01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2019/02/21//Thu * 00:07
●○明色アストリンゼン

明色アストリンゼン01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

取得地:千葉県木更津市 2016/01/28

いつも同じところの写真ばっかりという横着っぷりで申し訳ござんせん。
前々回の白紙醫院が2016年の初拾いの時のモノ。その後醫院系でまとめたので
年月日がぶっ飛びましたが、また一応時系列順に戻りまして、2016年に拾った
ヤツらをUPしていきたいかと。2016年! 幾ら色んな理由でぶっ飛んだ年月日
の壜が結構挟まったとはいえ、もう三年も前の壜を未だにUPしているとは何処
までスローリーなブログなんだ。酷い話です。

この頃は中々熱かった。初拾いに房総に行ったばかりなのに、この月の後半に
また行ってるのですから。この時は館山に行った帰りに木更津へ寄ったのです。
そして干潟の縁をサクサク歩いていた時、ふと視界の隅に壜の蓋が見えました。
近づいて行くとやはり蓋です。軽い気持ちでひょいっと摘まみ上げようとした
のですが、何故か蓋はビクともしませんでした。何だコレ?とばかりもう一度
摘まんでみたらどうやらこの下にその蓋の主が居るようです。ユックリと蓋を
持って左右に動かし少しずつ干潟の土から抜いてみたところ、ズルズルと姿を
現したのがこの写真の物体。思ったよりも大きいモノの出現にビックリです。
歩いてた場所がもう少しでもズレていたら、確実に見つからなかったでしょう。
完全に蓋しか見えませんでしたから。

続き…


2019/02/14//Thu * 22:22
●○醫院系 貳

醫院系 貳01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

ん?なんか前回のと同じ写真?とか目を擦ってはいけません。よく見ると全然
違う壜です。という訳で、前回に引き続いて醫院モノを。残りモノは二つだし、
もう出し切ってしまいましょう。前回の壜の一つは2018年に見つけていますが、
なんとそのその三ヶ月後に今回の二つを見つけています。つまり現在の手持ち
が全部で四つの内、三つが2018年産ということ。何なんだこの年は?それまで
ウンともスンとも云わなかった癖に。ちょっと写真では読み難いかも知れない
けど、左が「浅井小児科内科醫院」、右が「佐野醫院」です。当然のことかも
しれませんが、ニヤニヤが止まりませんでした。

続き…


2019/02/09//Sat * 23:27
●○醫院系 壹

醫院系 壹01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

病院名の入った壜は、私の中で憧れの一つであり、よくネット上で見かけては
いつか拾えたら素晴らしいことである。と、しんみりしていたものです。私が
よく行っている木更津の干潟では、名無しばっかりだけど医療系の壜の拾える
割合が高いので、いつかこういうのにも遭遇するんじゃないか?と控え目には
期待していました。そして2016年の初拾いの時(えらい前だけど)、ついに憧れ
の第一号に遭遇したのです。左側のヤツがそれ。ついに醫院の時代がキタっ!
と色めき立ったものですが、次の醫院を拾うまでには二年以上の月日が必要で
あり、特に時代が来たという訳ではなかったようです(泣) ただ、最初に遭遇
した醫院は「白紙醫院」という中々珍しい名前だったので、ニヤニヤしました。
次に遭遇した醫院は「松永醫院」で(写真右)、ニヤニヤしませんでした。勿論
壜自体にはニヤニヤしています。名前にニヤニヤしてないだけです。くどいな。

続き…


2019/02/02//Sat * 23:12
●○interlude #04

interlude #0401
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

これまでに何度か書いていると思いますが、私の興味の対象はあくまで自分で
見つけたモノであるため、購入したモノはとても少ないです。特に壜は余程の
ことがない限りは(資料用に購入とか)手を出しません。が、極稀に何かしらの
琴線に触れるモノがあったりすることがあります。写真は、そんな手を出して
しまったヤツらの中から、既にブログに載せてるコレコレコレコレ以外
で、まだ一度も紹介していないブツの内、ガラスモノだけ記念写真です。こう
でもしないと恐らく一生日の目を見ないかもしれないので。実はもう一つ購入
モノのジュース瓶があるのですが、高さが合わなくて写真にどうしてもうまく
収まらず、面倒になって除けてやりました。いつか機会があれば日の目を見て
戴きませう。この中での琴線モノは四つだけであり、後は全て資料用と思って
購入したものです。非常に少なくてしかも高いモノは皆無。ちなみにこの中で
一番の高額品は、左端のコップです。

資料用の壜については特に書きませんが、琴線モノをちょこっとだけ。
右端から二番目の「ボンカール」ってエンボスが入ったヤツ。大和の骨董市で
見つけました。コレはもうただ名前がその場で超絶ツボってしまって、思わず
店番に幾らか聞いたら思っていた値の三分の一だったのでそのまま連れ帰ると
いう暴挙に出ました。こんなラベルがなくて、購入でしか絶対に手に入らない
って訳じゃない壜には基本手を出すことがないので、自分で自分に呆れた次第。
中央辺りにあるSANKYOの見本壜。これは通販です。コレの箱説明付が恐ろしく
安くて速攻買おうとした訳です。そうしたら無情にももう在庫切れのメールが
来ました。でもネット画面上ではまだ在庫有り状態だったので、未練がましく
再度購入をしてみたら、お店の人が憐れんでくれたのか、この時他にも何点か
購入した品に、「箱有りのヤツの在庫はなくなってしまいましたが、壜単体の
モノが二つありましたので、サービスでお付けします」と、この箱なしの壜を
二つともサービスしてくれたのです。これは嬉しかったし、到着したこの壜の
かわいさ破壊力はハンパありませんでした。改めて箱説明書付きのヤツが益々
欲しくなってしまって弱りました。
SANKYOのすぐ左隣、ラベル付きのコルク壜ですが、これは左斜め後ろにある紙
ケース入りの壜でした。秦野市の骨董市でこのケースを見つけ、開けてみたら
この壜が出て来て何故か非常にツボ入りました。でもちょっと思ったより高く、
手に持ったまま悩んでいたら、店の親父さんがこちらは特に何も云っていない
のに勝手に値段を下げてくれて、連れ帰るオチになりました。
そして一番左端。これは結構最近、先月の後半に上野の不忍池で何軒か骨董の
露店が出ていたところを通りがかった時に見つけました。見つけた瞬間、品の
いい感じの色合い、薄くて気泡が細かく散り儚げな佇まいに一瞬で参りました。
ただ思ったより値が高く、非常に悩みました。しかしこれをまた元に戻したら
すぐに他の人に持って行かれそうな気がしてずっと手を離せない状態に・・・
案の定すぐ他の客のおじさんから「何それウランか?」とか声をかけられたり
して油断なりません。ウランだったら安いので多分違うと思うけど、ウランで
なかったらちょっと微妙に悩ましい金額設定。で、結局はこの写真に納まって
いるのでした。ブラックライトを当てるまでは相当ドキドキしましたが、結果
は儚くぼんやり緑に光っただけで残念でした。まあウランがどうよりも見た目
でいきなりツボ入ったので、全然ガッカリしませんでしたが。いやあ、ホント
いい感じだし、ワクワクしました。

以上、私にしては珍しい購入モノのお話でした。おしまい。




2019/01/29//Tue * 20:47
●○ヨツカドヒラフジツボ

ヨツカドヒラフジツボ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

コレも、前回と同様もっと拾ってると思ったのに、何度数えても四つしかない
という不思議仕様であるため、大変遺憾ながら仕方なく四つで勝負に出る羽目
になりました。一体何の勝負なのかは知りません。
という訳で、甲殻類です。フジツボです。今まで出遭ったフジツボたちの中で
一番の自分ヒット作、ヨツカドヒラフジツボです。ツボです。

続き…


2019/01/24//Thu * 22:14
●○オトメガサ

オトメガサ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

それぞれの採取地:左から
         千葉県館山市 2019/01/07
       神奈川県横須賀市 2018/11/22
         千葉県館山市 2018/05/23
        神奈川県鎌倉市 2014/03/11

何というか、全く名前にそぐわない一昔前の研究写真的な写真になってしまい
ましたが、オトメガサという巻貝です。自分の写真を棚に上げますが、全くと
いってこの貝の本体は乙女らしくない(ツツミガイよりは相当マシだけど)上に
傘(貝殻)の方も精巧な自然のアートと云うのとは違う手作り感満載などちらか
というと武骨っぽくて、やはり乙女らしくない。何でこんな名前になったのか?
いずれにしてもこのネーミングは、絶対に本体とからが一緒の時に付けられて
ないな。しかし全く巻貝らしくないし、ついでに云うとどっちが前なんだろう?
・・・と、いきなり超否定的な出だしスタートですが、この何か手捻り感的な
温もりを感じさせるフォルムと、名前にとても惹かれる大好きな貝なのです。

続き…


2019/01/18//Fri * 20:46
●○イササボラ

イササボラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

今まで拾ったフジツガイ科の貝の中では、一指に入る大好きさ加減の貝です。
一指、つまり一番ってことですが、なら最初から一番好きと書けばいいと思う。
そもそもフジツガイの仲間の貝なんて、そんなに拾ってないし。
・・・いきなり無駄文章から始まりましたが、初拾いの記事でも少し触れてる
通り、初めてオゴクダ浜へ行った時に初めて拾って大好きになり、その後館山
でも拾えることを知ったのだけど、ボロや破損品ばかりしか拾えず、もうこの
一個だけでもいいからUPしてしまおう!と思い始めた頃、今年の初拾いで念願
のきれいな個体を拾えたため、もう絶対にUPする!状態になりました。

続き…


2019/01/14//Mon * 23:45
●○イボダカラ

イボダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

正直状態がいいのは無いけど、もういいや!的にUPします。
何故ならこのイボダカラ、相模の国に棲み適当に貝拾いに行く程度の私如きが
気軽に拾えるモノではないからです。恐らく遠征にでも行かなければこれ以上
増えないだろうから、これ以上待っても無駄。 ・・・とか書いておけば、UP
した途端に間違ってすごい状態がいいのを拾ったりする、何とかあるある的な
ヤツを発動するんじゃないかということを密かに目論んだ記事だねこれは。

続き…


2019/01/10//Thu * 23:14
●○初拾い初泊

初拾い初泊01
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

少々出遅れた感がピシピシ来ますが、本年の初記事です。
今年は昨年と瓜二つでありまして、元旦から仕事を頑張(った積)り、俗世間と
しては連休が明けた翌日から浜拾いを開始。そして肝心の初詣はその最終日の
一番最後になるという、相変わらずあまり有難くなさそうなご様子。
しかし今年の初拾いは中々豪華でした。まず最初の二日間は館山に泊まりがけ
だったのですが、何と!いつもの車中泊ではなくて、贅沢にも宿に泊まったの
でした。私が加入している健康保険組合の保養所が館山にあったので、大変に
具合がよく利用してみることにしたのです。あ、豪華というのはそういうこと
であって、決して成果のことではないので、お間違えなきよう(泣)

そんな感じで初拾い開始。朝四時前には館山の海岸に立っていました。最初の
海岸は結局真っ暗なまま終了。その後三つの海岸を練り歩き、午後三時に宿着。
チェックイン。そうして優雅に温泉なぞ浸かりながら過ごし、翌日のやはり朝
四時半頃には海岸に立っていました。そしてやはり暗い内に終了し、宿に戻り
温泉&朝飯。そしてチェックアウト。えっ?成果?成果ってなんですか?それ
って食べられるんですか?(泣)
家に帰って翌日。本来のメイン、初詣に江ノ島へ。朝の四時半、江ノ島の海岸
で拾いにかかりました。強風注意報が出ていたにも拘らず、まだ風がなかった
ため浜拾いを優先した方がよいだろうと判断しました。そうしてまだ暗い内に
浜拾いが終わり、暗い内にいつも通り辺津宮、中津宮、奥津宮、龍宮をお参り
し、明るくなって風が強くなる頃に、江ノ島を退散したのでした。えっ?成果?
成果ってなんですか?それって食べられるんですか?(泣) 退散後、午後一杯
使って貝洗いを敢行。只でさえ腰に来ていたというのに、更に追い打ちをかけ
色々身体にガタが来たご様子(泣) こうして怒涛の三日間が終わったのだった。

因みにトップ写真は館山のどこかではなく、江ノ島からみた夜明けの景色です。
昨年と似ているから、昨年を真似して江ノ島関連の日の出前にしてみました。

続き…


2018/12/30//Sun * 11:41
●○朝顔 - 穫

朝顔01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

近所にある土手のところに朝顔の花が咲いているのを見かけました。
大輪の派手なモノとは対極の、地味で小さな花です。草叢の中をただただ這い、
幾つも花を咲かせていたのですが、コレがまた妙に可愛げ。こんな風に野生化
した朝顔は、色んな所で雑草化して問題になっているようです。こういった所
では只の雑草かも知れないけど、私にとっては只のツボった可憐な花であって、
種になったら少し失敬して育ててみたいな?と柄にもなく(ホント柄ではない)
思ってしまった訳です。それからはここを通る度にどんな状態になっているの
かを見るのが楽しみになりました。そして先月のこと、いい感じに枯れた種に
なったので幾らか摘んで来たところ、すぐ直後にこの土手の草刈りが実施され、
件の朝顔は周りの雑草ごと全て刈られてしまいました。危なかった・・・もう
少し待ってなんて悠長なことをしていたら全てが灰燼に帰すところでした(泣)
しかし朝顔の種をこうして手に取って見るのは、何十年ぶりなのか? かなり
小さいです。見た花に比例するような貧弱感。信じられないことに、花の写真
を撮り忘れていて記憶を頼りに調べたところ、恐らくマルバアメリカアサガオ
という種類のようです。今度はこの名前で色々検索したら色々と特徴が合致を
したので、間違いないのではないか。ってことはホント只の雑草で、こんなの
育て方とか調べてもどこにも載ってないし・・・適当に種蒔いとけば幾らでも
育つのだろう(泣) そんな訳で、今絶賛種子を陰干し中。順調に時が経過した
場合、ここにご訪問される方々は只の雑草の成長過程を時たま見せつけられる
羽目に陥るやも知れないので、ご注意いただきますよう。

なんだか唐突に雑草がどうのって話が入り、それが今年最後の記事になるとは
自分でもビツクリ驚きですが、これが今年最後の記事になります。今年も一年
ありがとうございました! 拾いモノの整理がまるで出来ないままもう今年が
終ってしまうなんて、大変に遺憾です。そして遺憾なまま来年になってしまう
ことも相当に遺憾なんですが、来年は是非とも素晴らしく整理整頓!に新たな
何か!に出逢えることを夢見がちなまま年を越すことにしませう。
それではまた来年も出来ましたらよろしくお願いします・・・ よいお年を。。

                               貧乏美禄



[TOP] next >>
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ