06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2017/07/18//Tue * 23:17
●○ムギガイ

ムギガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

あれ? どこかで見たようなシーンが・・・
と思った方は、よく覚えていらっしゃいますね(十中八九誰もいまい)。コイツ
同じようなシーンを以前にUPしていますが、今回のはその反対バージョンと
でもいうべきか。この貝と白玉は必ずや小壜に一杯まで貯めて倒したい!って
いう野望を内に秘めてました。白玉の倒したい欲は取り敢えず満たされました
けど、こちらの方は中々大変でした。この貝、白玉よりは遥かに拾えるのです。
でもこちらには、白玉よりも少々重い制約を自らに課してまして。その制約と
いうのが「光沢が残っているモノだけ拾う」でした。この制約のおかげでまあ
よく貯まらないこと。厭らしいことに濡れてると結構ツヤツヤに見えるモノが
多いのに、乾くとガサガサになる物体が99%以上。その度にガッカリすること
百億回(体感回数)。やっと小壜九分目位まで来たので、我慢出来ずに先走った
のでした。小壜一杯でないところに小者感をヴぁりヴぁりと感じますが、まあ
いいじゃありませんか(泣)

そんな今回の主役、ムギガイです。何かこの貝を調べるのにネットでゴソゴソ
やってると、結構ツヤツヤなのが大量写真とか出て来て萎えます。何でこんな
にたくさんツヤツヤなのが拾えるのか? まあ、この貝はモノのついでにしか
拾わないし、ムギガイが落ちてるところにもそんなに頻繁に行かないからなあ。
あ、しまった。負け惜しみ感をヴぁりヴぁりと感じるアレな感じだ(泣)

続き…


2017/07/13//Thu * 21:47
●○ハナビラダカラ

ハナビラダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

シンプルな判り易い模様で、しかもとても美しくて、大好きなハナビラダカラ。
かなりの普通種であって、いる所には幾らでもいるらしいのですが、私的には
五年前に初めて三浦の海で見つけてから、きれい目なヤツに限って言えば五個
程度しか拾えていない(つまりこの写真ので全部)という、未だに中々縁が薄い
ヤツらなのです。2011年の冬にはコレとキイロダカラが三浦でやたらに拾えた
らしいのですが、その時はまだ私は浜拾いをしてなくて海よりも山の人でした。
ちょうどこの翌年、2012年から海に目覚め始めまして、それ以降は当然のこと
ながら、そんな大当たりな祭りにブチ当たっていません・・・ 嗚呼夢よもう
一度的なことが起きないものか。

続き…


2017/07/07//Fri * 22:44
●○ピカソ葉緑素アストリンゼント

ピカソ葉緑素アストリンゼント01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

今年二月のBDモノをもう一発やっておきましょう。
これはmaicaさんが掘り当てたブツです。いらないあげる!って感じでポイと
手渡され、「ひぃ~!」心で叫びました。私が浜拾いを始めて初めて拾った壜
が、モナ葉緑素アストリンゼントの見本壜。コイツの素性をWebで調べてると、
「葉緑素アストリンゼント」の部分が被るためか、よくヒットしてアピールを
してくるピカソ葉緑素アストリンゼントというのがありました。この名と壜の
形が焼き付いてしまい、比較的早い段階から見つけてみたいなあなどと思って
いたブツだったんですが、ずうっと縁がなかったのです。まさかこんな唐突な
展開があるとは。もう「ええ?いいんですか?いいんですか?」と二度程聞き
返してしまいました。何せ小さいモノ好きなmaicaさん、これが何故いらない
のか全く不明でしたが、いらないというなら受け取ってしまうしかありません。
この時、惑星さんが「ええ?私、欲しい!」とならず、何故か反応が薄かった
ので、晴れて私の元へ。恐らく見本壜をコレクトしている今のmaicaさんなら、
私に手渡されることはなかったと思うし、惑星さんも後でやっぱり悔しがって
いたので、この壜が手元に来るのにかなり細い綱渡りだったのでしょう。縁と
いふものは不思議なもので茣蓙居ます。

続き…


2017/07/03//Mon * 23:45
●○カゴメケチャップ

カゴメケチャップ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

前回に引き続き、掘り掘り品を。結構浅い位置にあって、熊手をワシャワシャ
とやってたら、すぐ引っかかってゴロりとまろび出て来ました。当然土だらけ。
エンボスも全然判らず口の形状から小さなジュースとかの壜?と思っていたの
ですが、土を払っていったら底にカゴメマークが。おお!カゴメだ! そして
それからもう少し後で側面に縦書きで「カゴメケチャップ」という文字がある
ことに気が付いてしまいました。この時の喜びようといったらもう。惑星さん
がやたらにコイツに対して「何コレ?かわいい~かわいい~!」と連呼してた
のが妙に記憶に残っています。

続き…


2017/06/28//Wed * 22:44
●○みどりーズ

みどりーズ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

最近は、ここが一体何のブログなんだか自分でもイマイチよく判らなくなって
来てましたが、突然我に返りまして、久しぶりに壜といふモノに戻りませう。
過去を振り返ってみたら、壜をUPするのはそれでも二ヶ月振り位なのですね。
今回のは、今年二月に壜掘りして来た分の続き。大ハケと呼ばれていた場所で
出したヤツらです。これから三記事分位はココからのブツをUPしようかと。

そのトップバッター。緑色したヤツらです。俗世間一般的には海苔壜とされて
いるモノたち。海では殆どこういうのにお目にかかったことがなく、今までに
一度だけしか遭遇(まだUPしていないヤツです)したことがない分野です。実は
そんなに強烈に欲しい!と思えるジャンルではないんですが、それでも少し位
は見つけてみたいなって思ってはいたので、その願望がこの時いっぺんに実現
してしまったので、もうこれで完璧コンプリートでしょうか。これだけ色んな
のが出てくれば十分かと。

続き…


2017/06/18//Sun * 23:04
●○ブタさん

ブタさん01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

一体、拾いモノはどうなってしまったんだ!何時からインテリア雑貨ブログに
なってしまったんだ?とお嘆きの貴兄に。ご安心ください、トドメのもう一発
です。しかも今度のはレトロ物体ですらなく、現行品の購入品という踏み外し
加減が清々しくさえあります。でもこれなら、無味乾燥な現代においては存在
そのものがレトロな感じ!と胸を張って云えるのではあるまいか?

そんな訳で、これぞザ・ニッポン的なアイテム、豚さん蚊遣りをどうぞ。
日本人、それもある程度歳行ってる方々ならコレを知らぬ!なんて人は一人も
いないのではないか?という位、夏の定番中の定番なんじゃないでしょうか。
しかし、そんな定番中の定番な物体を、今まで使用したことは一度もなかった
のでした。それが、やはり何かレトロ物質を検索していて偶然ぶたさんと目が
合ってしまい、無性に使ってみたくなり、ようし!この夏は蚊取り線香を焚き
まくりだ!というレヴェルにまで達してしまったのでした。そういえば蚊取り
線香自体も長らく焚いてなかったから、あの懐かしい夏の匂いを久々に嗜むと
いうのもいいのではないのですか?

続き…


2017/06/13//Tue * 22:07
●○ヨクキレル

ヨクキレル01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

もう一発購入モノを行っておきましょうか。

拾って来たモノを調べていると、そのモノのラベル箱付きのモノが出て来たり
して、しかもそれが安く売ってたりした場合は、資料用に欲しいと思うことが
よく有り、実際に購入したりすることがあります。大体そういうモノを置いて
ある店というのは通販の骨董屋さんとかアンティークショップなので、当然の
如く他のブツも見てしまう訳です。そして購入するモノ自体が安いので、送料
のことを考えるとそれだけ購入するのもなんだしな他にも面白いモノはないか?
などと物色を始め、気が付くと他の変なモノを幾つか一緒に購入したり、調べ
モノをしていると他に面白いモノを見つけてどんどん脱線してしまって、気が
付いてみると最初に調べようとしていたモノと全然別の何かを購入してしまう
羽目に陥っていたりします。これがネット社会の罠であり落とし穴であり負の
スパイラルでありますので、気を付けるように。

続き…


2017/06/09//Fri * 23:31
●○金魚玉

金魚玉01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

私にとっては非常に珍しい、骨董市での購入モノでも一つ。約二ヶ月前に大和
古民具骨董市で手に入れました。
と云っても、私が骨董市で何かを購入すること自体はそこまで珍しいことでは
ありません。資料用に箱ラベル付き壜とか、何か面白い変なモノとかはたまに
手を出します。今回珍しかったのは、この物体自体に妙に惹かれたこと、また、
この物体が1000円以上もしたのに手を出したことでした。非常にみみっちくて
遣る瀬無い話になりますが、こういった場で1000円以上するモノは急に食指が
動かなくなるという、エコな性質を私は持っています。欲しい本とかには意外
といい金額を出したりするので、全くエコではないな。そんな意味不明な性質
を持っている私も、この物体には負けました。つい手を出してしまったのです。
いやあ、全くもってエコじゃないですね。私は一体エコじゃない話を書こうと
思ったのだったかな? いや、違うと思う。

続き…


2017/06/04//Sun * 23:57
●○牡蠣

牡蠣01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

前回ある程度解けたとはいえ、まだ少し謎が残る謎貝をUPしました。その謎の
ついでに、もう一つ私の中で謎になっている物体をUPしておこうと思います。
こちらはどこで拾ったかとかいつ拾ったかはきちんと記録していて、そこに謎
はありませんが、存在そのものが謎(勿論私にとって)です。タイトルこそ牡蠣
としてUPしてますが、ホントにそうなのかすら判りません。なんだかとっても
牡蠣に似ているなあそうだ牡蠣に行こうしよう! そんなレヴェルで牡蠣って
タイトルにしただけです。でも写真を見ていただければ、私が安易に牡蠣って
タイトルにしてしまったのも分かっていただけるかと。特に右側は牡蠣にしか
見えません! まあ牡蠣の外側ってよりは中身に見えますが。

そんな訳で、牡蠣の化石らしきモノをお届けします。いや、実際にコレは一体
何モノなのか。右側のは特にどう捻くり回しても牡蠣にしか見えません。左側
のはちょっと微妙なんですが、なんとなく似たような空気感を感じたので牡蠣
なんじゃないか?と荒っぽい推測をしています。

続き…


2017/05/28//Sun * 23:34
●○謎貝

謎貝01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

貝殻を拾うようになってから、拾うようになる前に何か海から拾って来たモノ
はないのか?と色々と部屋とかを漁ってみました。どうやら子供時代は、海で
何かを拾って来て取ってあるってことはなかったらしく、何も見つかりません。
大人になってからは、海に遊びに行くということが全然なかったので、2012年
から浜拾いにハマるまでは、やはりそういったモノは見つかりませんでした。
ただ、一つだけ例外があり、たった三つ、どこかで恐らく同じ日に同じ場所で
拾って来た貝殻がありました。記録では熊本県宇土市?とクエスチョンマーク
付きで記されています。その三つとは、オオヘビガイ、チャイロキヌタっぽい
ヤツ、そして写真の不明貝の三つです。拾った日付は2008年8月28日になって
おり、確かにその日は熊本県大牟田市辺りから天草市までドライブをしていて、
有明海の干潟や、幾つかの海岸に少しだけ寄ってはいます。ここで拾った時に
写真とか撮ってあればよかったのだけど、そういった拾いモノ習慣はなかった
頃だったので景色の写真しか残ってない。なので本当にここでこの時に拾った
モノかどうかの自信は全くありません。ただ、まだ私が浜拾いに興味が出る前
に拾ったモノであることに間違いはないです。

そしてこの写真の貝、拾った場所や時が謎であるに加え、何という貝かも判ら
ないという、私にとって謎に満ちた存在であって、せめて名前だけでも判れば
少しはスッキリするんじゃないかなんて思っているのですが・・・

続き…

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ