってみたら、壜をUPするのはそれでも二ヶ月振り位なのですね。
今回のは、今年二月に壜掘りして来た分の続き。大ハケと呼ばれていた場所で
出したヤツらです。これから三記事分位はココからのブツをUPしようかと。

そのトップバッター。緑色したヤツらです。俗世間一般的には海苔壜とされて
いるモノたち。海では殆どこういうのにお目にかかったことがなく、今までに
一度だけしか遭遇(まだUPしていないヤツです)したことがない分野です。実は
そんなに強烈に欲しい!と思えるジャンルではないんですが、それでも少し位
は見つけてみたいなって思ってはいたので、その願望がこの時いっぺんに実現
してしまったので、もうこれで完璧コンプリートでしょうか。これだけ色んな
のが出てくれば十分かと。

続き…


2017/06/18//Sun * 23:04
●○ブタさん

ブタさん01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

一体、拾いモノはどうなってしまったんだ!何時からインテリア雑貨ブログに
なってしまったんだ?とお嘆きの貴兄に。ご安心ください、トドメのもう一発
です。しかも今度のはレトロ物体ですらなく、現行品の購入品という踏み外し
加減が清々しくさえあります。でもこれなら、無味乾燥な現代においては存在
そのものがレトロな感じ!と胸を張って云えるのではあるまいか?

そんな訳で、これぞザ・ニッポン的なアイテム、豚さん蚊遣りをどうぞ。
日本人、それもある程度歳行ってる方々ならコレを知らぬ!なんて人は一人も
いないのではないか?という位、夏の定番中の定番なんじゃないでしょうか。
しかし、そんな定番中の定番な物体を、今まで使用したことは一度もなかった
のでした。それが、やはり何かレトロ物質を検索していて偶然ぶたさんと目が
合ってしまい、無性に使ってみたくなり、ようし!この夏は蚊取り線香を焚き
まくりだ!というレヴェルにまで達してしまったのでした。そういえば蚊取り
線香自体も長らく焚いてなかったから、あの懐かしい夏の匂いを久々に嗜むと
いうのもいいのではないのですか?

続き…


2017/06/09//Fri * 23:31
●○金魚玉

金魚玉01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

私にとっては非常に珍しい、骨董市での購入モノでも一つ。約二ヶ月前に大和
古民具骨董市で手に入れました。
と云っても、私が骨董市で何かを購入すること自体はそこまで珍しいことでは
ありません。資料用に箱ラベル付き壜とか、何か面白い変なモノとかはたまに
手を出します。今回珍しかったのは、この物体自体に妙に惹かれたこと、また、
この物体が1000円以上もしたのに手を出したことでした。非常にみみっちくて
遣る瀬無い話になりますが、こういった場で1000円以上するモノは急に食指が
動かなくなるという、エコな性質を私は持っています。欲しい本とかには意外
といい金額を出したりするので、全くエコではないな。そんな意味不明な性質
を持っている私も、この物体には負けました。つい手を出してしまったのです。
いやあ、全くもってエコじゃないですね。私は一体エコじゃない話を書こうと
思ったのだったかな? いや、違うと思う。

続き…


2017/04/30//Sun * 21:04
●○ニッキ水

ニッキ水01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

私が浜拾いを始めてから今までの間に、只一度きり遭遇したニッキ水の壜です。
ニッキ水はネットを覗けばそれこそ星の数程ヒットし続け、壜コレクターの間
でもさぞ熱いモノが駆け巡っているであろう筈の種類の壜です。ですがそんな
熱いモンは大抵私に関係して来ることはありません。壜マニヤたちが見向きも
しないような微妙壜にばかり遭遇し、それをそっと懐に仕舞ってゐるをとこの
宿命とでも云いましょうか。ですが稀に何を間違ったのか、出遭うことがあり
ます。今回のコレもその内の一つ。ニッキ水壜をコレクトしている方たちには
特に感慨も沸かないようなスタンダードなひょうたん型でしょうけど、これを
見つけた時の興奮度MAX具合といったら。何しろ人生初です。仕方ありません。

続き…


2017/04/21//Fri * 21:27
●○加藤翠松堂

加藤翠松堂01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

加藤翠松堂。むーん。読めん。普通読めないですよね。正解の読みを知るまで
は、「かとうひさまつどう」って堂々と読んでました。堂々と(泣) だいたい
「翠」ってそもそも「ひさ」とは絶対に読まなさそうだけど、何故「ひさ」と
読もうとするのか自分。自分の謎百不思議の一つです。こんなこと書いてたら、
世界百億万の人たちに「かとうひさまつどう」が刷り込まれるに違いないな。
こんな迷惑な文章、見たことがありません。
そんなかとうひさまt加藤翠松堂、カトウコロダインとかハウト液とかで壜人
たちには有名なようですが、そこは私。同じ加藤翠松堂でも、そんな有名なの
拾える訳がありません。コレ見た通り、ロゴから加藤翠松堂ってのは判ります。
が、それ以上の何モノでもなく、つまり一体何の壜なんだ?

続き…


2017/04/15//Sat * 23:41
●○SANKYO

SANKYO01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

大分空いてしまいましたが、時を二年前に戻してまた、その時拾ったヤツらの
UPを少しします。いやあ、進まないですねえ。あはは。わはは。がはは。

チョッと個性的な壜。男性用トニックらしいです。服を着た人型のような形を
しています。満身創痍気味なので、ヨレヨレな服、といった風情でもあります。

続き…

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ