04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2019/05/17//Fri * 20:07
●○今ドキじゃない牛乳瓶

今ドキじゃない牛乳瓶01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

何となく平成が拾いモノでも何でもない牛乳瓶で終つたので、令和の最初でも
拾いモノでも何でもない牛乳瓶にしてやらうかと思ひました。

実は前回の牛乳瓶記事で、牛乳系を調べてネット上を徘徊していたら、何とも
懐かしいモノを発見。もうすぐ令和にもなろうとしているというのに、こんな
昭和な物質がまだ販売されているとは。もうそのお姿だけで旨いに決まっとる!
と確信し、令和元年初日に思わず通販ポチを実施。そうしてやって来たこちら。
どうですか。お美事に昭和的なフォルムだと思いませんか?

続き…


2019/04/30//Tue * 23:04
●○今ドキの牛乳瓶

今ドキの牛乳瓶01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

まさか平成最後の記事を平成最後の日に書こうとは。ホントはこの記事、先月
の終わり頃に投稿しようと思っていたのに、全然無理であり遅れに遅れて今に
至る。しかもこのブログのメインテーマである浜拾いでもアンティークっぽい
モノでもなく、まさかの只の現代の牛乳瓶とは。一体何だってんでしょうか。

続き…


2019/04/21//Sun * 08:57
●○interlude #06

interlude #0601
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

前回記事の桜を撮りに行った時に、久々に三脚からカメラを外しました。三脚
にカメラを装着している時は、レンズの手振れ補正をOFFにしているのですが、
これまた久々にONにした訳です。ONにしたからには、その威力を確かめない訳
には行きますまい。んで、たまたまPCデスクに置いてた雑多な拾いモノたちを
パシパシしてたら、なんだかカッコいい感じだったので載せてみました。
以上、色々と忙しく平成の内に拾いモノのUPが出来そうにないけど、このまま
ですと少々寂しい気もしないでもないので、お茶を濁し写真で一旦誤魔化して
しまえ!的なヤツ作戦を実施しました。四月中に旨く行けばもう一つだけ記事
をUP出来るかも知れませんが、それは拾いモノでは恐らくないのであった。



2019/04/05//Fri * 21:44
●○interlude #05

interlude #0501
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

サクラの開花の時期を考えたらもう今頃は終盤だろうに、ちょうど寒かったり
風が無かったりと自然界が上手くやったようで、未だに中々満開の状態を保つ
などといふ粋な計らいの上、休みの今日がちょうどいい天気で暖かかったもの
だから、近所の中華屋さんへランチに行ったついでに桜を見て来ました。
サクラのご様子は絶好調。風も結構あっていい具合に花びらが舞い、なんだか
適当に行った割には完璧な光景が繰り広げられましたね。
このブログは浜拾いのブログであり、通常季節感なんか皆無なんだけど、まあ
たまにはいいかなと思ったら、ちょうど去年の同じ四月にも同じようなことを
やっていたという。

続き…


2019/03/31//Sun * 23:29
●○チドリガサ

チドリガサ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

もう十日以上前になりますが、久々に館山に行きました。気合を入れて四海岸
を練り歩きまして。だがしかしうーんどうにも微妙な成果・・・ 挙句に帰り
高速を反対方向に乗るわ運転中足を攣って叫ぶわ、中々に惨憺たる有様で(泣)
何かネットで最近の館山貝拾い事情とか探ってみると、みなさま結構よさそう
な成果で溢れてるように見えて仕方がありません。どうにもやはり、私は見る
ポイントがド下手なんでしょうな(泣) 今一度、拾って来たブツを眺め返して
見てもやはりパッとしないです。ですがそのパッとしない中では二つ程嬉しい
モノがありました。まあその内の一つは、その後嬉しくない出来事が起こった
ため、結局嬉しくないモノになってしまいましたが。

という訳でその嬉しい拾いモノ、チドリガサです。見つけた時、何か殻頂部が
妙に曲がっているので何かのフリークなのかな?と思いずっと気になって仕方
がなかったんですが、調べてみるとこういう貝だったのでした。何コレ?この
ヘンテコな貝は! 超ツボです。俗世間一般ではこの貝が珍しいのかどうかは
分からないけど、少なくとも私はこんな貝初めて見ました。面白くて仕方なく、
ニヤニヤしました。

続き…


2019/03/26//Tue * 23:24
●○イシダタミ

イシダタミ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

イシダタミ。漢字で「石畳」という、もう名が体を表す典型的な貝です。誰が
名付けたのか、云い得て妙とはこのことなのか。以前にUPしているナツモモ
同じニシキウズ科の巻貝。ナツモモよりは繊細さに少々欠けますが、結構似て
います。パッと見ゴツゴツしていて磯場なら普通に落ちている印象で、どうも
食指が動かない貝でした。ところが去年の冬に拾い人さんがUPしたイシダタミ
の写真を見て、「アレ?結構かっこよくないコレ?」と思ってしまい、見つけ
たくて矢も楯も堪らなくなりました。ところが、まあこれがお約束なんですが
見つけたいと思うと中々見つからないのがこの世の常。特に状態がいいモノが
まるで見つかりません。見つけたい!と思って初めて拾ったヤツがこの写真の
モノなんですが、その後はこれ以上きれいなモノが拾えなかったので、成長痕
がバキっとあって、殻頂が禿げているという微妙個体でお茶を濁したという。

続き…


2019/03/21//Thu * 00:01
●○ウチヤマタマツバキ

ウチヤマタマツバキ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

手持ちの四つの中では一番状態がいいヤツなのだけど、接写してみると意外と
粗があったりして遣る瀬無かったりしますが、ウチヤマタマツバキです。あの
変な漢字の津免多貝のお仲間ですね。だから似たような撮り方をしたという訳
ではないのですが、なんか同じような写真になってます。

続き…


2019/03/09//Sat * 21:47
●○ウキダカラ

ウキダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

漢字で書くと「浮標宝」。この貝が大好きという声は多いようですけど、私は
全く全然大好きです! 何というか変な日本語になってますが。私の行動範囲
内であまり見つけられないタカラガイの一つですが、その中では少し拾い易い
方でしょうか。 ・・・何かどうも日本語が怪しいな。まあいつもだけど。

初めて拾ったのが四年近く前の沖縄。右上の二つ、少々ほっそり気味なヤツが
ソレです。スソヨツメと同じ日同じ場所で拾ってますね。その左隣のは去年の
オゴクダ浜産。その左斜め下、一番左端の真ん中の小さ目のは、現時点でまだ
一つしか見つけていないナツメモドキと同じ日同じ海岸で拾った三浦産。それ
以外の六個は、全て館山で見つけています。この写真以外にもうちょっとだけ
拾っています。しかしツヤピカには未だに遭遇していません。

続き…


2019/03/03//Sun * 00:03
●○海豆

海豆01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

私が浜拾いを始めてから約七年弱の年月が経ちましたが、その時から今現在に
至るまでに見つけられた海豆の全成果がここに! っていうか少なっ! まあ
未だに二つの欠片しか遭遇出来ない青い貝どもに較べたら、まあまあよかった
かも知れないね。わはは。と云えなくもないんですけど・・・ そういう訳で
ある程度の数になったら記事にしようとずっと温めて来たコレたちなんですが、
もう一生遭遇しそうにないのでひっそりとUPしてみました。

続き…


2019/02/25//Mon * 21:54
●○無銘 032

無銘 03201
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

薬壜薬壜と来て化粧品が登場したので、次もそうかと思いきやまた薬壜に戻る。
ですが醫院系と違い、今回の二つは文字ナシです。右側が前回の明色と同じ日
同じ海岸で拾ったモノ。左側は今年の初拾い群で見つけたモノです。この記事
では時系列順の右側の壜だけUPしようと思っていたのですが、左のヤツが似た
モノ同士な雰囲気を持っていたため、折角なので右側とご一緒してみました。

続き…

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ