12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:素早いデヴ希望
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:何処でも顕れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2020/01/07//Tue * 23:45
●○文化的行動部

文化的行動部01
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

餅太郎が好きだ。だがしかし、どちらかと云えば、どんどん焼きの方が好きだ。
どちらでもいいが、袋にピーナッツと明記されているのに、少ないなら兎も角
一粒も入っていない時のあの遣る瀬無さよ(弩) 

・・・という訳で、大変今更ですが新年になりました。
今年もよろしくお願いいたします。(出だしの文は一体何だったんだ?)

ちょっとマイナーチェンジをします。昨年から引き続き、更新エナジーが大変
低いままなので、きっと更新速度とか諸々何一つ変わらない気もします。だが
しかし、このまま更新エナジーが変わらないままだとこのままフェイドアウツ
しそうな勢いでもあるので、気分だけでも変えてなんらかのエナジーを感じる
よう、元々(仮)だったタイトルの変更をし、内容も拾いモノメインだったもの
をもう少しだけ視野を広げた感じにしたいと思います。
こんなの益々更新エナジーが必要そうで全然無理な気もしますけど、その時は
その時ってことで決行します(><)

注:トップ写真は今書いた文とは特に何も関連ありません。なんか関連のヤツ
  を書くつもりだった気もしないでもないが忘れた。強いて云えば、文化的
  行動の一環ではないのかな。


続き…


2019/12/31//Tue * 22:22
●○よひお年を

よひお年を01
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

今年は、特に半ば頃からは紙モノ探索に大きく舵が傾きました。おかげさまで、
急速に部屋に更に我楽多たちが増えて、整理がとにかく追いつかない状況です。
まさかこんなアップアップなまま大晦日とか、きっと冗談ではないのか?

そんな後半を大きく占めたモノたちのほんの一部を記念撮影。なんだか一部の
強烈なモノにどうしても目が行きがちですが、気にしては年を越せません。
古本界は、幅広く奥も相当深いため、ハマるとお足も時間もまるで足りません。
そういったモノに引き摺り込まれないように、入口だけで遊んでいられるよう、
祈っております。どうして私はこう、あまり一般的ではないマニヤックなモノ
ばかりに目が行ってしまうのでしょう(泣)

続き…


2019/11/14//Thu * 23:59
●○朝顔 - 再

朝顔16
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

館山から帰って来た日(11/13)の話。なんと、9月半ばに終焉した筈の朝顔の花
がポツンと咲いているので大層驚きました。しかも、花の形が全盛期と較べて
大分違います。元々小さい花が更に小さいし。これは一体どうしたことでせう。

続き…


2019/11/13//Wed * 23:59
●○晩秋南房ノ喜ビ物語

晩秋南房ノ喜ビ物語01
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

超絶久しぶりに貝殻を拾いに行って来ました。
壜とかは、まだ二ヶ月に一度レヴェルで拾いに行ったりしてましたが、貝殻に
至ってはなんと半年ぶり! こんなにも海離れしていたのか!って、自分でも
相当なショックぶり。ここ最近は「都会の海での古本探し」っていうジャンル
が幅を利かせて来ていたので、益々「自然の海」から遠退いていたのだった。
だがしかし、海に行きたい熱はずっと燻っており、今年既にも実行してる
「館山の保養所泊り」をまた11月半ばに実行したのでした。余程気に入ったの
ですね。前回のお泊りは5月だったのですが、なんと驚いたことに貝殻拾いも
この時が最後だったのでした。浜拾い人の風上にも置けませんね(泣)

続き…


2019/11/01//Fri * 23:59
●○高尾山へ

高尾山へ01
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

11月に入っていきなり高尾山に行って来ました。お天気は快晴完璧天気。
高尾山をケーブルカー使わず下から登るのって、一体何年ぶりでしょうか?
今まで一番多く登っている稲荷山コースを歩きました。山自体登るという行為
が恐ろしく久しぶりなため、きっと高尾山でも相当辛いのではないか?という
不安がピシピシありましたが、登り方は体が覚えていたらしくて、意外と全く
大丈夫でした。山頂直下最後の最後、二百数十段の急階段がラスボスよろしく
目の前に立ちはだかった時は少々怯みましたが、これも撃破。山頂に立った時、
嬉しさというよりはホッとした気分。たった300m程度の標高差ですが、超絶無
運動不足の身には辛いモノなのです(泣) だがしかし、山頂に立った時、山頂
を殆ど埋め尽くす小学生の群れには閉口しました。平日は、休日よりも混雑が
緩いですが、こういうのにブチ当たることがあり、正直手が付けられません。
この時も少し写真撮って速攻退散しました。

写真は、下山時の四号路で見つけた木の洞の中のミニお稲荷さん。洞の最奥部
にちょこなんと居りました。これはメチャクチャかわいかった。そしてこんな
のがあると必ずと云っていい程お金が置かれていく不思議。変な文化だね。

続き…


2019/10/04//Fri * 11:22
●○朝顔 - 次

朝顔15
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

前回朝顔記事の「これで、去年の種から始まった「朝顔一代の話」は完です。」
は嘘でした。今回が完でした。申し訳茣蓙。タイトルの「次」は「次世代へ。」
の意。もう今の朝顔は蔓と種のみで構成されていて、葉っぱとかはまるでない
哀終感を漂わせているのが哀終です。この哀終感の中に、次世代へのバトンが
籠められていると思うと感慨深いですね。

本日収穫したのが写真のもの。これで20個弱(この一つ一つに四個とか入り)に
なりますが、これで全体のホンの一部。まだ熟し切っていないものも結構あり、
全部収穫したら正直どうしよう? たった十粒の種を蒔いたものが、ここまで
量産されるとは。もしバカ正直にこれらを全部蒔いて育てる~を繰り返したら、
きつと三年もあれば世界がマルバアメリカアサガオに征服されるに十分なので
はないでせうか。怖い怖い。それでは世界征服を願って乾杯!

                     朝顔で世界征服・第127巻 抜粋


種の背景の皿ですが、「おお!見たことある!」と思われた方もいらっしゃる
やも知れませぬな。このシリーズが二枚、別シリーズが一枚、箱ごと部屋から
発掘されたので今回背景に使用してみました。なんか美しい一枚を期待してた
のですが、美しい絵が朝顔の種たちに浸食されていく様を描いた一枚のような、
不気味系になってしまったのでした。参つた参つた。
コレっていつ位の皿だっけなって調べたら、2004年位に7-11のキャンペーンで
「世界名作劇場絵皿シリーズ」ってのをやっていて、弁当とか買って付いてる
シールを台紙一杯に集めると絵皿と交換してくれるってヤツでした。もう15年
も前! そいえばこの頃は会社のビルの一階に7-11が入っていて、よく昼飯に
利用していたので、何枚か皿と交換しました。そして今に至る。





2019/09/23//Mon * 23:59
●○interlude #10

interlude #1001
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

河口にて。

・・・実に二ヶ月近く、海へ行きませんでした。が、最近無性に恋しくなって
木更津へ行って来ました。夜明けに現地着。そして朝9時前には既に家にいた
という。何しろ祝日なので、時間が遅くなると道は休日モードで大変渋滞する
ので、速攻勝負だったのです。そんな訳で、早朝の神々しい一幕を一枚。
現地に着く直前にはバチバチ雨が降りやがりまして、どうなることかと思った
のですが、現地に着いた途端にピタリと止み、これは幸先がいいやとウキウキ
したものです。ところが雨のせいか、ハンパない湿度。もう汗が酷く、帽子の
つばの先からボタボタ落ちるレヴェル。こういうのを「玉のような汗」という
に違いない。そして眼鏡くもりまくり。眼鏡野郎にはとにかく酷く面倒な状況
で、弱りました。台風15号の影響はかなり見られ、やたら木のような漂着物が
押し寄せられて地形も結構変わってました。

続き…


2019/09/18//Wed * 23:59
●○朝顔 - 衰

朝顔12
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

9月14日。遂に一つも花をつけなくなりました。ヤツらの天下終了。

続き…


2019/09/06//Fri * 23:59
●○朝顔 - 盛

朝顔08
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

開花宣言の翌日は開花無し。そこから二、三日は一個とか二個とかしか咲かず、
なんだかかなりしょんぼりだったのですが、その後位から十個とかまとまって
咲くようになって、楽しい毎日がやって来ました。これでこそだ。

続き…


2019/08/29//Thu * 23:59
●○朝顔 - 咲

朝顔07
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

ワサワサと茂ってはいても中々花をつけず、ホントに咲くのコレ?とハラハラ
していましたが、遂にそれはやってきました! 8月29日、開花宣言です!
ホントに一つだけ咲きました。夏の終わりに最初の一つって、随分と遅かった
けど、通常の朝顔よりも一ヶ月以上も種を蒔いたのが遅かったから当然なので
しょうか。この日はこれ一つ以上、まるで咲きませんでしたが、花芽が続々と
あったので、これからが楽しみです。いやあ嬉しい。朝顔の種蒔きから育てる
なんて小学生の時以来で、全然分からないままオロオロやっていただけなので
こうして花になるのは感動ですね。まあホッといたら勝手に育った感満載なの
ですけど。アメリカアサガオの花は小型で変に主張がなく、とても可愛らしい。
しかも青いのがいいですね。しかしその記念すべき花を、時間が無く一眼とか
で撮れなかったのが非常に悔やまれます・・・

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 文化的行動部○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//