04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2017/04/30//Sun * 21:04
●○ニッキ水

ニッキ水01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

私が浜拾いを始めてから今までの間に、只一度きり遭遇したニッキ水の壜です。
ニッキ水はネットを覗けばそれこそ星の数程ヒットし続け、壜コレクターの間
でもさぞ熱いモノが駆け巡っているであろう筈の種類の壜です。ですがそんな
熱いモンは大抵私に関係して来ることはありません。壜マニヤたちが見向きも
しないような微妙壜にばかり遭遇し、それをそっと懐に仕舞ってゐるをとこの
宿命とでも云いましょうか。ですが稀に何を間違ったのか、出遭うことがあり
ます。今回のコレもその内の一つ。ニッキ水壜をコレクトしている方たちには
特に感慨も沸かないようなスタンダードなひょうたん型でしょうけど、これを
見つけた時の興奮度MAX具合といったら。何しろ人生初です。仕方ありません。

続き…


2017/04/21//Fri * 21:27
●○加藤翠松堂

加藤翠松堂01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

加藤翠松堂。むーん。読めん。普通読めないですよね。正解の読みを知るまで
は、「かとうひさまつどう」って堂々と読んでました。堂々と(泣) だいたい
「翠」ってそもそも「ひさ」とは絶対に読まなさそうだけど、何故「ひさ」と
読もうとするのか自分。自分の謎百不思議の一つです。こんなこと書いてたら、
世界百億万の人たちに「かとうひさまつどう」が刷り込まれるに違いないな。
こんな迷惑な文章、見たことがありません。
そんなかとうひさまt加藤翠松堂、カトウコロダインとかハウト液とかで壜人
たちには有名なようですが、そこは私。同じ加藤翠松堂でも、そんな有名なの
拾える訳がありません。コレ見た通り、ロゴから加藤翠松堂ってのは判ります。
が、それ以上の何モノでもなく、つまり一体何の壜なんだ?

続き…


2017/04/15//Sat * 23:41
●○SANKYO

SANKYO01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

大分空いてしまいましたが、時を二年前に戻してまた、その時拾ったヤツらの
UPを少しします。いやあ、進まないですねえ。あはは。わはは。がはは。

チョッと個性的な壜。男性用トニックらしいです。服を着た人型のような形を
しています。満身創痍気味なので、ヨレヨレな服、といった風情でもあります。

続き…


2017/03/25//Sat * 22:27
●○Jintan11

Jintan1101
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

BDモノ第三弾。これで小ハケと呼ばれてたハケからの成果が一段落です。
この壜は、あのお二方のどちらかから「はいっ」って感じで手渡され、いつの
間にか私の手中に納まったブツです。まあ、こんなパターンが幾らでもあって、
結局私が独力で掘り出したモノなんてもんはホンの少しなんですけどね。
ちょうど掌(たなごころ)にピツタリ収まる収まり感が、何とも云えずいい感じ
の壜で、今では中々のお気に入りになっています。蓋があればなあ・・・

続き…


2017/03/19//Sun * 17:41
●○星製薬

星製薬01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

初BDの成果二番手行きます。この壜は口にヒビがあるし洗浄したら肩に小さな
ヒビが入るし内側の白い汚れが取れないしという、単体で撮るとどうにも写真
がショボかったので、今までUPして来た一部の薬壜たちを背景に従えて、豪華
っぽい感じを狙ってみました。何となくそれぞれがショボ目でも、寄り集めて
多数で勢いでやってみたら、お?何だか分かんないけど皆よく見えるんじゃね?
的ななし崩し的な。こういうのを相乗効果といいますね。このど真ん中の一番
小さなヤツが今回の主役で、他のはただの賑やかしです。

続き…


2017/03/10//Fri * 19:43
●○無銘 027

無銘 02701
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

先日のボトルディギング(以下BD)の成果ですが、一部を除いてほぼ洗浄を終え
ました。このブログでは、拾った壜を拾った順にUPするのをルールとしている
んですが(厳密ではないです)、そんな悠長なことをしてるとこの人たちの登場
まで二年以上かかる可能性が大変高く、それではあまりに切ないので、今まで
拾った壜たち(海モノ)と並行して今回のBDモノの一部を少しずつUPして行こう
かと思います。その他のヤツは追々と・・・ こんなことをしていたら、順番
待ちになっている海モノ壜たちの登場が益々遅くなってしまいますけど、まあ
致し方なし。テツは熱いうちに踏んだら熱いよ!です(違)

そして記念すべきBD初モノは、「糊壜らしきもの!」です。せっかくの初モノ
なのに、ハッキリした○○です!と紹介出来ないのが如何にも歯痒いですけど、
何の用途のモノなのか判らないので致し方なし。糊、化粧品、軟膏、染料等々
何にでも取れそうです。一体結局これは何だったのか!
初モノは右側のヤツ。左側のはその時掘られたモノではなく、惑星さんからの
プレゼント品です。大きさも同じ位で、比較としてもよかったので、記念撮影。

続き…


2017/02/24//Fri * 23:34
●○わかもと

わかもと01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

壜を愛好する人たちの間では、恐らく知名度が半端ないであろう、「わかもと」
の壜です。しかも現在でも「強力わかもと」の名で強力に販売されてる超有名
な胃腸薬。名前を聞いたことがないなんて人はこの世にいないのだろう。私と
しては、強力わかもとの錠剤壜しか知らない世代なので、昔はこんな壜だった
のだなあ・・などと、ちょっぴりメランコリック(全く意味が分からないが)。

続き…


2017/02/19//Sun * 23:21
●○みやこ染

みやこ染01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

みやこの「こ」が変体仮名で、どう見ても「こ」に見えず、ふにゃふにゃした
発音になってしまう、みやこ染の壜です。しかも、蓋はこの壜のものではなく、
別々に拾っているという(全然しかもじゃないじゃないか!)。
みやこ染は、ネットとかではやたら見る機会があるのですけど、自分では全然
お目にかかることが出来ず、蓋の方ばかりやたら先に拾いました。今写ってる
蓋の他に違うデザインのモノも拾いました。今回はそちらの方はこの壜に合わ
なかったので、それぞれ合いそうなものを付けてみました。多分左側の壜の方
は確実にこの蓋ではない気がしますが、色合いがとてもしっくり来たものです
から、これで行こうと思います。

続き…


2017/02/09//Thu * 23:11
●○カメセ

カメセ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

一見何に利用されているのか、推測がし難そうな壜です。薄っすらとした青色、
上品に散った気泡、独特なフォルムとか、中々に落ち着いた雰囲気をを醸して
いて、お気に入りです。ホント、いい味出しているのです。そして、海モノと
してはとても状態もよくて、一箇所だけ気泡が爆ぜたような傷がありますけど、
それ以外は良好です(あくまでも海モノとしては・です)。

続き…


2017/02/04//Sat * 19:54
●○大日本麦酒

大日本麦酒01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

何度撮り直してみても色んな場所や条件で試してみても、全然うまく撮れない。
撮る度にこのセンスのなさは一体どうか?と、思ふばかりなり。結局、一度も
まともな写真なんぞ撮れやせず、かなりどうでもよくなったため、諦めました。
なんて云うか、何でこうでかい瓶ってこんなに写真撮るの難しいのか。いつか
もう少しマシな写真が撮れたら是非差し替える所存ですが、そんな日はきっと
やって来ないのでしょう。       - - お・し・ま・い - -

続き…

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ