08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2019/08/08//Thu * 23:23
●○interlude #09

interlude #0901
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

まだ乱発していたりします。まあ、それだからこそ「乱発」なのですけど。
今回は、大自然大自然人工物の融合相手ではなく、主に都会内を巡った方
が具合がいいことが多い、もう一つの私の収集対象ブツである紙モノの触りを、
ホンの少しだけ(クドいな)紹介してみようかと。
それでは、私の中では「黒いヤツら」とだけ呼んでいる旧角川文庫の横溝正史
シリーズと富士見ロマン文庫シリーズの内、手に入れたタイトルの背表紙のみ
ご紹介してみます。

私が少年の頃、ドラマでやっていた金田一耕輔シリーズが大好きで、この頃に
数冊旧角川文庫版横溝を購入しています。現在では相当な冊数が出ていること
に今更ながら気がつき、紙モノ探しの時の副産物のような扱いで、2~300円台
位の安いのを見つけては少しずつ集めていたりするのでした。横溝正史の文庫
は新版もあるが、こちらには全く興味なし。あくまでもあの少年時代に現役で
あった旧版が心にジャストフィットなのです。変にプレミアがついて500円台
よりも上になってるヤツも多く、そんなのは非常に躊躇して後回しにする辺り、
中々のヘタれっぷりを発揮しています。でもですね、ある所には奇跡的に激安
なモノが有ったりしたりして侮れないのです。そういうのを掘り出すのがまた
楽しからずや。しかしこの旧角川。何か紙質が良くなくて、すぐ茶色になるわ
ジャケットの天地がボロボロになり易いわ、ヤスモノ買いをしようとするので
あれば、相当な妥協が必要になって来ます。あと頭が痛いのが単純に高いヤツ。
具体的に云うと「蝶々殺人事件」の旧カバーとか、状態があまりよくなくても
余裕で1000円とか突破するとかふざけ過ぎです。しかもこの「蝶々殺人事件」。
何軒も古本屋さんを巡ってもまるで見かけません。それがある時、こぢんまり
とした古書市で1000円を下回る価格で見つけた時は「ひぃ」と思いましたね。
この時ばかりは500円以上でも何の躊躇もしませんでした。っていうか、この
タイトル、二冊ないか?と思ったりした貴兄諸君。激甘いです。実はもう一冊
あったりします。写真一番左端の茶色いヤツ。これもそうだったのです。まあ
寫眞から文字が読めないし、角川じゃない(春陽堂)のでアンフェアですけど。
何にしても、読んだことがない横溝モノが一気に増えたので、嬉しい限りです。
これでもまだ旧角川から出ている文庫の半分以下の蔵書量なので、チリチリと
地味に集めて行く楽しみ甲斐があるってものですな。現在少しずつ通勤電車内
等で読んだりして楽しんでいます。

ロマン文庫は正直ジャケ買い。ナウでファッショナブルでエロチックとかいう
謳い文句の小説群なのですが、要するに超絶ただのエロ小説。ただ、表紙絵と
新刊案内と栞に結構惹かれて、これまた少しずつ安いヤツを見つけては集めて
います。寫眞では、右端の横倒しで積まれている一群と、その左隣下から三冊
分(それより上は横溝)がロマン文庫シリーズです。これがまたかなりボロボロ、
ジャケットボロボロが多く、安くてきれいなモノは殆どありません。薄くボロ
な癖に強気価格も結構多く、安いモノは手を出したくない状態が多くて、中々
増えて行きません。どういうプレミアなんだか3000円位の値が付いてる意味不
なタイトルもあり、こんなの手が出せるか!
この本群も旧角川横溝群と同時期位に流行し、同じく黒いので、何となく同類
な匂ひがあって、何となく一緒に集めていたりします。店によってはロマンと
横溝を出版社もジャンルもまるで違うのに同じところに一緒くたに並べられて
いたりするところもあって、ニヤニヤします。

まあこんな感じで、紙モノの一部を紹介してみました。私は骨董アンティーク
的なブツよりも古本大好きな人で、骨董アンティーク的なブツだとお高め設定
なお値段では相当躊躇してしまうのに、古本だと少々お高めでも意外と連れて
来てしまったりします。一期一会なんだし!(骨董だって一期一会だがな!)

そんな訳で、明日も本の街へ繰り出すことでせう! みなさまもお元気で!

                               貧乏美禄



2019/07/31//Wed * 21:41
●○interlude #08

interlude #0801
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

乱発ついでにもう一発乱発します。
前回の幕間で少し触れた、「七月の最終辺り」の通り、今日やっと超久々の海!
へ行って来ました。「貝」か「壜」かどちらにするか悩みましたが、暑い中で
貝ってあまりいい成績が思い浮かばなかったので、壜方向で。
朝から逃げようがない蒸し暑さの中で、蒸し風呂大発汗状態で三時間程度練り
歩きましたが、意外と心は清々しかったです。やっぱり久々に休みに都会では
ない何かの行動をしたのがよかったのか。

行動自体は清々しかったのですが、成果としてはあまり拾いたくないデカブツ
ばかり現れるので、連れ帰るのかどうか悩ましくて仕方ありませんでいた。
本日の全成果がこの写真なのですが、なんかデカいのばっかりあるのが判るの
ではないかと。一番左端のヤツ。普通ならこんなの連れ帰りませんが近寄って
みるとなんだか「BULL-DOG」とか文字があります。実物は初めてみたため勢い
で連れて来てしまった・・・ その右隣のアラバスターなヤツ。これも結構な
大きさで、しかもノーエンボス。これも相当悩みました。だがしかし、一目で
古いガラスと判る物質を連れ帰らなくてどうするのか?とこれまた勢いを増し
ました。その隣もノーエンボスなのになんか気が付いたらここにいるし・・・
そしてその隣。これもあまり小さくなくて口が細いので、出来ればご遠慮願い
たいところだったのですが、底の「タモツ液」という文字がツボに入り、連れ
帰らざるを得ませんでした。何?タモツ液って? 一見化粧品的な洒落っぽい
感じな壜なのに、名前が全て壊滅的なコレ。調べてみると、着物のシミ抜きが
ヒットしますが、同じ用途のモノなんでしょうか?
この中で嬉しかったのが上の左寄りにあるJEWELでしょうか。靴クリームって
殆ど状態がいいのを拾えてなかったのだけど、今回のは中々状態がよさそうで
ほんわかしましたね。
そんなこんなでデカ目なモノばかりに遭遇する日でしたが、連れ帰らなかった
けど、もっとオオモノに遭遇もしました。コカ・コーラの1Lのヤツ。プリント
がしっかりあり、蓋もきっちりありました。これはちょっと欲しかった・・・
コカ・コーラの1Lは何度か遭遇しているのですが、プリントがないし、状態も
酷いのしか見たことがなかったので、これには驚いた訳です。だがしかし蓋が
どうしてもその場で取れず、中に水が満載。重くてこれを持って蒸し風呂の中
を長距離移動は無理! ただでさえ本日の成果はちょっと重かったというのに
一体どうしろと? という訳で放置ですよ放置(泣)

とまあ、こんな蒸し暑い日でした。明日は紙モノを求めてハマの街にでも繰り
出してやろうかと画策しています。(只今小連休中) みなさまもお元気で!

                               貧乏美禄



2019/07/27//Sat * 23:45
●○interlude #07

interlude #0701
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

最近「interlude」を乱発気味な気がしますが・・・
まあこのままで行くと七月には何もUPしないで終ってしまいそうなので、気前
よく乱発することにします。ってことで、このブログを楽しみにされていると
いうような奇特なみなさま(いらっしゃらないとは思いますが)、この蒸し暑く
何処にも逃げ場が無さそで快適な気候の中、いかがお過ごしでせうか。私の方
はもう完全にへたばっています。滝汗です。少しだけ私の近況でも・・・

五月の終わり頃に鎌倉の海を甞めて依頼、完全に海に行けてません。通常でも
夏期には浜拾いに行く確率は一気に下がる訳ですが、今年はそれに輪をかけた
感じです。休みには朝から疲れた感じで全然朝早く起きられないのです。その
代わり、元々大好きだった紙モノ(古本とか紙で出来た何か)収集癖に少し火が
つきまして、休みの度起きれば神保町等の古書店巡り、古書市巡りを繰り返す
日々です。でも海にも行きたくて仕方なく、七月の最終辺りにどこかに行こう
と画策していますが・・・

先日、ちょっと期待していた古書市に行ったところ、想像と違って全然規模が
小さく、お目当てのモノは何一つなく猛暑の中ガックリ来たのですが、そこで
つい目に付いたマッチ箱に手を出してしまい、その結果が今回の写真です。
ちなみにマッチ箱を集める趣味はなく、これ以上は増えないとは思いますけど、
このラインナップを見ると私のセンスの方向が垣間見えてくるのではないのか。
この中で特にお気に入りは「丸八食料品店」と「ハンバーク」でしょうか。
背景は、或るお気に入りの本の表紙です。その名も「コンチュー 700シュ」。
昭和七年の大変素敵図鑑です。ページを開くといきなり「ユケ カナモジ!」
といきなり昆虫とは全く関係ないカナ文字大好きな文で始まり、その後も図鑑
中全てカタカナだけで終始するという素敵過ぎる展開。ただ結構イライラする
書き込みが多いので、もう少し美本を見つけたら買い替えてやる所存です。

そんな訳で、疲れてブログUP出来ない程弱ってますが、私は元気です。涼しく
なったらもう少し活動的になるといいですね。みなさまもお元気で!

                               貧乏美禄



2019/06/30//Sun * 23:23
●○朝顔 - 芽

朝顔02

6月28日。推定アメリカアサガオが発芽しました。
おお! まさにこれは朝顔の双葉っぽい感じです。当たり前ですが。
被写界深度が浅過ぎてピントの合っている範囲が狭いため、かなりシャープな
感じのしない写真になってしまったのが残念残念残念至極・・・ やはり気合
を入れて三脚に載せなかったのが敗因です。もう時は戻せないので、この世は
全てヴォケで出来ているようなヴォケ写真を眺めるといいさ(泣)

続き…


2019/06/25//Tue * 23:23
●○無銘 033

無銘 03301
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

更新が出来ずに随分時が経ってしまいました。
ちょっとしたことが色々重なり非常に忙しかったことに加え、集めモノに弱い
私がまた変な方向に揺れ動いたこともあり、このまま自然消滅かな・・という
心境まで陥ったためです。こういった時は、写真を撮る気力がなくなります。
このブログで一番気力がいるのが写真を撮ることなので、結構致命的なのです。
浜拾い自体も夏季に入ると極端に行かなくなるため、こういう時に別なことに
興味が行くと大変です。
・・・今の心境を少し書いてみましたが、せっかく拾ったモノたちがこのまま
埋もれてしまうのもちょっと哀しいものがあるので、もう少し気力っぽいこと
をしてみませう。

前回壜の時系列順にまた続けます。こんな調子でやっていて、2016年分なんか
一体いつ終るのだろうか・・・
上から見下しっぽく撮っているので、何か寸詰まりで小さく見えますが、多分
思ったより大き目かと思われる、何か判らない壜です。見た目化粧品系かな?
と思ったので、カテゴリは化粧品にしています。

続き…


2019/05/31//Fri * 22:01
●○ラナカ油

ラナカ油01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

久々に拾った壜のUPをします。前回から見てみたらなんと三ヶ月ぶり!
最近特に記事自体全然UP出来ていない上に、拾いもんじゃないもんばっかりを
UPしてたもんだから、この有様です。ホントはもう一つ拾いもんでもないもん
をUPしたかったんですが、自分内にいい加減にし給へよ的な声が聴こえて来て
しまったので辞めました。

そんな訳で久々の拾い壜です。一応時系列順に則り、2016年のまだ初めの方の
ヤツになります。スクリューの大き目の壜なのですが、この全体的なユラユラ
感と底の偏り感、大き目な気泡のポツポツ感が大変ツボに入ってしまったため、
連れ帰らざるを得ませんでした。

続き…


2019/05/25//Sat * 22:44
●○晩春南房シヨンボリ物語

晩春南房シヨンボリ物語01
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

この風景を見て「ああ、ここか~」とか思った貴兄。中々ディープでよろしい
んではないかと。そんな訳で令和に入ってからの初拾いなんかに行った話とか
します。5月7日、つまりGWが終わった次の日のこと。GWには普通に仕事してた
私はGWが終わった瞬間から連休取って、今年の初拾いと同じ轍を踏みました。
この時に泊まった保養所を予約して、また泊りがけで館山へ行ったのでした。
今年のお泊り初拾いの贅沢感に味を占め(成果?一体何のことですかな?(泣))、
令和の初拾いも同じ目に遭って(成果は別腹です)来たのです。

続き…


2019/05/17//Fri * 20:07
●○今ドキじゃない牛乳瓶

今ドキじゃない牛乳瓶01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

何となく平成が拾いモノでも何でもない牛乳瓶で終つたので、令和の最初でも
拾いモノでも何でもない牛乳瓶にしてやらうかと思ひました。

実は前回の牛乳瓶記事で、牛乳系を調べてネット上を徘徊していたら、何とも
懐かしいモノを発見。もうすぐ令和にもなろうとしているというのに、こんな
昭和な物質がまだ販売されているとは。もうそのお姿だけで旨いに決まっとる!
と確信し、令和元年初日に思わず通販ポチを実施。そうしてやって来たこちら。
どうですか。お美事に昭和的なフォルムだと思いませんか?

続き…


2019/04/30//Tue * 23:04
●○今ドキの牛乳瓶

今ドキの牛乳瓶01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

まさか平成最後の記事を平成最後の日に書こうとは。ホントはこの記事、先月
の終わり頃に投稿しようと思っていたのに、全然無理であり遅れに遅れて今に
至る。しかもこのブログのメインテーマである浜拾いでもアンティークっぽい
モノでもなく、まさかの只の現代の牛乳瓶とは。一体何だってんでしょうか。

続き…


2019/04/21//Sun * 08:57
●○interlude #06

interlude #0601
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

前回記事の桜を撮りに行った時に、久々に三脚からカメラを外しました。三脚
にカメラを装着している時は、レンズの手振れ補正をOFFにしているのですが、
これまた久々にONにした訳です。ONにしたからには、その威力を確かめない訳
には行きますまい。んで、たまたまPCデスクに置いてた雑多な拾いモノたちを
パシパシしてたら、なんだかカッコいい感じだったので載せてみました。
以上、色々と忙しく平成の内に拾いモノのUPが出来そうにないけど、このまま
ですと少々寂しい気もしないでもないので、お茶を濁し写真で一旦誤魔化して
しまえ!的なヤツ作戦を実施しました。四月中に旨く行けばもう一つだけ記事
をUP出来るかも知れませんが、それは拾いモノでは恐らくないのであった。


[TOP] next >>
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//